Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

山口 道利

山口 道利
教員氏名
山口 道利(やまぐち みちとし) 講師
学位
博士(農学)
学歴
京都大・院・農学
専門分野
京都大・院・農学
その他
地域農林経済学会個別報告優秀賞(2010年)、同学会誌賞(2012年)、同学会賞(2015年)、日本農業経済学会ポスター賞(2013年)

食品事故にどう対応すればよいのか?

おいしくてバラエティに富む食品を、できるだけ安く提供するという点で、日本の食品流通システムがとてもすぐれたものであることは、みなさん日々の生活のなかで実感しているものと思います。その一方で、食品事故・スキャンダルは毎年のように発生していて、パニックが生じることも珍しくありません。私が食品事故の研究に本格的に携わるようになったきっかけは、2004年に国内の養鶏場で発生した鳥インフルエンザでした。そのうちの一件は、発生を隠そうとしたり、結果として感染が広がってしまったりして、大きな社会問題になりました。家畜疾病が広がる要因には、ウイルスや宿主、自然環境だけでなく、人の行動や、それをとりまく経済的環境も含まれます。私は、鮮度や経済性を追求してきた鶏卵流通のあり方が、一方で疾病拡大にも大きな影響を与えていたのではないかと考え、スムーズな事故処理と付加価値の高い流通とを両立させるような取り組みの調査を続けてきました。龍谷大学農学部には畜産系の学科はありませんが、食品事故・スキャンダルは青果物などその他の食品流通でも大きな問題です。食品ビジネスを発展させるために、そうしたリスクとどう向き合うべきなのでしょうか。私の研究が発展すれば、食品事故への対応として何が社会的に取り組むべき部分で、何が企業みずから差別化の手段として取り組むべき部分であるかが明らかになると考えています。そしてそれらがうまく補完しあって、信頼されるフードシステムが形成されることが望ましいと私は考えています。

【可能な共同研究分野】
食品リスクの経済評価とそのマネジメント

Request Information

資料請求