Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

研究業績

植物生命科学科

著者 論文名 雑誌名 巻・号 ページ 発行年月
2020 別役 重之(他4名) CLE2 regulates light-dependent carbohydrate metabolism in Arabidopsis shoots.
CLE2は、シロイヌナズナズナの芽における光依存性炭水化物代謝を調節する。
Plant molecular biology 2020年
9月27日
2020 別役 重之(他16名) An Artificial Conversion of Roots into Organs with Shoot Stem Characteristics by Inducing Two Transcription Factors.
2つの転写因子を誘導することによる、根から地上部茎の特性を有する器官への人工的な転換。
iScience 23巻7号 101332 2020年
7月24日
2020 別役 重之(他1名) 微生物・植物相互作用【特集 ERATO野村集団微生物制御プロジェクトについて~細菌の集団形成と社会性の創発~(前編)】 生物工学会誌 98巻6号 309-313 2020年
6月
2020 別役 重之 The Rise of Evolutionary Molecular Plant-Microbe Interactions (EvoMPMI)
進化的分子植物-微生物相互作用(EvoMPMI)の台頭
Plant & cell physiology 61巻2号 223-224 2020年
2月
2020 塩尻 かおり
(他1名)
Within-plant signaling via volatiles in beech (Fagus crenata Blume)
ブナの揮発性物質を介した植物内シグナリング(ファガスクレナタブルーム)
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS 15巻1号 50-53 2020年
1月1日
2020 永野 惇
(他7名)
Endoplasmic reticulum-derived bodies enable a single-cell chemical defense in Brassicaceae plants.
アブラナ科植物ではER bodyが単細胞化学防御を可能にしている
Communications biology 3巻1号 21 - 21 2020年
1月14日
2020 打本 弘祐 アメリカにおける臨床牧会教育と真宗僧侶 眞宗研究= The Shinshu kenkyu : Journal of Shinshu studies 64巻 103-124 2020年
1月
2020 小野木 章雄 (他6名) Changes of sires in a breeding farm enables maintenance of DNA-level genetic variation in a produced herd of Hokkaido Native Horses.
北海道和種馬において繁殖牧場間での種牡馬の交換は生産牧場におけるDNAレベルでの遺伝的多様性の維持を可能にする
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho 91巻1号 e13318 2020年
1月
2020 塩尻 かおり
(他4名)
Synchronous Occurrences of the Diamondback Moth (Lepidoptera: Plutellidae) and its Parasitoid Wasp Cotesia vestalis (Hymenoptera: Braconidae) in Greenhouses in a Satoyama Area
ダイヤモンドバックモス(レピドプテラ:プルテリダエ)とその寄生虫ワスプコテシア・ヴェスタリス(ハイメノプテラ:ブラコニダ)の同期発生
ENVIRONMENTAL ENTOMOLOGY 49巻1号 10-14 2020年
2月1日
2020 小野木 章雄 Connecting mathematical models to genomes: Joint estimation of model parameters and genome-wide marker effects on these parameters.
数理モデルをゲノムと結びつける:モデルパラメータとこれらパラメータに対するゲノムワイドマーカー効果の同時推定
Bioinformatics (Oxford, England) 36巻10号 3169-3176 2020年
2月26日
2020 竹中 祥太朗 (他2名) Variations in radioactive cesium accumulation in wheat germplasm from fields affected by the 2011 Fukushima nuclear power plant accident.
2011年福島原発事故の影響を受けた畑のコムギ種子における放射性セシウム蓄積のばらつき
Scientific reports 10巻1号 3744 2020年
2月28日
2020 永野 惇
(他10名)
Genet assignment and population structure analysis in a clonal forest-floor herb, Cardamine leucantha, using RAD-seq.
RAD-seqを用いたクローン性林床草本コンロンソウの遺伝子配置と集団構造の解析
AoB PLANTS 12巻1号 plz080 2020年
2月
2020 永野 惇
(他6名)
Seasonality of interactions between a plant virus and its host during persistent infection in a natural environment.
自然環境下での持続感染における植物ウイルスと宿主との相互作用の季節性
The ISME journal 14巻2号 506-518 2020年
2月
2020 打本 弘祐 ビハーラ活動の現在 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies 141・142
合併号
239-262 2020年
3月
2020 塩尻 かおり
(他6名)
Exposure to artificially damaged goldenrod volatiles increases saponins in seeds of field -grown soybean plants
人工的に損傷したゴールデンロッド揮発性への暴露は、フィールドの種子中のサポニンを増加させる - 成長大豆植物
PHYTOCHEMISTRY LETTERS 36巻 7-10 2020年
4月
2020 永野 惇
(他5名)
Repressive chromatin modification underpins the long-term expression trend of a perennial flowering gene in nature.
自然界における多年草開花遺伝子の長期的な発現傾向を支えるのは、抑制性のクロマチン修飾である
Nature communications 11巻1号 2065-2065 2020年
5月1日
2020 永野 惇
(他14名)
Niche conservatism promotes speciation in cycads: the case of Dioon merolae (Zamiaceae) in Mexico.
ニッチ保存はソテツの種分化を促進する:メキシコのDioon merolae (Zamiaceae)の場合
The New phytologist 2020年
5月11日
2020 塩尻 かおり
(他8名)
Evidence that ERF transcriptional regulators serve as possible key molecules for natural variation in defense against herbivores in tall goldenrod
ERF転写調節因子が背の高いゴールデンロッドの草食動物に対する防御の自然な変化のための可能な重要な分子として機能するという証拠
SCIENTIFIC REPORTS 10巻1号 5352 2020年
5月24日
2020 島 純
(他2名)
Lactobacillus curvatus Strains Specifically Show High Levels of Tolerance to Freeze-Thaw Stress
Lactobacillus curvatusは高度な冷凍耐性を有する
Journal of Applied Microbioogical Research 3巻1号 27-30 2020年
5月
2020 永野 惇
(他2名)
Neighbor QTL: an interval mapping method for quantitative trait loci underlying neighbor effects
NeighborQTL: 隣接効果の基盤となる量的形質遺伝子座の間隔マッピング法
bioRxiv 2020年
5月
2020 小野木 章雄 (他8名) Dynamic effects of interacting genes underlying rice flowering-time phenotypic plasticity and global adaptation.
イネ開花期の表現型可塑性と世界的な適応を支える遺伝子間の動的な効果
Genome research 30巻5号 673-683 2020年
5月
2020 永野 惇
(他5名)
Genetic consequences of being a dwarf: do evolutionary changes in life-history traits influence gene flow patterns in populations of the world's smallest goldenrod?
矮小形であることの遺伝的帰結:生活史特性の進化的変化は、世界最小のアキノキリンソウの個体群における遺伝子流動パターンに影響を与えるか?
Annals of botany 126巻1号 163-177 2020年
6月19日
2020 永野 惇
(他3名)
Low-cost and Multiplexable Whole mRNA-Seq Library Preparation Method with Oligo-dT Magnetic Beads for Illumina Sequencing Platforms
イルミナシーケンシングプラットフォーム用オリゴdT磁気ビーズを用いた低コストで多重化可能な全mRNA-Seqライブラリー調製法
10巻12号 2020年
6月
2020 竹中 祥太朗
(他2名)
Development of self-fertile deletion homozygous and ditelosomic lines for the long arm of chromosome 2A in common wheat
普通系コムギにおける自家和合性の2A染色体長腕欠失ホモ接合ダイテロソミック系統の開発
Genes & genetic systems 95巻2号 95~99 2020年
7月8日
2020 永野 惇
(他9名)
Radiation history of Asian Asarum (sect. Heterotropa, Aristolochiaceae) resolved using a phylogenomic approach based on double-digested RAD-seq data.
