Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

浅水 恵理香

浅水 恵理香
教員氏名
浅水 恵理香(あさみず えりか) 准教授
学位
博士(生命科学)(東北大学)
学歴
筑波大・院・生物科学
専門分野
遺伝育種科学

寄生性線虫が植物をだますメカニズム

ネコブセンチュウは宿主となる植物の根に寄生し、コブを形成して定着し、そこで産卵して一生を終えます。草木を問わずあらゆる植物に感染でき、熱帯から寒帯まで広く分布することから、世界的に農作物に甚大な被害を与えています。農業の現場でネコブセンチュウを安全に制御する方法の確立が重要ですが、そのためにはネコブセンチュウがどのように宿主植物への感染に成功しているのか、そのメカニズムを知ることが重要です。
植物は、根において土壌中の微生物と共生するシステムをもっています。例えば糸状菌であるアーバスキュラー菌根菌は、陸上植物の多くに共生することができます。また、土壌細菌である根粒菌は、マメ科植物に共生します。このような共生関係は、植物の成長に必要な窒素やリンを供給するかわりに、宿主植物から光合成産物などの炭素源を得る相利的関係です。一方でネコブセンチュウは、宿主植物から養分を搾取するだけの片利的関係を築きます。植物は、病原微生物から身を守るシステムを持っています。ネコブセンチュウが感染を成功させるためには、この防御応答システムを抑えるメカニズムを持っていると推測できます。
私は、ネコブセンチュウが持っている「植物をだまして侵入するメカニズム」の解析を進めています。将来的にはそれを応用して、農業の現場で線虫被害を安全に制御する方法を開発できると考えています。

  • トマトとトマトの根に寄生したネコブセンチュウ(赤い色素で染色した)トマトとトマトの根に寄生したネコブセンチュウ(赤い色素で染色した)

Request Information

資料請求