Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

施設・設備

9号館

最先端の設備を備えた、研究に打ち込める環境。

「食の循環」をテーマとする本学農学部は、植物生命科学科・資源生物科学科・食品栄養学科・食料農業システム学科の4つの学科で構成しています。
9号館は、各学科教員や学生たちが研究や実習を行うためのさまざまな研究設備を整えており、最新の実験機器で研究ができる環境を提供しています。農場と併せて、体験と実践を基本とする教育が展開されています。

最先端の設備を備えた、研究に打ち込める環境。

9号館 1F 給食経営管理実習室/オープンキッチン 臨床栄養学実習室 栄養教育実習室 調理学実習室/食品加工実習室 基礎実験室1 基礎実験室2 基礎実験室3 基礎実験室4 物飼育室/処置室 研究用ガラス温室 牧農場

9号館 2F・3F 機器分析室 低温室 植物培養室 ヒト代謝実験室 P2 実験室 顕微鏡室 クラスター実験室

給食経営管理実習室/オープンキッチン

食品栄養学科の管理栄養士国家試験受験資格取得に必要な科目、「給食経営管理実習」に使用する実習室で、給食施設における大量調理のシミュレーション実習が行える施設です。この実習室には最先端の厨房機器が導入されており、給食施設における最新の大量調理技術を身につけることができます。また併設されているオープンキッチンは、大量調理実習で作った食事を提供する食堂として活用されます。

給食経営管理実習室 オープンキッチン

最新設備のなかで大量調理現場を体験

食品栄養学科 朝見 祐也 講師

「給食経営管理実習I・II」では、学生たちが約100食分の大量調理を実際に行います。この実習では、献立作成やコスト計算、マーケティング、材料の選定・納入すべてを学生たち自身が手掛けます。実習室は、食材の搬入から洗浄、下ごしらえを行う2段階のエリア、最新式の調理設備が揃えられた主調理エリア、盛り付けを行ってオープンキッチンへ給食を提供するエリア、食器を洗浄するエリア、そして各エリアをモニター監視し、衛生管理を行う監視室で構成されています。タッチパネル操作で茹で・蒸し・煮物・揚げ物等あらゆる調理法に対応するスチームコンベクションオーブンやバリオクッキングセンター、食材の急速冷却が可能なブラストチラー、真空包装機等、今の給食調理現場で扱われている最新設備を配備。また、病院の入院病棟等で用いられている保温・保冷機能を持つ配膳カート、IHユニットを持つ再加熱配膳カートも導入。給食は隣接するオープンキッチンで学生や教職員へ提供する以外に、配膳カートを用いた各研究室への個別提供も行う予定です。事実、これらの調理業務に管理栄養士が直接かかわることは少ないですが、給食運営のマネジメントを担う管理栄養士は、調理現場の全工程に対して正確な認識を持つ必要があります。最新設備の実習室で、最新の給食運営の実習を行い、これからの未来の給食現場を担う管理栄養士を養成していきます。

臨床栄養学実習室

解剖学、生理学を中心に人間の身体と栄養のかかわりについて学ぶための実習室です。病院を想定したベッドや車椅子、内臓脂肪測定装置、脈波伝播測定装置等、実際に臨床現場で使用される設備を多数設置しています。

臨床栄養学実習室 臨床栄養学実習室

「エピソード」として記憶に残る体験型実習を

食品栄養学科 岩川 裕美 准教授

病院や高齢者施設等において、ベッドサイドでの栄養アセスメントの重要性がますます高まっています。医師・看護師・薬剤師らとともに病棟を巡回し、患者や高齢者に対して適切な栄養指導を行う管理栄養士の臨床的な役割を学ぶことを目的として、この実習室は設置されました。模擬病室や実習用車椅子を体験したり、学生たちが交互に栄養指導を行う管理栄養士と、栄養指導を受ける患者や高齢者の役割を演じ合うことで、臨床現場での管理栄養士の基本動作や立ち振舞いを身につけていきます。また、体脂肪率測定キットの扱いや、血糖値検査データの測定および、検査値の見方も学習。消費エネルギーを計測するためのエアロバイクや、脈波伝播測定器等、実際に臨床現場で使用されている各種機器の操作も学べます。こうした実習を繰り返し行うことで、3年生後期から4年生にかけて行われる病院や高齢者施設・保健所・小学校等での臨地実習に向けて必要な、学生たちの「自信」を育んでいきます。学生たちに「わかりやすく」、「自分たち自身で体験すること」で、「エピソードとして記憶に残る」指導を心掛けていきたいと考えています。赤ちゃんが口にする最初の一匙の食事から、高齢者のみなさんが亡くなる前に口にする最後の一匙までを、適切な栄養療法でつなげていくことがわたしたち管理栄養士の使命。そんな管理栄養士の仕事の尊さを、学生たちに伝えていきたいと思います。