アジアのカンアオイ属(ウマノスズクサ科、カンアオイ節)の適応放散の、ddRAD-seqデータに基づいた系統学的解析
Annals of botany 126巻2号 245-260 2020年
7月24日
2020 垣口 由香 <どこにもない場所>を生きるーー「あの薔薇を見てよ」における場所の狂い、ファンタジー、そして無
エリザベス・ボウエンーー二十世紀の深部をとらえる文学 彩流社 183-200 2020年
7月
2020 浅水 恵理香
(他3名)
Root-knot nematode genetic diversity associated with host compatibility to sweetpotato cultivars
サツマイモ品種に対する寄主適合性に関連するネコブセンチュウのゲノム多様性
Molecular Plant Pathology 21巻8号 1088-1098 2020年
8月
2020 永野 惇
(他8名)
Genome-wide patterns of divergence and introgression after secondary contact between Pungitius sticklebacks.
トゲウオ科トミヨ属間の二次接触後のゲノムワイドな多様化と浸透のパターン
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences 375巻1806号 20190548-20190548 2020年
8月31日
2020 永野 惇
(他8名)
Gene regulatory network and its constituent transcription factors that control nitrogen-deficiency responses in rice.
イネの窒素欠乏応答を制御する遺伝子制御ネットワークとその構成転写因子の研究
The New phytologist 227巻5号 1434-1452 2020年
9月
2020 浅水 恵理香
(他8名)
The conserved brassinosteroid-related transcription factor BIM1a negatively regulates fruit growth in tomato
植物に保存されたブラシノステロイド関連転写因子BIM1aはトマトにおいて果実成長を負に制御する
Journal of Experimental Botany 2020年
2020 奥野 哲郎
(他2名)
Trade-Off Relation between Fungicide Sensitivity and Melanin Biosynthesis in Plant Pathogenic Fungi
植物病原糸状菌の殺菌剤感受性とメラニン合成間でのトーレードオフの関係
iScience in press
2020 奥野 哲郎
(他2名)
Complete genome sequence of a novel partitivirus from a wild brassicaceous plant, Arabidopsis halleri
野生アブラナ科植物アラビドプシス ハレリから分離された新規パーティティウイルスの全ゲノム配列
J. Gen. Plant Pathol. 165巻 2091–2094
2020 奥野 哲郎
(他1名)
Hijacking of host cellular components as proviral factors by plant-infecting viruses
植物ウイルスによりハイジャックされる宿主細胞成分
Advances in Virus Research 107巻 37-86 2020年
2020 奥野 哲郎
(他2名)
Characterization of Citrus leaf blotch virus from Nandina domestica ‘Otafukunanten
オタフクナンテンから分離されたシトラスリーフブロッチウイルスの解析
J. Gen. Plant Pathol. in press
2020 永野 惇
(他10名)
Genomic basis of transcriptome dynamics in rice under field conditions
野外条件下におけるイネのトランスクリプトーム動態のゲノム基盤
2020年
2020 永野 惇
(他5名)
Genetic analysis of body weight in wild populations of medaka fish from different latitudes.
緯度の異なるメダカの野生個体群における体重の遺伝学的解析
PLOS ONE 15巻6号 e0234803 2020年
2019 別役 重之(他9名) Enrichment of Phosphatidylinositol 4,5-Bisphosphate in the Extra-Invasive Hyphal Membrane Promotes Colletotrichum Infection of Arabidopsis thaliana.
侵入菌糸嚢膜におけるホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸の濃縮は、シロイヌナズナへの炭疽病菌感染を促進する。
Plant & cell physiology 60巻7号 1514-1524 2019年
7月1日
2019 別役 重之(他5名) Automating measurements of fluorescent signals in freely moving plant leaf specimens
自由に動く植物葉サンプルの蛍光シグナルの測定を自動化する
Plant Biotechnology 36巻1号 7-11 2019年
3月
2019 別役 重之(他2名) A Versatile Method for Mounting Arabidopsis Leaves for Intravital Time-lapse Imaging
生体タイムラプスイメージングのためのシロイヌナズナ葉の汎用的固定方法
Journal of visualized experiments : JoVE 144号 2019年
2月
2019 竹中 祥太朗
(他2名)
Differential and interactive effects of cytoplasmic substitution and seed ageing on submergence stress response in wheat (Triticum aestivum L.)
パンコムギ(Triticum aestivum L.)の冠水ストレス応答に対する細胞質置換と種子老化の影響の差異とその相互作用
Biotechnology & Biotechnological Equipment 33巻1号 75-85 2019年
1月1日
2019 竹中 祥太朗
(他2名)
Population structure and association analyses of the core collection of hexaploid accessions conserved ex situ in the Japanese gene bank NBRP-Wheat.
日本のジーンバンクNBRP-コムギで系統保存されている6倍性コムギコアコレクション系統の集団構造と関連解析
Genes & genetic systems 93巻6号 237-254 2019年
1月19日
2019 永野 惇
(他6名)
Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation.
自然環境における年周トランスクリプトーム動態から植物の季節適応を明らかにする
Nature plants 5巻1号 74-83 2019年
1月
2019 永野 惇
(他6名)
Mutation in the putative ketoacyl-ACP reductase CaKR1 induces loss of pungency in Capsicum.
putative ketoacyl-ACP reductase CaKR1の変異によりトウガラシは辛味を喪失する
Theoretical and Applied Genetics 132巻1号 65-80 2019年
1月
2019 島 純
(他6名)
Effects of alkyl gallates, fatty acids, and acylglycerols on the growth of the psychrotolerant bacterium Sporosarcina sp. S92h
アルキルガレートの効果, 脂肪酸, およびアシルグリセロールは、サイクロ耐性細菌の成長に, スポロスタルシナsp.S92h
BIOCATALYSIS AND AGRICULTURAL BIOTECHNOLOGY 17巻 294-298 2019年
1月
2019 島 純
(他4名)
Characteristics of New Sourdough using Lactic Acid Bacteria and Wild Yeast
乳酸菌と野生酵母による新規サワー生地
Journal of Food Science and Nutrition Research 2巻1号 001−012 2019年
2月
2019 打本 弘祐 親鸞における対象喪失(下)親鸞思想とグリーフケアとの接点を求めて 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies 139号 54-84 2019年
3月
2019 永野 惇
(他5名)
Publisher Correction: Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation.
出版社の訂正:自然環境における年周トランスクリプトーム動態から植物の季節適応を明らかにする
Nature plants 5巻3号 329 2019年
3月
2019 永野 惇
(他3名)
Genetic Properties Responsible for the Transgressive Segregation of Days to Heading in Rice.
イネにおける出穂日の侵入的分離に関与する遺伝的特性
G3 (Bethesda, Md.) 9巻5号 1655 -1662 2019年
5月
2019 永野 惇
(他6名)
Quantitative trait loci mapping for the shear force value in breast muscle of F2 chickens.
ニワトリのF2世代の胸筋における剪断力値の量的形質遺伝子座マッピング
Poultry science 98巻3号 1096-1101 2019年
3月
2019 竹中 祥太朗
(他5名)
Genetic dissection of grain morphology in hexaploid wheat by analysis of the NBRP-Wheat core collection.
NBRP-コムギコアコレクション系統を対象とした6倍性コムギの種子形態を遺伝的に解剖する
Genes & genetic systems 94巻1号 35-49 2019年
4月9日
2019 永野 惇
(他4名)
Plant trichomes and a single gene GLABRA1 contribute to insect community composition on field-grown Arabidopsis thaliana.
野外で栽培されたシロイヌナズナの昆虫群集の構成には、植物トリコームと単一遺伝子GLABRA1が寄与する
BMC plant biology 19巻1号 163 2019年
4月
2019 吉山 洋子
(他2名)
Problem-Solving Exercise for Undergraduate Students Involving the Japanese Fermented Food Natto
日本の発酵食品「納豆」をテーマにした、大学生のアクティブラーニング型学習について
JOURNAL OF MICROBIOLOGY & BIOLOGY EDUCATION 20巻1号 2019年
4月
2019 塩尻 かおり
(他1名)
Multifunctionality of herbivory-induced plant volatiles in chemical communication in tritrophic interactions
三栄養相互作用における化学通信における草牙誘発植物揮発性物質の多機能性
CURRENT OPINION IN INSECT SCIENCE 32巻 110-117 2019年
4月
2019 永野 惇
(他9名)
Genomic reconstruction of 100 000-year grassland history in a forested country: population dynamics of specialist forbs.
