学部長メッセージ
農学部長 末原 達郎

命を支える食料とそれを生み出す農業とを、自然科学と社会科学から一体的に学べる農学部

現代文明社会では、食料問題が今後ますます重要な課題になってきます。本学部では、わたしたちが日々食べている食物から、それを生産する農業までの長い過程、生産・流通・加工・消費の過程を、自然科学と社会科学の両方から一体的に学ぶことができます。また、「食の循環実習」をはじめとする実習を充実させています。食の循環のプロセスを、身体を用いて農業実習し、加工・調理・販売実習してみることで、五感を使った、より身につく学習ができます。こうした実習を全学科の学生が共通に体験することで、講義で受ける以上に、現実の社会や農業と結びつけて実践的に考えることができます。このことによって、学科間を超えた友情関係を育むことも可能です。

また、インターンシップや海外農業体験に参加することで、日本だけではなく世界をフィールドに活躍できる食と農学の人材を育成する予定です。さらに、本学部では、自然科学の手法で農業を分析し、農業の科学を発展させ、農業技術を改良するとともに、それを社会科学的視点から分析して、より実践的な、現実の地域社会や農業が抱える様々な問題と向きあい、解決できる力を育みます。このことは、入試においても反映しており、社会科学(文系)と自然科学(理系)の学生が、可能な限り受験できる体制をつくっています。

農学部長 末原 達郎


このページのトップへ戻る