栄養教育実習室

毎日の食生活の栄養管理を評価するために、コンピュータや食育SATシステム等の各種情報機器を用いて、栄養バランスを配慮した食事設計を行う実習を実施。また、子どもたちに向けた紙芝居や絵本等、食育の方法を学ぶための教材も揃えています。

栄養教育実習室 栄養教育実習室

食育の観点から栄養を支える視点を養う

食品栄養学科 宮崎 由子 教授

生活習慣病の予防や傷病者の栄養療法を効果的に行うためには、対象者に適切な栄養教育が不可欠です。栄養教育実習室では、「栄養バランスに配慮した食事をするにはどうすれば良いのか?」を学ぶための実習室です。バランスの良い食事内容を直感的に理解することができるツール「食育SATシステム」を導入して実習を実施しています。このシステムは、ICチップを内蔵した実物大の和食・洋食・中華のさまざまな食品サンプル(昨日食べた食事)をトレイに並べて計測器に載せるだけで、その献立のエネルギー・たんぱく質・脂肪・炭水化物等の各栄養素量がわかりやすいグラフで表示されるもので、栄養バランスの度合いがすぐわかります。この評価から対象者の方々の食習慣を知ることができますので、改善メニューを組み立てることができるうえ、検査結果も記憶に残りやすいビジュアルで認識できるため、高い教育効果をもたらすことができます。このようなシステムやPCを使って食育を推進する方法を習得して実践力を養うための実習を実施しています。核家族化が進む現代社会では、全世代的な食生活の偏りが問題になり、生活習慣病になるリスクが増大しますので、毎日の食習慣を改善することが重要です。子どもたちから高齢者まで、さまざまなライフステージに応じた栄養教育を幅広いレベルの視点から人々の「栄養」の問題に取り組んでいける管理栄養士の感性を培っていきます。

調理学実習室/食品加工実習室

食材を調理・加工して、健康的にすぐれ、美味しく、食べやすいメニューを組み立てるための知識や技術を習得する調理学実習、食品加工学実習を実施します。各種調理機器や調理器具、食品加工用機器を設置しており、実践に役立つ使い方を学んでいきます。

調理学実習室/食品加工実習室 調理学実習室/食品加工実習室

調理の科学的根拠を、体験から学び、
実践に活かす力をつける

食品栄養学科 山崎 英恵 准教授

この実習室では実際に調理を体験しながら、「卵が固まる温度は?」「食中毒を防ぐために適切な加熱温度は?」「まな板の殺菌方法は?」といった調理や衛生管理を行ううえで必要な知識を、科学的根拠に基づいて学修していきます。1年生後期の「調理学実習Ⅰ」では和食をメインに、かつお節・昆布等のさまざまな出汁の取り方、自らの目で確認しながら火加減を調節してお米を炊く手順、魚の筋肉繊維を意識してさばく方法等を学んでいきます。料理を作るうえで必要な基本的な調理法を論理的かつ構造的に理解することで、栄養的にすぐれ、おいしい料理を効率的に作る術を学びます。さらに西洋料理や中華料理といったさまざまなジャンルの料理についても、食文化への理解を深めながら、調理技法を修得していきます。2年生後期の「調理学実習Ⅱ」では食の嗜好性や地域性等の多角的な視点から食事をとらえ、地域独特の調理法や食材の扱い方を習得していきます。さらに、中国料理や西洋料理を通じて世界の食事文化や食事形式、それらの調理操作における日本料理との相違を学び、調理に対する文化的かつ科学的知識を習得、調理における総合的な応用力を養います。また、3年生前期の「食品加工学実習」では、味噌・醤油・豆腐といった和食に欠かせない加工品づくりやジャム、ソーセージやハム等の加工も手掛けます。一連の実習で学生に身につけてほしいのは、素材の特性を知って栄養学的に優れたメニューをつくり出す力はもちろん、常に「おいしさ」と「食べやすさ」を両立させるという姿勢。最終的には自分たちがつくり出したメニューを大量給食につなげるための食事設計に、学びを発展させていきたいと思います。

基礎実験室1・2

食品学実験、解剖生理学実験、基礎栄養学実習など、食品栄養学科の学生実験で使用される施設。顕微鏡や解剖器具などの実験機器に加え、最新の視聴覚機器も併せて用いながら、実験・実習を行います。