森林に覆われた国における10万年草原史のゲノム再構成:スペシャリスト雑草の個体群動態
BIOLOGY LETTERS 15巻5号 20180577 2019年
5月31日
2019 小野木 章雄
(他5名)
Development of a structural growth curve model that considers the causal effect of initial phenotypes.
初期の表現型の因果関係を考慮した構造成長曲線モデルの開発
Genetics, selection, evolution : GSE 51巻1号 19 2019年
5月
2019 島 純
(他9名)
Development of Novel Bread by Combining Seaweed Kappaphycus alvarezii from Sri Lanka and Saccharomyces cerevisiae Isolated from Nectarine
海藻と酵母の組み合わせよる新規パンの開発
ournal of Agricultural Science and Technology B 9巻5号 339−346 2019年
5月
2019 辻村 真衣
(他5名)
Complete mitochondrial genome sequence of Brassica oxyrrhina and comparative analysis of the region containing orf108, a male sterility gene for mustard (Brassica juncea), among B. oxyrrhina, Diplotaxis erucoides and Sinapis species
Brassica oxyrrhinaの全ミトコンドリアゲノム配列と、カラシナ(Brassica juncea)の雄性不稔遺伝子であるorf108を含む領域におけるB. oxyrrhinaとDiplotaxis erucoidesさらにSinapis種間における比較分析
Plant Breeding 138巻5号 614-623 2019年
5月
2019 永野 惇
(他3名)
Lasy-Seq: a high-throughput library preparation method for RNA-Seq and its application in the analysis of plant responses to fluctuating temperatures.
Lasy-Seq: RNA-Seqのためのハイスループットライブラリー調製法と植物の温度変動応答解析への応用
Scientific reports 9巻1号 7091 2019年
5月
2019 永野 惇
(他28名)
A key metabolic gene for recurrent freshwater colonization and radiation in fishes.
魚類の回帰性淡水定着と放散の鍵を握る代謝遺伝子
Science (New York, N.Y.) 364巻6443号 886-889 2019年
5月
2019 塩尻 かおり
(他5名)
Effects of trans-2-hexenal and cis-3-exenal on post-harvest strawberry
収穫後のイチゴに対するトランス2-ヘキセナルおよびシス-3-エクセクナルの影響
SCIENTIFIC REPORTS 9巻10112号 2019年
6月12日
2019 永野 惇
(他3名)
Genomic and phenotypic consequences of two independent secondary contact zones between allopatric lineages of the anadromous ice goby Leucopsarion petersii.
溯河性シロウオ(Leucopsarion petersii)の同種系統間の2つの独立した二次接触帯のゲノムと表現型への影響
Heredity 124巻1号 223-235 2019年
6月
2019 竹中 祥太朗
(他2名)
パンコムギの冠水応答にみられるコムギ・エギロプス属細胞質の多様性
植物科学最前線 10巻C号 203 -210 2019年
7月16日
2019 永野 惇
(他3名)
Genetic analysis of Taishu horses on and off Tsushima Island: Implications for conservation.
対馬島内外の対州馬の遺伝学的解析:保全への示唆
Journal of equine science 30巻2号 33-40 2019年
7月
2019 塩尻 かおり
(他5名)
Insect Herbivory Selects for Volatile-Mediated Plant-Plant Communication
揮発性媒介植物間通信用の昆虫用草食選択
CURRENT BIOLOGY 29巻18号 3128 2019年
9月23日
2019 永野 惇
(他10名)
Evidence for sympatric speciation in a Wallacean ancient lake.
ウォレスの古代湖における同所的種分化の証拠
Evolution; international journal of organic evolution 73巻9号 1898-1915 2019年
9月
2019 古本 強
(他7名)
In Vivo Phosphorylation: Development of Specific Antibodies to Detect the Phosphorylated PEPC Isoform for the C4 Photosynthesis in Zea mays
トウモロコシC4光合成におけるリン酸化PEPCを特異的に認識する抗体を用いた生体内でのリン酸化程度の検出
Methods in Molecular Biology 217 - 240 2019年
9月
2019 永野 惇
(他12名)
High-yielding rice Takanari has superior photosynthetic response to a commercial rice Koshihikari under fluctuating light.
高収量イネ品種「タカナリ」は、変動光下で主要栽培品種「コシヒカリ」に比べて優れた光合成応答性を示す
Journal of experimental botany 70巻19号 5287-5297 2019年
10月15日
2019 永野 惇
(他3名)
Neighbor GWAS: incorporating neighbor genotypic identity into genome-wide association studies of field herbivory on Arabidopsis thaliana
Neighbor GWAS:シロイヌナズナの野外摂食に関するゲノムワイドな関連解析に隣接遺伝子型の同一性を組み込む
bioRxiv 845735巻 2019年
11月1日
2019 永野 惇
(他7名)
Construction of High-Resolution RAD-Seq Based Linkage Map, Anchoring Reference Genome, and QTL Mapping of the Sex Chromosome in the Marine Medaka Oryzias melastigma.
インドメダカにおける、高分解能RAD-Seqに基づいた連鎖地図構築、参照ゲノムのアンカリング、性染色体のQTLマッピング
G3 (Bethesda, Md.) 9巻11号 3537 -3545 2019年
11月5日
2019 永野 惇
(他5名)
Identification of quantitative trait loci for increased α-tocopherol biosynthesis in wild soybean using a high-density genetic map.
高密度の遺伝子地図を用いた野生ダイズにおけるα-トコフェロール生合成増加の量的形質遺伝子座の同定
BMC plant biology 19巻1号 510 2019年
11月21日
2019 原田 賢
(他1名)
Threonine synthase CoTHR4 is involved in infection-related morphogenesis during the pre-penetration stage in Colletotrichum orbiculare.
スレオニンシンターゼCoTHR4は、ウリ類炭疽病菌の侵入前段階での感染器官のl形態形成に関与する
Microbial pathogenesis 137巻 103746 2019年
12月
2019 奥野 哲郎
(他5名)
5'-Terminal stem-loop of carnation ringspot virus RNA1 is required for the efficient amplification of viral RNAs
カーネーションリングスポットウイルスRNA1の5'末端ステムループはrナ複製に必要である
Virus Research 265巻 138-142 2019年
2019 奥野 哲郎
(他1名)
Threonine synthase CoTHR4 is involved in infection-related morphogenesis during the pre-penetration stage in Colletotrichum orbiculare
スレオニン合成酵素CoTHRはウリ類炭疽病菌の侵入前の感染関連形態形成に関わる
Microbial Pathogenesis 137(103749) 2019
2019 小野木 章雄 Comparison of F-tests for Univariate and Multivariate Mixed-Effect Models in Genome-Wide Association Mapping.
ゲノムワイド関連マッピングにおける単変量及び多変量混合効果モデルのF検定の比較
Frontiers in genetics 10巻 30 2019年
2019 永野 惇
(他7名)
Transcriptional Variation in Glucosinolate Biosynthetic Genes and Inducible Responses to Aphid Herbivory on Field-Grown Arabidopsis thaliana.
屋外栽培のシロイヌナズナにおけるグルコシノレート生合成遺伝子の転写変異とアブラムシ食害に対する誘導性応答
Frontiers in genetics 10号 787 2019年
2019 永野 惇
(他10名)
Characterization and quantitative trait locus mapping of late-flowering from a Thai soybean cultivar introduced into a photoperiod-insensitive genetic background.
日長非感受性の遺伝的背景に導入された、タイ産ダイズ品種の晩生化の特性評価と量的形質遺伝子座のマッピング
PLOS ONE 14巻12号 e0226116 2019年
2019 竹中 祥太朗
(他4名)
Chromosome Arm Locations of Barley Sucrose Transporter Gene in Transgenic Winter Wheat Lines
遺伝子組換え冬コムギ系統におけるオオムギスクローストランスポーター遺伝子の染色体腕の位置
Frontiers in plant science 10号 548 2019年
2019 永野 惇
(他6名)
Analyses of single nucleotide polymorphisms identified by ddRAD-seq reveal genetic structure of tea germplasm and Japanese landraces for tea breeding.
ddRAD-seqにより同定された一塩基多型の解析はチャの遺伝的構造とチャの品種改良に関する日本の在来種を明らかにする
PLOS ONE 14巻8号 e0220981 2019年
2019 島 純 Problem-Solving Exercise for Undergraduate Students Involving the Japanese Fermented Food Natto.
