Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

落合 雪野

落合 雪野
教員氏名
落合 雪野(おちあい ゆきの) 教授
学位
博士(農学)
学歴
京都大・院・農学
専門分野
民族植物学、東南アジア研究
その他
編著書『ものとくらしの植物誌』『ラオス農山村地域研究』などを出版。平成25年度 松下幸之助花と万博記念奨励賞 受賞

「食べもの」と「着るもの」をめぐる人と植物のかかわり

食べものと食べ方の多様性をさぐる

東南アジアのタイ、ラオス、ミャンマーなどの人びとは、水田、焼畑、庭畑などで、穀類やイモ類、野菜などを栽培したり、森林や道端に生える野生植物を採ってきたりして、多種多様な食べものを手に入れ、毎日の食事に活かしてきました。それぞれの食の現場でフィールドワークをおこない、食べものとなる植物の種類、それを生み出す生態環境、加工や調理のあり方、食べ方などについて、情報や資料を集めます。それをもとに、地域の食文化について考察します。

染織文化と植物素材

農業によって生産されるのは、食べものだけではありません。着るものを構成する糸や布、染料も農産物のひとつです。例えば、滋賀県では、愛荘町や野洲市を含む湖東一帯で、室町時代からチョマやタイマを用いた麻布が織られてきました。また、草津市や栗東市などでは、江戸時代から染料植物のアオバナが栽培され、青花紙という特産物に加工されてきました。青花紙は、友禅染や絞染の下絵描きに現在でも利用されています。自然素材や手仕事への評価が高まる中、農業が支える染織文化や、農業の文化的価値について、あらためて検討しています。

Request Information

資料請求