基礎実験室1・2 基礎実験室1・2

管理栄養士に必要な知識を実験・実習を通して身につける。

食品栄養学科 田邊 公一 准教授

食品栄養学科の学生実験・実習は、2年生を対象とした実験・実習で、3年生から履修する専門科目の基盤となる科目です。ビーカーやフラスコ、シャーレ等の基本的な実験器具を用い、学生たちが実験に慣れ親しみ、実験の原理を理解することを目的としています。「食品学実験Ⅰ・Ⅱ」では大豆や小豆を試料とし、水分、たんぱく質、脂質、糖質、灰分を定量します。これは食品成分表の成り立ちを理解するうえで欠かせない実験です。「微生物学実験」では、微生物が市販の野菜にどの程度付着しているのかを調べ、付着していた微生物の種類を遺伝子解析によって特定します。また「生化学実験」では、DNA、タンパク質、糖質、脂質の量や性質を精密に分析する方法を学びます。どれも我々の生命活動を実感しつ学修できる内容です。「解剖生理学実験」では、ラットの解剖実験の前に視聴覚教材を用いた授業を実施し、組織・臓器のはたらきを十分に理解したうえで実験操作に取り組みます。
これらの実験・実習は、対応する授業科目の内容を手を動かしながら実際に体験し、多面的に理解し習得するという意義があります。学生には、食品に含まれる栄養成分とそれらが人間の身体に及ぼす効果について総合的に理解し、3年生以降の専門科目の学びに役立ててほしいと思います。

基礎実験室3・4

植物等の個体レベルから、タンパク質やDNA等の分子レベルに至るまで、幅広い実験内容をカバーできる機器・器具が完備されています。大人数を対象に実験指導ができ、学生たちが基礎的な実験技術を学修するために用いられています。

基礎実験室3・4 基礎実験室3・4

あらゆる「実験」に臨むための技術と目を養う

植物生命科学科 浅水 恵理香 准教授

農学部には、多くの実験科目が用意されています。実験を安全かつ正確に行うには、基本的な技術の習得が必要です。たとえば植物組織を観察する授業では、顕微鏡の操作方法や切片の作成方法を学び、実践します。右の写真は、マメ科植物の「ミヤコグサ」と「ヘアリーベッチ」の根に形成された根粒の切片を作成し、顕微鏡観察している学生たちの様子です。バクテリア (根粒菌) と植物が共生する細胞を観察することで、普段意識することのない地面の下での生物間のやりとり (相互作用) を目にすることができます。
この実験室では、生物学実験のみならず、生化学や生物物理学分野にかかわる実験科目も行われます。DNAやタンパク質を扱う基本技術や、無菌操作も学びます。実際に研究現場で用いられている数々の機器や器具が整備されており、学生たちは正しい操作方法や原理を学びます。さらに、実験データの記載方法や解析方法、レポートの書き方等、将来卒業研究を行うにあたって重要なことも学んでいきます。授業は2つの実験室を使って行われますが、教員の声やスライドは両方の実験室に配信される仕組みになっており、学生たちは複数名の助手のサポートのもとで授業を受けています。

動物飼育室/処置室

小動物を用いた栄養実験・運動実験を行う施設です。運動時や安静時のエネルギー消費量、脂肪燃焼量を測定できる装置を用いて、食品成分の運動能力増強作用や抗肥満作用を評価できます。

動物飼育室/処置室 動物飼育室/処置室

実験用小動物を用いて、栄養素が代謝におよぼす作用を
明らかにする

食品栄養学科 石原 健吾 准教授

食品栄養学科2年生の「解剖生理学実験」では、ラットに異なるたんぱく質を含む飼料を与えて飼育する実験を行います。栄養価の高いたんぱく質飼料を与えたラットは良好な成長や組織の発育、血液成分値を示します。ところが、わずか1種類の栄養素が欠乏しているだけで、ラットの成長は著しく低下します。逆に、栄養価の高いたんぱく質飼料を必要量以上に食べ過ぎた場合にも、成長効率が低下します。こうした実験を再現性良く行うためには、恒温恒湿で衛生的環境の「動物飼育室/処置室」が不可欠です。卒業研究においては、さまざまな食品成分を与えて小動物を飼育し、食品成分の抗肥満作用や持久運動能力増強作用を評価します。特徴的な実験機器は、小動物用代謝測定装置と呼ばれ、マウスやラットの呼気を採取して分子レベルで分析する装置です。運動時、安静時にかかわらず、小動物の体内で消費される糖質、脂質、エネルギー量をリアルタイムに測定できます。たとえば、複数の動物を同時に走行させて呼気ガス分析を行うと、運動中の脂肪の燃焼を高めるためには、どのような食事が効果的なのか、比較することができます。現在、運動前に摂取したスポーツドリンク中の糖分が、摂取何分後から体内で利用され、何分後に消費されるのか測定し、新しい補給食についての研究を行っています。こうした研究、教育活動を通じてアスリート向けの食品開発や栄養素のはたらきを深く学んだ管理栄養士を育てたいと思っています。

機器分析室

液体クロマトグラフ質量分析装置、ガスクロマトグラフ質量分析装置、自動元素分析装置、ICP発光分析装置、フルオロイメージアナライザー等、農学分野の研究に欠かせない多種多様な高精度の分析機器を配備しています。教員の研究のほか、学生の卒業研究にも利用されます。

