Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

淡路 和則

淡路 和則
教員氏名
淡路 和則(あわじ かずのり) 教授
学位
博士(農学)
学歴
北海道大・院・農学
専門分野
経営・社会農学

食品残さの飼料化と畜産物のマーケティング

我が国は、食料の多くを海外に依存する一方で大量の食料を廃棄しています。こうした食品のロスは、飢餓と飽食、環境、資源、エネルギーなどの多方面にわたる深刻な問題となっています。食品ロスは発生を抑制することが第一に求められます。そこで食品ロスが発生する実態を把握し、なぜロスが発生するのかを解明する研究を行っています。そこには、技術的な問題だけではなく、市場流通の仕組みや商慣習、消費行動などが関係していますので、社会的経済的分析、心理的分析が必要となります。次に、食品ロスのなかでも発生が避け難いものは資源として有効利用することが求められます。資源化のなかでも、畜産物の需要が伸びる一方で飼料自給率が低い我が国においては、飼料化が優先的に進められるべきものとしてあげられます。ごく簡単にいえば、ひとが食べなかった部分(食品残さ)を家畜が食べるといことになります。

食品残さの飼料利用を進展させるためには、昔の残飯利用の負のイメージを払拭し、消費者から評価されることが必要となります。どのような食品残さをどのように飼料化して利用したら食味の良い畜産物ができるかが次第に分かってきました。こうした研究成果を踏まえながら、食品残さの利用による畜産物の高付加価値化とマーケティングの研究に取り組んでいます。

  • 廃棄された食品
  • 食品残さを飼料化する装置
【可能な共同研究分野】
農作業受委託のシステム化、食品リサイクル、バイオマス利用など

Request Information

資料請求