日本発酵食品納豆を含む学部生のための問題解決演習
Journal of microbiology & biology education 20巻1号 2019年
2019 永野 惇
(他5名)
New taxa of Rhododendron tschonoskii alliance (Ericaceae) from East Asia.
東アジアのコメツツジ(ツツジ科)近縁種の新しい分類群
PhytoKeys 134巻 97-114 2019年
2018 別役 重之(他10名) A NIN-LIKE PROTEIN mediates nitrate-induced control of root nodule symbiosis inLotus japonicus
NIN様タンパク質は、ミヤコグサにおける硝酸誘導性の根粒共生制御を媒介する
Nature communications 9巻1号 499 2018年
12月1日
2018 別役 重之(他3名) AlgU contributes to the virulence of Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000 by regulating production of the phytotoxin coronatine
AlgUは、植物毒素コロナチンの生産を調節することによりトマト斑葉細菌病菌DC3000の病原性に寄与する。
Journal of General Plant Pathology 84巻3号 189-201 2018年
5月1日
2018 別役 重之(他8名) A small peptide modulates stomatal control via abscisic acid in long-distance signalling.
ある小さなペプチドが、アブシジン酸を介した遠距離シグナル伝達における気孔制御を調節する。
Nature 556巻7700号 235-238 2018年
4月
2018 別役 重之(他1名) The effects of Lepidopteran oral secretion on plant wounds: A case study on the interaction betweenSpodoptera lituraandArabidopsis thaliana
植物創傷に対する鱗翅目口腔分泌物の影響:ハスモンヨトウとシロイヌナズナの相互作用に関する事例研究
Plant Biotechnology 35巻3号 237-242 2018年
2018 別役 重之(他10名) Involvement of S-type anion channels in disease resistance against an oomycete pathogen in Arabidopsis seedlings.
シロイヌナズナ幼苗の卵菌病原体に対する抵抗性におけるS型アニオンチャネルの関与
Communicative & integrative biology 11巻3号 1-6 2018年
2018 小野木 章雄
(他7名)
Effects of selection index coefficients that ignore reliability on economic weights and selection responses during practical selection
実践的な選抜における経済的重みつけや選択応答に対する信頼性を無視した選択指数係数の影響
Asian-Australasian Journal of Animal Sciences 31巻1号 19-25 2018年
1月1日
2018 永野 惇
(他7名)
Functional divergence of duplicate genes several million years after gene duplication in Arabidopsis.
シロイヌナズナにおける遺伝子重複から数百万年後の重複遺伝子の機能的相違
genomes 2018年
2月
2018 山形 裕士 植物細胞のcGMPシグナル伝達.-cGMPの代謝,機能,遺伝子発現調節およびNOとの関連-
化学と生物 56巻2号 104-110 2018年
2月
2018 打本 弘祐 親鸞と対象喪失(上)グリーフケアとの接点を求めて (川添泰信教授定年退職記念特集號 : 浄土仏教と親鸞教義) 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies 137号 325-344 2018年
3月
2018 永野 惇
(他4名)
Does genomic variation in a foundation species predict arthropod community structure in a riparian forest?
基礎種のゲノム変異は河岸林における節足動物群集構造を予測するのか?
Molecular Ecology 27巻5号 1284-1295 2018年
3月1日
2018 永野 惇
(他13名)
Phylogeographic analysis of the East Asian goldenrod (Solidago virgaurea complex, Asteraceae) reveals hidden ecological diversification with recurrent formation of ecotypes.
東アジアのアキノキリンソウ(Solidago virgaurea complex, キク科)の系統地理学的解析は再帰的な生態型形成を伴う隠れた生態的多様化を明らかにする
Annals of botany 121巻3号 489-500 2018年
3月5日
2018 塩尻 かおり
(他4名)
Uninfested plants and honey enhance the attractiveness of a volatile blend to a parasitoid Cotesia vestalis
不含む植物と蜂蜜は、寄生コテシアの前庭に揮発性ブレンドの魅力を高めます
Journal of Applied Entomology 2018年
5月
2018 永野 惇
(他5名)
Auxin Contributes to the Intraorgan Regulation of Gene Expression in Response to Shade.
オーキシンは日陰に対応した遺伝子発現の器官内制御に寄与している
Plant Physiology 177巻2号 177(2) 2018年
6月1日
2018 塩尻 かおり
(他4名)
Occurrence of diamondback moths Plutella xylostella and their parasitoid wasps Cotesia vestalis in mizuna greenhouses and their surrounding areas
ミズナ温室とその周辺地域におけるダイヤモンドバックガのプルテラ・キシロステラとその寄生虫スズメバチコペシア・ヴェスタリスの発生
Biological Control 2018年
6月
2018 小野木 章雄
(他8名)
Genome-wide association study and genomic prediction using parental and breeding populations of Japanese pear (Pyrus pyrifolia Nakai).
日本ナシにおける親集団と育種集団を用いたゲノムワイド関連解析とゲノミック予測
Scientific reports 8巻1号 11994-11994 2018年
8月10日
2018 塩尻 かおり
(他4名)
Pest management using mint volatiles to elicit resistance in soy: mechanism and application potential
ミント揮発性物質を使用して大豆の抵抗性を引き出す害虫管理:メカニズムと応用可能性
The Plant Journal 2018年
8月
2018 永野 惇
(他11名)
Assessment of genetic diversity in Coho salmon (Oncorhynchus kisutch) populations with no family records using ddRAD-seq.
ddRAD-seqを用いた系図のないギンザケ(Oncorhynchus kisutch)集団の遺伝的多様性の評価
BMC research notes 11巻1号 548 2018年
8月
2018 竹中 祥太朗
(他2名)
Prospects for Utilization of Cytoplasmic Diversity and Nucleus-Cytoplasm Interaction in Agriculture: A Case Study of Submergence Stress Responses in Wheat.
農業における細胞質多様性と核細胞質相互作用の利用の展望:コムギにおける冠水ストレス応答の事例研究
In: Research Trends in Crop Plants 67-80 2018年
8月
2018 小野木 章雄
(他5名)
Genome-wide association mapping and examination of possible maternal effect for the pace trait of horses.
ウマの側対歩に対するゲノムワイド関連マッピングと母性効果の可能性の検証
Animal genetics 49巻5号 461-463 2018年
10月
2018 塩尻 かおり
(他12名)
Identification of a Hexenal Reductase That Modulates the Composition of Green Leaf Volatiles
緑葉揮発性物質の組成を調節するヘキセナル還元体の同定
Plant Physiology 178号 552-564 2018年
10月
2018 永野 惇
(他8名)
Prediction of environmental response in field-grown rice using expression-dynamics-QTL
発現動態QTLを用いた野外栽培イネの環境応答予測
bioRxiv 2018年
10月
2018 永野 惇
(他3名)
A Survey on Plant Viruses in Natural Brassicaceae Communities Using RNA-Seq.
RNA-Seqを用いたアブラナ科の野生集団における植物ウイルスに関する調査
Microbial ecology 364巻6443号 886-889 2018年
10月
2018 竹中 祥太朗
(他2名)
Genetic diversity of submergence stress response in cytoplasms of the Triticum-Aegilops complex.
コムギ‐エギロプス属複合体の細胞質における冠水ストレス応答の遺伝的多様性
Scientific reports 8巻1号 16267 2018年
11月2日
2018 塩尻 かおり
(他1名)
Multifunctionality of herbivory-induced plant volatiles in chemical communication in tritrophic interactions
三栄養相互作用における化学通信における草牙誘発植物揮発性物質の多機能性
Current Opinion in Insect Science(accepted) 2018年
11月
2018 永野 惇
(他4名)
Broad distribution spectrum from Gaussian to power law appears in stochastic variations in RNA-seq data.