機器分析室 機器分析室

最新鋭の装置が並ぶ分析・測定作業の拠点

資源生物科学科 玉井 鉄宗 助教

この部屋には、分析・測定のための最新機器が揃えられています。たとえば、高精度な物質の分離や同定・定量が行える液体クロマトグラフ質量分析装置は、微量の植物ホルモンが植物の成長に与える影響を調査する研究に用いられています。また、気体成分を精密分析できるガスクロマトグラフ質量分析装置や、最新型の画像処理・画像解析装置等も完備されています。わたしは植物栄養学を専門としており、肥料等が植物の成長にどのような影響を与えるのかが研究対象です。その研究のため、植物体中のカリウムイオンの検出・定量に、ICP発光分析装置を活用しています。これは高周波を用いて発生させたプラズマに、霧状にした試薬液を導入することで原子を励起させ、そこから発生する元素の光を分光測定するもの。植物体の分析はもちろん、水や土壌、食品中の多種類の金属元素を同時に測定できるため、わたしたち資源生物科学科の研究はもちろん、植物生命科学科、食品栄養学科の研究にも活用されています。 現在は大麦をサンプルとして基礎研究をすすめていますが、将来的には肥料の成分と植物の成長の関連性を解き明かすことで、それぞれの植物の成長に効果的な肥料の開発や、その効果的な使い方を提案することを目指しています。こうした最新機器の発達により、研究・分析作業は以前よりも確実に効率化しました。今後、学生たちがこれらの機器を使いこなして、良いデータを収集してくれることを期待しています。

低温室

生命科学の深い理解を目的とし、衛生管理やサンプルの保存・維持等を考慮した低温室を設置しています。植物生命学科の研究や実習で使用される種子の保存、また室温では不可能なサンプルの調整・保存、低温下での実験に利用されています。

低温室 低温室

冷蔵庫の温度でタンパク質の精製を行う点

食品栄養学科 山﨑 正幸 准教授

いわゆる「低温室」は、その温度が基本4℃に保たれた大きな部屋です(8畳程度)。わたしはその部屋でしばしば凍えながらタンパク質の精製を行っています。何故でしょうか。4℃という冷蔵庫の温度は、タンパク質の精製や保存、さらにそれに関する実験を行うのに理想的な温度だからです。日々、みなさんが食品を購入され冷蔵庫で保存する習慣を思い起こしてくだされば、その重要性はわかっていただけるのではないでしょうか。さらにいえばその温度は、タンパク質の精製を行うために使うクロマトグラム(タンパク質精製システム)が、サンプルの状態を安定に保ちつつ、一番の性能を発揮できる温度なのです。ちなみに、あまり低温室の中にいては体調を悪くしかねないので、一歩出た外側の部屋から遠隔でクロマトグラムをコントロールできる設備を備えています。農学部では3つの低温室を備えており、残りのうち1つは今後絶対に増加する農学部の活動のために現在休止状態にし(節電)、残りの1つは温度を8℃に設定して、主に植物の種子を保存するために利用しています。わたしの研究においては、低温室を用いて高品質で得たタンパク質はどのような研究に用いているでしょうか。まずはタンパク質のX線結晶構造解析です。その解析が、さまざまな現代疾患を解決できる薬を生み出す可能性を秘めています。次に、食物アレルギー問題の解決です。アレルギー性を持つ食材やそのタンパク質に電磁波を当てる、特別な状態の水で処理するといった方策が、その革新的な解決法の提出にならないかと思っています。一方で、栄養学を一度志した研究者としては、「おいしさ」を損なわないアレルギー食物対策を見つけていきたいと常に思っています。だって、大事ですよ、美味しいって。

植物培養室

温度、湿度、光照射時間等のコントロールが可能な植物培養ユニット28基を設置した、全国の大学でも有数の規模を誇る実験・研究施設。さまざまな植物の育成環境のシミュレーションが可能です。人工栽培が難しいとされている植物の育成条件の解明等、実際に成果を上げている研究も多く、期待が集まっています。

植物培養室 植物培養室

最新技術で絶滅危惧種のササユリを咲かせる

資源生物科学科 佐藤 茂 教授

ササユリは、本州中部以西から四国・九州に分布する日本の代表的なユリのひとつですが、近年は減少傾向にあり、日本の各地で絶滅危惧種に指定されています。滋賀県の甲賀市はこれを市の花として、また犬上郡の多賀町は町の花として定めていましたが、発芽から開花まで7年の年月を要するこの花の栽培が思うようにすすまず、両自治体は頭を悩ませていました。これらの自治体との協力関係のもと、わたしは植物培養室の人工気象ユニットを利用し、ササユリの室内栽培を行っています。室内灯のLEDには赤色のセロファンを巻き、室内の温度は20~25度に設定。さらに湿度を70%に保つことで、地上では種が芽を出すのに1年半掛かるところを、3カ月間で1センチほどの芽を出させることに成功しました。細胞からの培養ではなく、種からの育成でここまでの成果が出せたことは大きな喜びです。その後、芽を鉢の土に移し、温度・湿度はもちろん昼夜の明暗も設定できる培養機器(インキュベーター)のなかで、自然栽培に耐えられる大きさに育てていきます。こうして自治体から種を預かり、施設内の設備で栽培してから、改めて地元の土にかえすという社会連携事業を「入門ゼミ」に取り入れています。現在、学生たちは甲賀市の「ササユリの里」づくりに参加し、地元の小学生たちや生物・バイオ系の学科を持つ職業高校の生徒たち、老人クラブの皆さんと積極的に交流しながらササユリの栽培に励んでいます。

