Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

研究業績

生命科学科

著者 論文名 雑誌名 巻・号 ページ 発行
年月
2023 永野 惇 (他6名) The evolutionary history of rice azaleas ( Rhododendron tschonoskii alliance) involved niche evolution to a montane environment イネツツジ ( Rhododendron tschonoskii Alliance) の進化の歴史には、山地環境へのニッチ進化が含まれていました American Journal of Botany 110巻4号 e16166 2023年4月19日
2023 永野 惇 (他9名) The detailed population genetic structure of the rare endangered latid fish akame Lates japonicus with extremely low genetic diversity revealed from single-nucleotide polymorphisms 遺伝的多様性が極めて低い希少な絶滅危惧魚類アカメLates japonicusの一塩基多型から明らかになった集団遺伝構造の詳細 Conservation Genetics 2023年4月17日
2023 永野 惇 (他7名) Genetic architectures of postmating isolation and morphology of two highly diverged rockfishes (genus Sebastes) 高度に分岐した 2 種類のメバル (セバステス属) の交配後の分離と形態の遺伝的構造 Journal of Heredity 2023年2月10日
2023 島 純(他3名) Emergence of [GAR+ ] cells in yeast from sake brewing affects the fermentation properties. 日本酒造りにおける酵母の「 GAR + 」細胞の出現が発酵特性に影響を与える Yeast (Chichester, England) 40巻3-4号 134-142 2023年2月8日
2023 永野 惇 (他6名) Single-Cell RNA Sequencing of Arabidopsis Leaf Tissues Identifies Multiple Specialized Cell Types: Idioblast Myrosin Cells and Potential Glucosinolate-Producing Cells シロイヌナズナの葉組織の単一細胞 RNA シーケンスにより、複数の特殊な細胞タイプが特定される: 特異点細胞ミロシン細胞および潜在的なグルコシノレート産生細胞 Plant and Cell Physiology 64巻2号 234-247 2023年2月
2023 永野 惇 (他11名) Apoplast-localized β-Glucosidase Elevates Isoflavone Accumulation in the Soybean Rhizosphere. アポプラスト局在β-グルコシダーゼは大豆根圏におけるイソフラボンの蓄積を増加させる Plant & cell physiology 2023年1月31日
2023 永野 惇 (他4名) Identification of Novel Quantitative Trait Loci for Culm Thickness of Rice Derived from Strong-Culm Landrace in Japan, Omachi 日本産雄町強稈在来種由来イネ稈厚の新規量的形質遺伝子座の同定 Rice 16巻1号 2023年1月27日
2023 小野木 章雄(他1名) 育種ヒストリカルデータを用いたダイズ発育モデルの構築とパラメータ最適化手法の比較 日本作物学会紀事 92巻1号 28-40 2023年1月5日
2023 永野 惇 (他5名) Physiological and morphological factors affecting leaf sheath reinforcement and their contribution to lodging resistance in rice イネの葉鞘強化に影響を与える生理学的および形態学的要因とそれらの耐倒伏性への寄与 Plant Production Science 1-17 2023年1月1日
2023 土岐 精一 (他8名) Genome editing by introduction of Cas9/sgRNA into plant cells using temperature-controlled atmospheric pressure plasma. 温度制御された大気圧プラズマを用いた植物細胞へのCas9/sgRNA導入によるゲノム編集 PloS one 18巻2号 e0281767 2023年
2022 永野 惇 (他6名) Effects of fruit dimorphism on genetic structure and gene flow in the coastal shrub Scaevola taccada 沿岸低木Scaevola taccadaの遺伝子構造と遺伝子流動に対する果実二形性の影響 Annals of Botany 2022年12月19日
2022 別役 重之(他3名) A Continuous Extension of Plant Biotic Interactions Research. 植物生物相互作用研究の継続的拡張 Plant & cell physiology 63巻10号 1321-1323 2022年10月31日