RNA-seqデータの確率的変動には、Gaussianからべき乗までの広い分布スペクトルが現れる
Scientific Reports 8巻1号 8339 2018年
12月1日
2018 小野木 章雄
(他7名)
Identification of qtls for rice grain size using a novel set of chromosomal segment substitution lines derived from yamadanishiki in the genetic background of koshihikari
コシヒカリ背景に山田錦を組み込んだ新たな染色体断片置換系統セットを用いたイネ粒大のQTL同定
Breeding Science 68巻2号 210-218 2018年
2018 島 純
(他7名)
Lipid production via simultaneous conversion of glucose and xylose by a novel yeast, Cystobasidium iriomotense.
新規酵母であるシスタバシジウム・イリオモテンセによるグルコースとキシロースの同時変換による脂質産生
PLOS ONE 13巻9号 e0202164 2018年
2018 島 純
(他1名)
Selection and Development of Stress-tolerant Yeasts for Bioethanol Production
バイオエタノール生産のためのストレス耐性酵母の選択と開発
Japan Agricultural Research Quarterly 52巻2号 137-142 2018年
2018 打本 弘祐 群馬県仏教保護会 (「矯正・保護課程」開設40周年記念号(2)) -- (矯正施設参観記 2018年度「矯正・保護課程」共同研究・施設参観報告) 矯正講座 38号 150-154 2018年
2018 奥野 哲郎 68) Hijacking a host scaffold protein, RACK1, for replication of a plant RNA virus.
宿主足場タンパク質RACK1をハイジャックして、植物RNAウイルスは複製を行う
New Phytologist 221巻2号 935--945 2018年
2018 島 純
(他4名)
Lactic Acid Bacteria Isolated from Japanese Fermented Fish (Funa-Sushi) Inhibit Mesangial Proliferative Glomerulonephritis by Alcohol Intake with Stress.
日本の発酵魚(フナ寿司)から分離された乳酸菌は、ストレスを伴うアルコール摂取によるメサンジュル増殖性糸球体腎炎を阻害する
Journal of nutrition and metabolism 2018巻 6491907 2018年
2018 永野 惇
 (他5名)
ddRAD-seq based phylogeographic study of Sargassum thunbergii (Phaeophyceae, Heterokonta) around Japanese coast.
ddRAD-seqを用いた日本沿岸域におけるウミトラノオ(褐藻綱、不等毛類)の系統地理学的研究
Marine Environmental Research 140巻 104-113 2018年
2018 永野 惇
 (他7名)
Selection of Transcripts Affecting Initial Growth Rate of Rice Backcrossed Inbred Lines Using RNA Sequencing Data.
RNAシークエンシングデータを用いたイネ戻し交配近交系の初期成長率に影響を与えるトランスクリプトの選択
Frontiers in plant science 9巻 1880 2018年
2018 永野 惇
(他2名)
Stacksbinder: online tool for visualizing and summarizing Stacks output to aid filtering of SNPs identified using RAD sequencing
Stacksbinder: RADシーケンスを使用して特定されたSNPのフィルタリングを支援するためにStacksの出力を視覚化して要約するオンラインツール
Conservation Genetics Resources 2018年
2017 別役 重之(他5名) Salicylic Acid and Jasmonic Acid Pathways are Activated in Spatially Different Domains around the Infection Site during Effector-Triggered Immunity in Arabidopsis thaliana
シロイヌナズナのエフェクター誘発免疫において、サリチル酸とジャスモン酸経路は、感染部位周辺の空間的に異なるドメインで活性化される
Plant & cell physiology 59巻1号 8-16 2017年
11月
2017 塩尻 かおり
(他7名)
.Weeding volatiles reduce leaf and seed damage to field-grown soybeans and increase seed isoflavones
.除草揮発性物質は、畑で栽培された大豆に対する葉と種子の損傷を減らし、種子イソフラボンを増加させる
Scientific Reports 7巻 2017年
1月
2017 小野木 章雄
(他8名)
Genetic Nature of Elemental Contents in Wheat Grains and Its Genomic Prediction: Toward the Effective Use of Wheat Landraces from Afghanistan
小麦粒に含まれるイオン元素の遺伝的性質とそのゲノミック予測:アフガニスタン由来の小麦在来種の有効利用に向けて
PLOS ONE 12巻1号 e0169416 2017年
1月
2017 浅水 恵理香
(他6名)
Plant Genomics Databases: Methods and Protocols (Methods in Molecular Biology) "Plant Genome DataBase Japan (PGDBj)"
植物ゲノミクスデータベース:方法とプロトコル(分子生物学における方法)「植物ゲノム情報統合データベース(PGDBj)」
Springer 45-77 2017年
1月
2017 小野木 章雄
(他8名)
Efficiency of genomic selection for breeding population design and phenotype prediction in tomato
トマトにおける育種集団デザインと表現型予測のためのゲノミックセレクションの効率
HEREDITY 118巻2号 202-209 2017年
2月
2017 打本 弘祐 ビハーラの展開と〈ビハーラ僧〉
世界仏教文化研究センター応用部門〈2016年度研究活動報告書〉 198-211 2017年
3月
2017 垣口 由香 The House in Parisにおける旅――Elizabeth Bowenのフィクション・メイキング
言語文化研究 16号 41-52 2017年
3月
2017 打本 弘祐 医療における宗教的ケアとニーズをめぐって
龍谷大学論集 489巻 9-21 2017年
3月
2017 永野 惇
(他10名)
The population genomic signature of environmental association and gene flow in an ecologically divergent tree species Metrosideros polymorpha (Myrtaceae)
生態学的に分岐した樹木種ハワイフトモモ(フトモモ科)における環境関連の集団ゲノムの特徴と遺伝子流動
MOLECULAR ECOLOGY 26巻6号 1515-1532 2017年
3月
2017 打本 弘祐 仏教はキリスト教から何を学ぶべきかーバプテスト病院牧師室研修を通してー
慈光法喜 135-161 2017年
4月
2017 打本 弘祐 研究室の落涙 慈光法喜 2017年
4月
2017 小野木 章雄
(他9名)
Genetic analysis of semen production traits of Japanese Black and Holstein bulls: genome-wide marker-based estimation of genetic parameters and environmental effect trends
黒毛和種とホルスタイン種の種雄牛における精液産生関連形質の遺伝子解析:ゲノムワイドマーカーに基づく遺伝的パラメータの推定と環境影響の傾向
JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE 95巻5号 1900-1912 2017年
5月
2017 永野 惇
(他9名)
A GLABRA1 ortholog on LG A9 controls trichome number in the Japanese leafy vegetables Mizuna and Mibuna (Brassica rapa L. subsp nipposinica L. H. Bailey): evidence from QTL analysis
LG A9上のオーソログGLABRA1がミズナとミブナ(Brassica rapa L. subsp nipposinica L. H. Bailey)のトリコームの数を制御している:QTL解析からの証拠
JOURNAL OF PLANT RESEARCH 130巻3号 539-550 2017年
5月
2017 島 純
(他4名)
Modulation of fatty acid composition and growth in Sporosarcina species in response to temperatures and exogenous branched-chain amino acids
温度および外因性分岐鎖アミノ酸に応答したスポロサルシナ種における脂肪酸組成と成長の調節
APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY 101巻12号 5071-5080 2017年
6月
2017 永野 惇
(他3名)
FIT: statistical modeling tool for transcriptome dynamics under fluctuating field conditions
FIT:変動するフィールド条件下でのトランスクリプトーム動態の統計モデリングツール
BIOINFORMATICS 33巻11号 1672-1680 2017年
6月
2017 小野木 章雄
(他16名)
Genome-wide association study and genomic prediction in citrus: Potential of genomics-assisted breeding for fruit quality traits.