ヒト代謝実験室

ヒトの生活環境をそのままに再現したエリアと、各種測定機器を備えたエリアに分かれています。恒温恒湿の室内にキッチン、運動装置、シャワー、ベッド が配置され、代謝活動によるエネルギー消費を実際の生活に限りなく近い形で計測可能です。農場で摂れた食材をはじめとするさまざまな献立を調理・提供して代謝活動の変化を調べることや、アスリートのパフォーマンス測定を行うことができます。

ヒト代謝実験室 ヒト代謝実験室

肥満ややせの問題を解決し、運動能力向上をサポートできる
実験室

食品栄養学科 石原 健吾 准教授

ヒト代謝実験室には、ヒトの肥満・やせの問題を栄養学的に解決するための様々な研究機器が整備されています。また、キッチン、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、シャワーといった生活環境を再現した機器一式が完備されています。食品栄養学科2年生後期からの「基礎栄養学実習」は、この実験室で行います。現在、自転車競技、陸上、クロスカントリースキー選手の筋肉量・体脂肪量や、パフォーマンス測定も行なっています。選手でなくても気になる体脂肪率は、体脂肪率測定のゴールドスタンダードと呼ばれる高精度体脂肪測定装置(BOD POD)で測定できます。カプセルを用いた空気置換法によって全身の体密度を直接測定します。体幹や四肢の筋肉量も、体成分分析装置(InBody)で測定できます。日頃の食事やトレーニングの成果が、筋肉量や体脂肪量に反映されているか、科学的な測定を通じてサポートしています。呼気ガス分析装置は、マスクを介して呼気を採取し、全身のエネルギー消費量や体脂肪の燃焼量を測定する装置です。特にエンデュランス系種目にとって重要な有酸素運動パフォーマンスを測定することができます。この他、無酸素パワー測定装置や、血液を採取しなくても貧血をチェックできるヘモグロビン測定装置などがあります。ヒト代謝実験室では、選手のサポートだけでなく、一般の方が健康で活力にあふれた生活をおくるための栄養摂取、身体活動について、先進的な研究や充実した教育活動を行うことができます。

P2 実験室

植物や微生物を対象とし、遺伝子組み換えや分子・細胞生物学にかかわる研究を行うための機材が揃えられています。生命分子や細胞機能に関する研究手法の習得や、環境問題や食料問題、エネルギー問題に貢献する応用生物学研究の場として活用されます。

P2 実験室 P2 実験室

自然に学び、自然にあるものを活かす研究を

植物生命科学科 島 純 教授

遺伝子組み換えの実験を行うためには、実験生物が研究室から漏出しないよう、厳密に管理する必要があります。この実験室は国際基準P2レベルの物理的封じ込めが可能で、実験者にとっても環境にとっても安全に実験ができる環境が整えられています。将来的には植物を分子・細胞レベルで理解するための実習や研究に使用される予定です。わたしも以前は遺伝子組み換えの研究を手がけていましたが、現在はこの実験室を用いて、自然界に存在する微生物を利用した「応用微生物学」の研究に取り組んでいます。具体的には新たな酵母を発見することで、稲の穂以外の部分やトウモロコシの芯等、廃棄物となるものに含まれているでんぷんを多糖分解酵素に頼らずブドウ糖にしながら、同時に発酵を行うプロセスを開発しました。これまでの発酵にはコストを伴う酵素が必要でしたが、それを使用することなく天然由来の材料だけで発酵を行うシステムが実現しています。現在、京都のパン販売店との協同で、自然酵母で作るパンの商品化プロジェクトも進行中。また、この方法による天然由来燃料(バイオエタノール)製造の可能性も明らかになり、さらなる研究がすすめられています。遺伝子組み換え等のアプローチがある一方、できる限り自然への畏敬を持ち、自然界にあるものを用いて農業や食に貢献していく方向性も重要です。学生たちにはそんな「自然を活かす」植物研究の姿勢を身につけてほしいと思います。

顕微鏡室

倒立顕微鏡、蛍光顕微鏡、高解像ズーム顕微鏡、共焦点レーザー顕微鏡等の各種顕微鏡や、生体組織を薄く切るマイクロスライサー等を配備。植物組織や微生物はもちろん、細胞内の小器官や染色体等までを直接観察することができます。タンパク質の構造を解析するX線結晶構造解析装置も、この部屋に設置されています。