2022 別役 重之(他1名) In vivo Imaging Enables Understanding of Seamless Plant Defense Responses to Wounding and Pathogen Attack. In vivoイメージングにより、傷害や病原体の攻撃に対するシームレスな植物防御反応の理解が可能になります Plant & cell physiology 63巻10号 1391-1404 2022年10月31日
2022 土岐 精一 (他5名) SUPPRESSOR OF GAMMA RESPONSE 1 plays rice-specific roles in DNA damage response and repair サプレッサー オブ ガンマ レスポンス 1 は、DNA 損傷応答と修復においてイネ特有の役割を果たします Plant Physiology 2022年10月22日
2022 永野 惇 (他7名) Transcriptome dynamics of rice in natura : Response of above and below ground organs to microclimate 自然界におけるイネのトランスクリプトームダイナミクス: 微気候に対する地上器官と地下器官の応答 Plant, Cell & Environment 2022年9月27日
2022 永野 惇 (他7名) 野外トランスクリプトームによるイネ個葉光合成速度予測モデルの改良と検証 日本作物学会講演会要旨集 254巻 116 2022年9月18日
2022 永野 惇 (他5名) Inbreeding depression in yield-related traits revealed by high-throughput sequencing in hexaploid persimmon breeding populations 六倍体カキ育種集団におけるハイスループットシーケンスによって明らかにされた収量関連形質の近親交配抑制 EUPHYTICA 218巻9号 2022年9月
2022 永野 惇 (他5名) Diversity of sex chromosomes in Sulawesian medaka fishes. スラウェシメダカの性染色体の多様性 Journal of evolutionary biology 2022年8月21日
2022 永野 惇、別役 重之(他5名) DeLTa-Seq: direct-lysate targeted RNA-Seq from crude tissue lysate. DeLTa-Seq: 粗組織ライセートからの直接ライセートをターゲットとした RNA-Seq Plant methods 18巻1号 99 2022年8月6日
2022 浅水 恵理香・岩堀 英晶 (他1名) A rapid method of DNA detection in field soil infested by the beet cyst nematode, Heterodera schachtii ビートシスト線虫、ヘテロデラ・シャクティイが寄生する畑の土壌におけるDNA検出の迅速な方法 Nematological Research 2022年8月
2022 永野 惇 (他4名) An efficient early‐pooling protocol for environmental DNA metabarcoding 環境 DNA メタバーコーディングのための効率的な初期プーリング プロトコル Environmental DNA 2022年7月5日
2022 永野 惇 (他5名) PepYLCIV and PepYLCAV resistance gene Pepy-2 encodes DFDGD-Class RNA-dependent RNA polymerase in Capsicum. PepYLCIVおよびPepYLCAV耐性遺伝子Pepy -2は、 CapsicumのDFDGDクラスRNA依存性RNAポリメラーゼをコードします TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik 2022年6月2日
2022 島 純 クラフトビール醸造を介した地域産業振興に関する 研究・教育活動 2022年6月
2022 永野 惇 (他13名) Visualization of phosphorus re-translocation and phosphate transporter expression profiles in a shortened annual cycle system of poplar. ポプラの短縮された年間サイクルシステムにおけるリンの再転座とリン酸トランスポーターの発現プロファイルの可視化 Plant, cell & environment 45巻6号 1749-1764 2022年6月
2022 永野 惇 (他5名) Microevolution of Pieris butterfly genes involved in host plant adaptation along a host plant community cline. 宿主植物群落クラインに沿った宿主植物の適応に関与するモンシロチョウ遺伝子の微小進化 Molecular ecology 31巻11号 3083-3097 2022年6月
2022 永野 惇 (他10名) Genetic basis for the evolution of pelvic-fin brooding, a new mode of reproduction, in a Sulawesian fish. スラウェシアン魚における新しい繁殖様式である骨盤鰭の陰気な進化の遺伝的基盤 Molecular ecology 2022年5月31日
2022 永野 惇 (他6名) Fillable and Unfillable Gaps in Plant Transcriptome under Field and Controlled Environments. 野外および管理された環境下での植物トランスクリプトームの充填可能および充填不可能なギャップ Plant, cell & environment 2022年5月24日