カンキツにおけるゲノムワイド関連解析とゲノミック予測:果実品質に対するゲノミックアシステッド育種の可能性
Scientific reports 7巻1号 4721-4721 2017年
7月5日
2017 永野 惇
(他3名)
野生植物とウイルスの見えない相互作用をRNA-Seqで観る
植物科学の最前線(BSJ-Review) 8巻 12-21 2017年
7月
2017 永野 惇
(他12名)
Heap: a highly sensitive and accurate SNP detection tool for low-coverage high-throughput sequencing data
Heap: ローカバレッジ・ハイスループット・シーケンスデータのための高感度・高精度SNP検出ツール
DNA RESEARCH 24巻4号 397-405 2017年
8月
2017 打本 弘祐
(他5名)
医療現場における臨床宗教師の役割と課題
死の臨床 40巻2号 369 - 369 2017年
9月
2017 辻村 真衣
(他31名)
Genome sequencing of the staple food crop white Guinea yam enables the development of a molecular marker for sex determination
主食作物ホワイトギニアヤムのゲノム配列決定により性決定分子マーカーの開発を可能にする
BMC Biology 15巻86号 2017年
9月
2017 辻村 真衣
(他4名)
Complete mitochondrial genome sequences of Brassica rapa (Chinese cabbage and mizuna), and intraspecific differentiation of cytoplasm in B. rapa and Brassica juncea
Brassica rapa(ハクサイとミズナ)の全ミトコンドリアゲノム配列と、B. rapaとBrassica junceaにおける細胞質の種内分化
Breeding science 67巻4号 357-362 2017年
9月
2017 奥野 哲郎
(他5名)
Requirement for eukaryotic translation initiation factors in cap-independent translation differs between bipartite genomic RNAs of red clover necrotic mosaic virus
RCNMVがキャップ非依存翻訳に用いる真核生物翻訳開始因子は、本ウイルスの二分節ゲノムで異なる
VIROLOGY 509巻 152-158 2017年
9月
2017 永野 惇
(他6名)
Unfolded protein response transducer IRE1-mediated signaling independent of XBP1 mRNA splicing is not required for growth and development of medaka fish.
XBP1 mRNAスプライシングの小胞体ストレス応答変換器 自立シグナル介在型のIRE1は、ミナミメダカの成長・発育には必要とされない
ELIFE 6巻 2017年
9月
2017 永野 惇
(他4名)
Gauss-power mixing distributions comprehensively describe stochastic variations in RNA-seq data
Gauss-power混合分布は、RNA-seqデータの確率的変動を包括的に説明する
2017年
9月
2017 小野木 章雄
(他8名)
A genetic analysis of meat compositions in Japanese Black cattle: Genetic parameters and sex influence
黒毛和種における食肉成分形質の遺伝子解析:遺伝的パラメータと性の影響
JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS 134巻5号 373-382 2017年
10月
2017 永野 惇
(他13名)
Oxidative rearrangement of (+)-sesamin by CYP92B14 co-generates twin dietary lignans in sesame
CYP92B14による(+)-セサミンの酸化的転位により、二つの食物リグナンが共生成される
Nature Communications 8巻1巻 2155 2017年
12月1日
2017 小野木 章雄
(他2名)
Investigation of genetic diversity and inbreeding in a Japanese native horse breed for suggestions on its conservation
保全のための提言に向けた日本の在来馬における遺伝的多様性と近親交配の調査
ANIMAL SCIENCE JOURNAL 88巻12号 1902-1910 2017年
12月1日
2017 小野木 章雄
(他6名)
Genetic dissection of grain traits in Yamadanishiki, an excellent sake-brewing rice cultivar
優れた酒米品種「山田錦」における粒関連形質の遺伝的解析
THEORETICAL AND APPLIED GENETICS 130巻12号 2567-2585 2017年
12月
2017 島 純
(他9名)
Metabolic engineering of oleaginous fungus Mortierella alpina for high production of oleic and linoleic acids
オレイン酸とリノール酸の高生産のための油性真菌モルティエラアルピナの代謝工学
BIORESOURCE TECHNOLOGY 245巻Pt B号 1610-1615 2017年
12月
2017 永野 惇
(他6名)
Simultaneous evaluation of the effects of geographic, environmental and temporal isolation in ecotypic populations of Solidago virgaurea
アキノキリンソウの生態型個体群における地理的・環境的・時間的分離の影響の同時評価
NEW PHYTOLOGIST 216巻4号 1268-1280 2017年
12月
2017 奥野 哲郎
(他2名)
Dual function of a cis-acting RNA element that acts as a replication enhancer and a translation repressor in a plant positive-stranded RNA virus
植物プラス鎖RNAウイルスにおける複製促進と翻訳リプレッサーとして作用するシス作用RNA因子の二重機能
VIROLOGY 512巻 74-82 2017年
12月
2017 奥野 哲郎
(他4名)
Harnessing host ROS-generating machinery for the robust genome replication of a plant RNA virus
植物RNAウイルスはゲノム複製のため宿主のROS生成機械を利用する
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 114巻7号 1282-1290 2017年
2017 奥野 哲郎 Roles of superoxide anion and hydrogen peroxide during replication of 2 unrelated plant RNA viruses in Nicotiana benthamiana
2つの無関係な植物RNAウイルスのニコティアナベンタミアナでの複製におけるスーパーオキシドアニオンと過酸化水素の役割
Plant Signaling Behavior 2017年
2017 島 純
(他5名)
Draft Genome Sequences of the Xylose-Fermenting Yeast Scheffersomyces shehatae NBRC 1983T and a Thermotolerant Isolate of S.shehatae ATY839 (JCM 18690).
キシロース発酵酵母シェッフェルソミセスシェハタエNBRC 1983Tのドラフトゲノム配列およびS.シェハタエATY839(JCM 18690)の耐熱性単離物
Genome announcements 5巻20号 2017年
2016 別役 重之(他10名) Modulation of Plant RAB GTPase-Mediated Membrane Trafficking Pathway at the Interface Between Plants and Obligate Biotrophic Pathogens
植物と絶対寄生性病原体とのインターフェースにおける植物RAB GTPase媒介膜輸送経路の操作
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 57巻9号 1854-1864 2016年
9月
2016 小野木 章雄
(他13名)
A simulation-based breeding design that uses whole-genome prediction in tomato
トマトの全ゲノム予測を用いたシミュレーションベースの育種デザイン
SCIENTIFIC REPORTS 6号 19454 2016年
1月
2016 塩尻 かおり
(他3名)
Seasonal variation of responses to herbivory and volatile communication in sagebrush (Artemisia tridentata) (Asteracease)
セージブラシにおける草食および揮発性コミュニケーションに対する反応の季節変動(アルテミシア・トリデンタータ)(アステラテム)
J. Plant Res. DOI 10. 2016年
1月
2016 浅水 恵理香
(他13名)
Pleurochrysome: A web database of Pleurochrysis transcripts and orthologs among heterogeneous algae
円石藻の転写産物とオルソログデータベース: Pleurochrysome
Plant and Cell Physiology 57巻1号 e6 2016年
1月
2016 島 純
(他8名)
Fermentation characteristics of yeast suitable for high-sugar dough
高ショ糖生地に最適な酵母
Journal for the Integrated Study of Dietary Habits 27巻1号 15−21 2016年
1月
2016 島 純
(他4名)
Lactobacillus Paracasei NFRI 7415 Reduces Liver Lipid Contents in C57BL/6J Mice Fed a High-fat Diet
Lactobacillus Paracaseiは血漿中の脂質を低下させる
International Journal of Clinical Nutrition & Dietetics 1巻 108 2016年
1月
2016 小野木 章雄
(他5名)
Uncovering a Nuisance Influence of a Phenological Trait of Plants Using a Nonlinear Structural Equation: Application to Days to Heading and Culm Length in Asian Cultivated Rice (Oryza Sativa L.)