顕微鏡室 顕微鏡室

共焦点レーザー顕微鏡~微細な世界で活動するものの観察を

植物生命科学科 古本 強 教授

葉緑体は生物が光合成を行うための細胞小器官です。この中にはクロロフィルと呼ばれる葉緑素があり、これが植物の葉や茎の緑色のもとになっています。こうした微細なもの活動を観測するには、対象を400倍~1000倍に拡大できる高精度な機材が必要。共焦点レーザー顕微鏡は、光源の開口部から発するレーザービームの共焦点を観察対象に定め、コンピュータで画像処理することで、立体物の像を高画像で観測できるというもの。前述の葉緑体の観測なら、従来は観測のために組織を薄くスライスする必要がありました。しかしこれでは細胞を殺してしまうため、細胞内の微細な活動が観測できません。共焦点レーザー顕微鏡は細胞を殺さず、高精度な画像で、細胞のなかの微細な活動を観測し、その動きを研究することを可能にしました。植物の細胞のなかで何が行われているのか?…こうした機器を活用することで、より深く生命の謎に迫ることができます。

X 線結晶構造解析装置
~タンパク質の構造解析から医療へ向けて~

食品栄養学科 山﨑 正幸 准教授

タンパク質がどのようにはたらくことができるかを調べるために、タンパク質の立体構造を原子レベルで決定できるX線結晶構造解析は、実に有用な手法です。たとえば、みなさんもご存知でしょう、タミフルやリレンザというインフルエンザ感染に対する薬剤もこの手法により開発されています。生命現象をコントロールするには原子レベル(約1メートルの1億分の1)での情報が必要です。純度の高いタンパク質を調製し、それを水に溶けにくい条件に置くと、タンパク質が規則正しい状態で並び美しい結晶を生じます。難しい話ではありません。みなさんも学校で実験をしたのでは?塩やミョウバンの結晶ができるのと同じ現象です。しかしながらすべてのタンパク質が結晶化するとは限りません。X線結晶構造解析は、偶然にできた美しい結晶からデータを収集し解析して構造を決定するわけです。その道のりは容易ではありません。その意味でタンパク質の構造が決定できることは、価値があるのです。将来的に革新的な医薬貢献へつながる構造解析をする野望を我々は抱いています。その施設が龍谷大学にあることは誠にありがたいことであり、生物物理学実習の授業で、学生さんたちは実際にタンパク質の結晶化から構造解析までを体験できるのです。

クラスター実験室

教員や学生たちが自らの専門分野の研究を行うために設けられています。それぞれの研究を行うためのさまざまな装置・設備が配備されており、学生たちは専門的な実験方法の基礎練習から卒業研究までを各実験室で行います。
※ クラスター実験室は全部で18室あります。

クラスター実験室 クラスター実験室

作物を育む「土壌」から考える農業

資源生物科学科 森泉 美穂子 准教授

わたしは土壌に含まれる窒素の研究を専門分野としており、実験室には土壌の分析・測定を行う設備が整えられています。有機態炭素測定装置は農業用水や土壌中の水溶性有機物の測定に用います。また、土壌の有機態窒素の分子量分布を計測できる窒素分析装置も配備されています。こうした機器を用いる本格的な土壌研究への入り口として、小型の土壌検査装置を携えてのフィールドワークや、分光測色計を用いた土壌の鉄分・有機物量の測定等、親しみやすく、農業現場ですぐに役立つ実習を用意しています。農業において、土は種子や水、肥料と同じように欠かせない要素です。また農業自体が、肥料等を使用することで土壌を含めた環境を汚染することもある、という意識を持つことも大切です。安心・安全な作物を育てるためには、土壌の状態を健全に保つ必要があります。環境に配慮しながら持続的に農業を発展させていくためには、土壌への正しい知識と理解が不可欠なのです。

管理栄養士の立場から、食物アレルギーを攻略する

食品栄養学科 岡﨑 史子 講師

食物アレルギーは誰もが知っている病気ですが、実は原因や発症機序はよくわかっていません。わたしは、果物や野菜のアレルギーに注目して研究をすすめています。これらは、子どもに多い卵・乳・小麦のアレルギーに比べると患者数は少ないのですが、成長してから発症する、食べられない野菜・果物が複数ある、花粉症を合併する等の特徴を持ちます。また、同じ食品が原因のアレルギーでも、人によって原因となっているタンパク質が異なり、誘発される症状も異なります。したがって、アレルゲンを食品中のタンパク質レベルで解析していくことが重要視されるようになってきました。この実験室では、充実した機器類を活用して、新しいアレルゲンを探索したり、測定系を構築したり、食物アレルギー患者さんの血液サンプルを解析したりしています。このような基礎的な研究を、科学的根拠に基づいた、安全・安心な食卓へつなげていくことも、管理栄養士の使命のひとつです。

研究用ガラス温室

9号館のそばに整備されている5棟の温室は、温度設定や天候によって自動で天窓や壁が開閉するようになっており、熱帯性の植物等も栽培することができます。1年を通じて安定的に大量の研究材料を得ることができるため、研究を円滑にすすめることに貢献しています。

