農学部について
文系・理系の枠組みを超えて、理論と
実践をつないだ学びが広がる。

人の「いのち」を育むために欠かすことのできない「食」とそれを支え、人びとの豊かな暮らしに貢献する「農」の二つの観点から、生命・資源・食料・経済に関わる諸問題に対してそれぞれの役割や意義を体系的に結びつけた教育をおこないます。

農作物を基盤とした「食」の「生産」から「栽培」「収穫」「加工」「流通」に至る一連の流れを「食の循環」として捉え、これらを人文・ 社会・自然科学から考察し、トータル・サイエンスとしての農学による持続可能な社会の実現をめざします。

学びの特徴

学生の声

このページのトップへ戻る