非線形構造方程式を用いて植物のフェノロジー形質の厄介な影響を取り除く:アジアの栽培米における出穂期と稈長への適用
PLOS ONE 11巻2号 e0148609 2016年
2月
2016 永野 惇
(他11名)
Truncated yet functional viral protein produced via RNA polymerase slippage implies underestimated coding capacity of RNA viruses
RNAポリメラーゼのずれによって産生された、機能的でありながら切断されたウイルスタンパク質は、RNAウイルスのコーディング能力が過小評価されていることを示唆している
SCIENTIFIC REPORTS 6巻 21411- 2016年
2月
2016 永野 惇
(他5名)
Detection of Diurnal Variation of Tomato Transcriptome through the Molecular Timetable Method in a Sunlight-Type Plant Factory
太陽光型植物工場におけるトマトのトランスクリプトームの日周変動の分子時刻法による検出
FRONTIERS IN PLANT SCIENCE 2016年
2月
2016 永野 惇
(他7名)
From the laboratory to the field: assaying histone methylation at FLOWERING LOCUS C in naturally growing Arabidopsis halleri
実験室から野外へ:自然栽培シロイヌナズナのFLOWERING LOCUS Cにおけるヒストンメチル化の測分析
GENES & GENETIC SYSTEMS 91巻1号 15-26 2016年
2月
2016 永野 惇
(他9名)
Genetic distance of inbred lines of Chinese cabbage and its relationship to heterosis
ハクサイの近交系統の遺伝的距離と雑種強勢との関係
Plant Gene 5巻 1-7 2016年
3月1日
2016 永野 惇
(他5名)
Transcriptome Analysis of Plant Hormone-Related Tomato (Solanum lycopersicum) Genes in a Sunlight-Type Plant Factory (vol 10, e0143412, 2015)
太陽光型植物工場におけるトマトの植物ホルモン関連遺伝子のトランスクリプトーム解析
PLOS ONE 11巻3号 e0150788 2016年
3月
2016 打本 弘祐 特別養護老人ホームの利用者における宗教的ペイン
真宗学 134号 20-40 2016年
3月
2016 小野木 章雄
(他6名)
Toward integration of genomic selection with crop modelling: the development of an integrated approach to predicting rice heading dates
作物モデリングとゲノミックセレクションの統合に向けて:イネ出穂期を予測するための統合的アプローチの開発
THEORETICAL AND APPLIED GENETICS 129巻4号 805-817 2016年
4月1日
2016 小野木 章雄
(他1名)
VIGoR: variational Bayesian inference for genome-wide regression
VIGoR:ゲノムワイド回帰に対する変分ベイズ推定
Journal of Open Research Software 4巻1号 e11 2016年
4月4日
2016 奥野 哲郎
(他1名)
Pathogenesis mediated by proviral host factors involved in translation and replication of plant positive-strand RNA viruses
植物プラス鎖RNAウイルスの翻訳および複製に関与する宿主因子によって媒介される病原性
CURRENT OPINION IN VIROLOGY 17巻 11-18 2016年
4月
2016 古本 強 Pyruvate transport systems in organelles: future directions in C-4 biology research
オルガネラにおけるピルビン酸輸送系:C-4生物学研究における今後の方向性
CURRENT OPINION IN PLANT BIOLOGY 31巻 143-148 2016年
6月
2016 原田 賢
(他2名)
Colletotrichum orbiculare WHI2, a Yeast Stress-Response Regulator Homolog, Controls the Biotrophic Stage of Hemibiotrophic Infection Through TOR Signaling
酵母ストレス応答因子のホモログであるウリ類炭疽病菌のWHI2は、TORシグナル伝達を通して半活物寄生の活物ステージを制御する
MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS 29巻6号 468-483 2016年
6月
2016 原田 賢
(他3名)
Development of the infection strategy of the hemibiotrophic plant pathogen, Colletotrichum orbiculare, and plant immunity
半活物寄生菌であるウリ類炭疽病菌の感染戦略の展開と植物免疫
PHYSIOLOGICAL AND MOLECULAR PLANT PATHOLOGY 95巻 32-36 2016年
7月
2016 永野 惇
(他4名)
Circadian Oscillation of the Lettuce Transcriptome under Constant Light and Light-Dark Conditions
連続明と明暗条件下におけるレタスのトランスクリプトームの日周振動
FRONTIERS IN PLANT SCIENCE 7巻 1114- 2016年
7月
2016 山形 裕士
(他8名)
Rab proteins in the brain and corpus allatum of Bombyx mori
カイコの脳とアラタ体に存在するRabタンパク質
HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY 146巻1号 59-69 2016年
7月
2016 島 純
(他9名)
Characterization of starch-accumulating duckweeds, Wolffia globosa, as renewable carbon source for bioethanol production
デンプン蓄積型ダックウィードの特徴化、ウルフフィア・グロボサ、バイオエタノール製造のための再生可能な炭素源としての
Biocatalysis and Agricultural Biotechnology 6巻 123-127 2016年
8月
2016 島 純
(他7名)
Lipid production through simultaneous utilization of glucose, xylose, and l-arabinose by Pseudozyma hubeiensis: a comparative screening study
シュードジマ・フバイエンシスによるグルコース、キシロース、l-アラビノースの同時利用による脂質産生:比較スクリーニング研究
AMB EXPRESS 6巻1号 2016年
8月
2016 永野 惇
(他7名)
Northern glacial refugia and altitudinal niche divergence shape genome-wide differentiation in the emerging plant model Arabidopsis arenosa
新興植物モデルであるArabidopsis arenosaにおける北部氷期の退避地と高緯度ニッチの発散がゲノムワイドな分化を形成する
MOLECULAR ECOLOGY 25巻16号 3929-3949 2016年
8月
2016 竹中 祥太朗
(他6名)
Variation in abscisic acid responsiveness at the early seedling stage is related to line differences in seed dormancy and in expression of genes involved in abscisic acid responses in common wheat
普通系コムギの苗初期におけるアブシシン酸応答性の多様性は,種子休眠およびアブシシン酸応答性に関与する遺伝子発現の系統間差異に関連している
JOURNAL OF CEREAL SCIENCE 71巻 167-176 2016年
9月1日
2016 辻村 真衣
(他4名)
Mitochondrial genome sequences from wild and cultivated barley (Hordeum vulgare)
オオムギ(Hordeum vulgare)の野生種と栽培種のミトコンドリアゲノム配列
BMC genomics 17巻824号 2016年
10月
2016 塩尻 かおり
(他4名)
Geographic dialects in volatile communication between Sagebrush individuals
セージブラシ個人間の揮発性通信における地理的方言
Ecology. 97巻 2917-2924 2016年
11月
2016 永野 惇
(他34名)
Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory Ipomoea nil
日本のアサガオ(Ipomoea nil)のゲノム配列と解析
NATURE COMMUNICATIONS 7巻 13295 2016年
11月
2016 永野 惇
(他4名)
RNA-Seq reveals virus-virus and virus-plant interactions in nature
RNA-Seqは自然界におけるウイルス-ウイルス間とウイルス-植物間の相互作用を明らかにする
FEMS MICROBIOLOGY ECOLOGY 92巻11号 2016年
11月
2016 浅水 恵理香
(他33名)
Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory Ipomoea nil
アサガオのゲノム解読と解析
Nature Communications 7巻 13295 2016年
11月
2016 竹中 祥太朗
(他2名)
Cytoplasmic diversity affecting submergence stress responses in wheat
コムギの冠水ストレス応答に影響を及ぼす細胞質多様性
GENES & GENETIC SYSTEMS 91巻6号 378-378 2016年
12月
2016 塩尻 かおり
(他2名)
Oviposition of diamondback moth Plutella xylostella females is affected by herbivore-induced plant volatiles that attract the larval parasitoid Cotesia vestalis
ダイヤモンドバックガのプルテラキシロステラメスの卵位は、幼虫寄生コテシア前庭を引き付ける草食動物誘発性植物揮発性物質の影響を受ける
Arthropod Plant Interaction.DOI: 10.1007/s11829-016-9484-2 2016年
12月
2016 永野 惇
(他8名)
RAD-Seq analysis of typical and minor Citrus accessions, including Bhutanese varieties
ブータン産品種を含む代表的なシトラス属とマイナーなシトラス属のRAD-Seq解析
BREEDING SCIENCE 66巻5号 797-807 2016年
12月
2016 打本 弘祐
(他7名)
龍谷大学図書館所蔵の真宗古文献の翻刻・研究
龍谷大学仏教文化研究所紀要 55巻 95-210 2016年
2015 小野木 章雄
(他6名)
Exploring the areas of applicability of whole-genome prediction methods for Asian rice (Oryza sativa L.)