研究用ガラス温室 研究用ガラス温室

土に潜む「線虫」抵抗性品種の開発を目指して

資源生物科学科 岩堀 英晶 教授

線虫は土壌に生息する体長約0.4mmの目に見えない生き物。地中の根から植物のなかに侵入し、養分や水分を吸い取ることで本体を枯らします。線虫は世界の農作物の収穫量を10~20%減らしているといわれています。土のなかを動きまわるため農薬による駆除が難しい害虫です。太陽熱処理や土壌還元消毒等、農薬に頼らない防除方法もありますが、被害を完全におさえることは困難です。わたしは植物寄生性線虫学の研究のため、鉢植えのトマトなど約100鉢を研究用ガラス温室で育成し、それぞれの土のなかで研究対象となる線虫を培養しています。目指すのは、線虫被害に強い抵抗性品種の開発です。「線虫学」を科目として設定している大学は日本でもごくわずか。わたしはこれまでに培ってきた農業現場の目線を活かすことで、学生たちの多様な関心を引き出していきたいと考えています。ガラス温室では研究材料となるさまざまな植物や野菜、果実等が育成されていますが、わたしは現在東南アジア産のナス、トウガラシ等を温室で育成し、数多くのサンプルを用いて線虫の接種試験を行っています。こうした原種に近い作物に線虫への抵抗性が見つかれば品種改良に用いることができ、将来的にはスーパーの野菜売り場等にこれらの種類が並ぶことになるかもしれません。農業を学ぶのに必要なのは、生き物に触れ、生き物から多くのことを学ぶ姿勢です。今後は学生たちの実習の場として、温室を活用していきたいと思います。

牧農場

瀬田キャンパスの近くに約2.7haの実習用農場を有しています。米・麦・大豆や、季節ごとの野菜等を栽培中。実際の農地での学びに触れることで、「食」と「農」への理解を深めます。なお、現在牧農場には果樹はありませんが、9号館の南側には果樹の見本園を保有しています。

牧農場 牧農場

農作業から「循環の概念」を学ぶ実習の場として

植資源生物科学科 米森 敬三 教授

牧農場では農学部4学科の学生全員が農作業を体験します。この「食の循環実習」は200人単位で行う大規模な授業で、初年度は稲刈りや大豆の栽培等を行いましたが、本年度からは田植えからの本格的な稲の栽培が始まりました。また、小麦を栽培してうどんに加工する実習や、ラッカセイ・ナス・ソラマメの栽培等にも取り組みます。農作業を昔ながらの手作業で行うことが大きな特徴。実際に自分の手で土や農作物に触れて学ぶことは、農学の学びの基礎体験となります。並行して、現代の農業を支える農業機械の操作を学ぶ実習も実施。さらに、本年度はビニールハウスも4棟建設され、将来的にはトマト等の栽培を実習に取り入れていく予定です。なお、現在牧農場には果樹はありませんが、9号館の南側には果樹の見本園があります。ここではブドウ・カキ・ウメ・スモモ等が試験的に栽培されています。いずれは果樹についても、牧農場のビニールハウスでの実習に活かしていきたいと考えています。農学部すべての学生が農場で学ぶことの意義は、「技術を習得すること」よりむしろ、種をまき、育て、収穫し、流通させ、食するという「循環の概念」を体験から理解できるということ。そして自分たちが耕した農地を次の学年へ引き継いでいくという継承を行うことで、農業の持続性の大切さを認識できます。今後も農場での実習を、さらに充実させていきたいと考えています。

4号館

文系と理系、両方あっておもしろい

食べものや農業に関する課題は、自然科学分野の研究だけでは解決できません。それは、社会の仕組みや経済の動きと、深く関係しているからです。食料農業システム学科では、食べものや農業に関する課題について、社会や経済、地域や環境等、社会科学分野の視点から考え、取り組むための学びを展開しています。

文系と理系、両方あっておもしろい

4号館 3F

4号館での教育研究活動

次代の農業を考えるために、理論を学び、資料を調べ、現場を訪ねる。

食料農業システム学科 香川 文庸 教授

食料農業システム学科の教育研究内容は大きく次の3つに分けることができます。

  • ① 世の中の出来事を理解し、分析するための基礎理論(経済学、経営学、社会学等)を学ぶ。
  • ② 統計等の資料を調べることによって問題の全体像をとらえる。
  • ③ 現地実態調査によって問題の詳細をとらえるとともに、ある地域、事例に固有の現象を学ぶ。