アジア栽培米に対する全ゲノム予測手法の適用可能性領域を探る
THEORETICAL AND APPLIED GENETICS 128巻1号 41-53 2015年
1月
2015 島 純
(他1名)
Stress Tolerance of Baker’s Yeast During Bread-Making Processes
製パンプロセスにおける環境ストレス
Stress Biology of Yeasts and Fungi 23−42 2015年
1月
2015 島 純
(他1名)
Environmental Stresses to Which Yeast Cells Are Exposed During Bioethanol Production from Biomass
バイオエタノール製造プロセスにおける環境ストレス
Stress Biology of Yeasts and Fungi 93−106 2015年
1月
2015 吉山 洋子, 島 純
(他4名)
Trehalose accumulation enhances tolerance of Saccharomyces cerevisiae to acetic acid
サッカロミセスセレビシエの細胞内トレハロース集積による酢酸耐性の増強効果
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING 119巻2号 172-175 2015年
2月
2015 竹中 祥太朗
(他5名)
Allelic diversity of puroindoline genes at the Ha locus in the core-collection of hexaploid wheat accessions conserved by NBRP-Wheat
NBRP-コムギで系統保存されている6倍性コムギコアコレクション系統のHa遺伝子座におけるピュロインドリン遺伝子のアレル多様性
JOURNAL OF CEREAL SCIENCE 71巻 167-176 2015年
3
2015 永野 惇
(他8名)
Microbial communities on flower surfaces act as signatures of pollinator visitation.
花の表面上の微生物群集は、送粉者の訪花の痕跡として機能する
SCIENTIFIC REPORTS 5巻 8695 2015年
3月
2015 島 純
(他4名)
Isolation and characterization of psychrotolerant endospore-forming Sporosarcina species associated with minced fish meat (surimi).
魚肉のひき肉(surimi)に関連する精神耐性エンドスポア形成のスポロサルシナ種の単離および特徴付け
INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY 199巻 15-22 2015年
4月
2015 島 純
(他5名)
Direct ethanol production from starch using a natural isolate, Scheffersomyces shehatae: Toward consolidated bioprocessing.
天然単離を用いたデンプンからの直接エタノール生産、シェッフェルソミセスシェハタエ:統合バイオプロセシングに向けて
SCIENTIFIC REPORTS 5巻 9593 2015年
4月
2019 辻村 真衣
(他6名)
Multichromosomal structure of the onion mitochondrial genome and a transcript analysis
マルチクロモソーム構造を示すタマネギミトコンドリアゲノムと転写物解析
Mitochondrion 46巻 179-186 2019年
5月
2015 奥野 哲郎
(他7名)
Phosphatidic acid produced by phospholipase D promotes RNA replication of a plant RNA virus
ホスホリパーゼDによって産生されるホスファチジン酸は、植物RNAウイルスのRNA複製を促進する
PLOS PATHOGENS 11巻5号 2015年
5月
2015 小野木 章雄
(他3名)
A Ranking Approach to Genomic Selection
ゲノミックセレクションへのランキングアプローチ
PLOS ONE 10巻6号 e0128570 2015年
6月
2015 永野 惇
(他 10名)
A Genome Scan for Genes Underlying Microgeographic-Scale Local Adaptation in a Wild Arabidopsis Species
シロイヌナズナ野生種の微小な地理学的規模の局所適応を支える遺伝子のゲノムスキャン
PLoS Genetics 11巻7号 e1005361 2015年
7月
2015 塩尻 かおり
(他5名)
Cry-wolf signals emerging from coevolutionary feedbacks in a tritrophic system
コストのフランワークにおけるキャベツ白蝶のオビポジション好みと、特異性草食動物関連の利点
Proc. R. Soc. 2015年
9月
2015 原田 賢
(他5名)
Colletotrichum orbiculare FAM1 Encodes a Novel Woronin Body-Associated Pex22 Peroxin Required for Appressorium-Mediated Plant Infection
オロニン小体に関わるペルオキシンpex22をコードするウリ類炭疽病菌FAM1は 付着器を介した宿主感染に必要である
MBIO 6巻5号 e01305-15 2015年
9月
2015 永野 惇
(他 9名)
An 'omics' based approach to the pathogenic mechanism of pine wilt disease.
松枯れ病の発症メカニズムへのオミクスベースのアプローチ
Journal of Nematology 47巻3号 271 2015年
9月
2015 山形 裕士
(他8名)
Functional characterization of CYP1A9 and CYP1C1 from Anguillus japonica
ニホンウナギのCYP1A9およびCYP1C1の機能特性
ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND PHARMACOLOGY 40巻2号 360-368 2015年
9月
2015 小野木 章雄
(他8名)
Whole-genome prediction of fatty acid composition in meat of Japanese Black cattle
黒毛和種の食肉中における脂肪酸組成の全ゲノム予測
ANIMAL GENETICS 46巻5号 557-559 2015年
10月
2015 塩尻 かおり
(他3名)
Airborne sgnals of communication in sagebrush: Apharmacological approach
セージブラシにおける通信の空中スニャル:薬理学的アプローチ
Plant signal 2015年
11月
2015 山形 裕士
(他9名)
Point mutation of cytochrome P450 2A6 (a polymorphic variant CYP2A6.25) confers newsubstrate specificity towards flavonoids
シトクロムP450 2A6(多型変異体CYP2A6.25)の点突然変異は、フラボノイドに対する新しい基質特異性を与える
BIOPHARMACEUTICS & DRUG DISPOSITION 36巻8号 552-563 2015年
11月
2015 塩尻 かおり
(他2名)
Oviposition preference of cabbage white butterflies in the framwork of costs and benefits of interspecific herbivore association
コストのフランワークにおけるキャベツ白蝶のオビポジション好みと、特異性草食動物関連の利点
Royal society open science2: 150524. 2015年
11月
2015 永野 惇
(他2名)
Noise-plasticity correlations of gene expression in the multicellular organism Arabidopsis thaliana.
多細胞生物シロイヌナズナにおける遺伝子発現のNoise-plasticity相関の解明
JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY 387巻 13-22 2015年
12月
2015 永野 惇
(他5名)
Transcriptome Analysis of Plant Hormone-Related Tomato (Solanum lycopersicum) Genes in a Sunlight-Type Plant Factory.
太陽光型植物工場におけるトマトの植物ホルモン関連遺伝子のトランスクリプトーム解析
PLOS ONE 10巻12号 e0143412 2015年
12月
2015 永野 惇
(他 2名)
Noise-plasticity correlations of gene expression in the multicellular organism Arabidopsis thaliana
多細胞生物シロイヌナズナの遺伝子発現のNoise-plasticity相関
JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY 387巻 13-22 2015年
12月
2015 塩尻 かおり
(他3名)
Intermittent exposure to traces of green leaf volatiles triggers the production of (Z)-3-hexen-1-yl acetate and (Z)-3-hexen-1-ol in exposed plants
緑色の葉揮発性物質の痕跡への断続的な暴露は、露出した植物における(Z)-3-ヘクセン-1-イル酢酸塩および(Z)-3-ヘクセン-1-olの産生を引き起こす
Plant Signaling & Behavior 2015年
12月
2015 永野 惇
(他12名)
High-throughput linkage mapping of Australian white cypress pine (Callitris glaucophylla) and map transferability to related species
オーストラリア産オーストラリアヒノキ(Callitris glaucophylla)のハイスループット連鎖マッピングと近縁種への地図の移植性
TREE GENETICS & GENOMES 11巻6号 2015年
12月
2015 永野 惇
(他4名)
Detection of plant viruses in natural environments by using RNA-Seq.
RNA-Seqを用いた自然環境中の植物ウイルスの検出
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1236巻 89-98 2015年

Request Information

資料請求