これらを組み合わせることではじめて正しい検討・考察を行うことができます。どれかひとつでも欠けるとうまくいきません。
統計資料を調べる際には過去からの経年変化を見る必要がありますが、古い時代の統計資料は最近では入手しづらくなっています。そこで当学科では、大学の責務である「情報アーカイブ」の一環として、全国各地からさまざまな統計資料を収集し、保管しています。中には戦後間もない時期の貴重なものも含まれており、それらは他所では入手困難です。
なお、統計資料は「数字」で記されているので、それを利用するためには、パソコンによる情報処理技法を修得する必要があります。また、現地実態調査は対人のヒアリングが基本なので、高いコミュニケーション能力が求められます。さらに、①②③を組み合わせて自分が考えたことが「独りよがり」でないかどうか確かめるためには、それをプレゼンテーションによって他者に伝え、討論しなければなりません。
当学科では、教室で学問を学ぶだけでなく、さまざまなスキルを修得します。それにより学生の社会人基礎力も高まります。もちろん、他の産業とは異なる農業の技術的な特質についても農場実習等を通して学びます。
この国の農業の未来を考えることは、持続可能社会の実現につながります。そのためには、農業を社会科学の観点から考えることが大切です。当学科では、食べ物や農業にかかわる問題に、社会科学的な観点から倫理観を持って取り組むことのできる人材を育てます。

滋賀県をフィールドに
地域における食料農業システム学科の学び1

農業の現場で「ひと」の思いに触れ
その行動原理を探究する

食料農業システム学科 淡路 和則 教授

農も食も「ひと」の営みです。その「ひと」の意識や行動原理を探ることが、わたしの研究テーマです。そのために、現場へ足を運び、自分の目で見て自分の耳で聞く、という調査を数多く積み重ねてきました。
農業・農村を知るための教育・研究は、大学のなかで完結するものではありません。現場でしか学べないことがたくさんあります。統計や文献では把握できないことを現場で知る。逆に、統計や文献から得られた情報を現場で実感をもって納得する。そういった大学と現場との行き来が農業・農村を理解するうえでとても大切になります。
こうした考えに基づいて、当学科では農業の現場へ出かける機会を積極的につくり出しています。たとえば地元滋賀県においては、大学近隣の農家の方々と干し柿をつくる取り組みを行っています。これは地元の農業について学ぶ講義がきっかけでした。継承が困難になった干し柿の話を聞いて、伝統を受け継ぐお手伝いをしようと始めました。また、県内の複数の地域において農業体験をしながら地域振興を考えるプロジェクトを行っています。栽培から収穫、選別、加工、出荷、販売といった一連の過程を経験することによって、農業の実態を知り、どこにどんな問題があるのか、そしてどのような発展の可能性があるのか、現場の人たちと考えることを目的としています。学生たちは、農業のリアリティに触れながら、自分の研究テーマを見つけていきます。現場で得た知見や情報を大学に持ち帰り、文献や統計を利用しながら分析し、仲間とディスカッションして自分独自の論を組み立てていく。そして、その成果を現場の人達に伝えて将来構想について意見を交わすのです。
そんな現場での「ひと」との交流は、学生にとって成長の糧となります。わたしたちの学びは、地域の人たちに支えられて成り立っているといえます。学生が「地域のなかで育つ」という恵まれた環境がここにあります。

東南アジアをフィールドに
地域における食料農業システム学科の学び2

人と植物のかかわりを手がかりに
食と農の多様性を探る

食料農業システム学科 落合 雪野 教授

わたしが研究の対象としている、タイやラオス、ミャンマー等の東南アジアの国々では、地域の自然環境を背景に、驚くほど多様な農業の形態がみられます。そこではさまざまな作物が栽培され、日々の食事やおやつに、また儀礼や行事のために利用されています。その現場に出かけて行って、田んぼや畑の様子を観察したり、栽培や加工の仕方について聞き取りをしたり、ときには台所で料理をつくって実際に食べてみたり。このようなフィールドワークによって、食や農の地域性、またその変化について理解することができるのです。
さらに東南アジアの人々は、野生植物を活用して、布や道具等、生活に必要なモノをつくることもあります。たとえば、ジュズダマのなかまの植物の種子をビーズのように使って、衣服やバッグを飾る人たちがいます。その当事者を対象にしたフールドワークでは、植物や種子の標本、できあがったモノ等をコレクションすることができました。
学生たちには、こうした実物資料を示しながら、植物多様性や文化多様性について紹介しています。また、実物資料を展示の形で公開し、研究成果を社会と共有するアウトリーチの活動を行っています。これまでに、日本国内だけでなく、調査地である台湾やインドネシアでも展覧会を開催してきました。
もうひとつ、わたしが研究してきた有用植物に、江戸時代から滋賀県草津市周辺で栽培されてきたアオバナがあります。その花弁の青色色素は染料として「青花紙」に加工され、友禅染や絞染の下絵描き絵具として、現在も利用されています。このように農業には、伝統工芸を支えるという役割もあるのです。
人と植物とのかかわりをテーマにした東南アジアや日本でフィールドワーク。その経験を活かしながら、多角的な視点から地域の事情を把握できる、食と農の文化的価値にアプローチできる、そのような学生を育てていきたいと考えています。

農学部パンフレット 施設紹介 学びの環境
デジタルライブラリー

デジタルパンフレットも併せてご参照ください。

Request Information

資料請求