2022 小野木 章雄 (他1名) An R package VIGoR for joint estimation of multiple linear learners with variational Bayesian inference. 変分ベイズ推定による複数の線形学習者の共同推定のためのRパッケージVIGoR Bioinformatics (Oxford, England) 2022年5月16日
2022 永野 惇 (他8名) Deeply divergent freshwater fish species within a single river system in central Sulawesi. スラウェシ中央部の単一の河川系内の深く分岐した淡水魚種 Molecular phylogenetics and evolution 173巻 107519 2022年5月13日
2022 永野 惇 (他3名) Effects of Observed Incubation Behavior on Egg Production in Laying Hens of a Commercial Chicken Breed and Detection of Single-Nucleotide Polymorphisms Associated with the Incubation Behavior. 観察された孵卵行動が市販のニワトリ品種の産卵鶏における産卵に及ぼす影響および孵卵行動に関連する一塩基多型の検出 The journal of poultry science 59巻2号 121-128 2022年4月25日
2022 永野 惇 (他3名) The basic leucine zipper transcription factor OsbZIP83 and the glutaredoxins OsGRX6 and OsGRX9 facilitate rice iron utilization under the control of OsHRZ ubiquitin ligases. 基本的なロイシンジッパー転写因子OsbZIP83とグルタレドキシンOsGRX6およびOsGRX9は、OsHRZユビキチンリガーゼの制御下で米鉄の利用を促進します The Plant journal : for cell and molecular biology 2022年4月11日
2022 土岐 精一(他2名) Genome Editing Technology and Its Application to Metabolic Engineering in Rice. イネのゲノム編集技術とその代謝工学への応用 Rice (New York, N.Y.) 15巻1号 21 2022年4月2日
2022 永野 惇 (他6名) Hydrometeorology for plant omics: Potential evaporation as a key index for transcriptome in rice 植物オミクスの水文気象学:イネのトランスクリプトームの重要な指標としての蒸発の可能性 ENVIRONMENTAL AND EXPERIMENTAL BOTANY 196巻 2022年4月
2022 永野 惇 (他4名) Phylogeography of a canopy-forming kelp, Eisenia bicyclis (Laminariales, Phaeophyceae), based on a genome-wide sequencing analysis. ゲノムワイドシーケンシング分析に基づく、キャノピー形成コンブ、Eisenia bicyclis (アラメ、褐藻)の系統地理学 Journal of phycology 58巻2号 318-329 2022年4月
2022 別役 重之(他16名) Mechanosensory trichome cells evoke a mechanical stimuli-induced immune response in Arabidopsis thaliana. メカノ感覚三丁目細胞は、シロイヌナズナの機械的刺激誘発免疫応答を呼び起こす Nature communications 13巻1号 1216 2022年3月8日
2022 永野 惇 (他5名) Genetic Diversity of Loquat (Eriobotrya Japonica) Revealed Using RAD-Seq SNP Markers RAD-Seq SNPマーカーを用いて明らかにされたビワ(Eriobotrya Japonica )の遺伝的多様性 2022年2月15日
2022 小野木 章雄 (他20名) Integration of Genomics with Crop Modeling for Predicting Rice Days to Flowering: A Multi-Model Analysis 開花までのイネの日数を予測するためのゲノミクスと作物モデリングの統合:マルチモデル分析 FIELD CROPS RESEARCH 276巻 2022年2月
2022 永野 惇 (他9名) Identification of QTLs conferring resistance to begomovirus isolate of PepYLCIV in Capsicum chinense CapsicumchinenseにおけるPepYLCIVのベゴモウイルス分離株に対する耐性を付与するQTLの同定 EUPHYTICA 218巻2号 2022年2月
2022 別役 重之(他5名) Root-specific CLE3 expression is required for WRKY33 activation in Arabidopsis shoots. シロイヌナズナにおけるWRKY33活性化には根特異的CLE3発現が必要である Plant molecular biology 108巻3号 225-239 2022年2月
2022 浅水 恵理香 (他14名) A Chimeric TGA Repressor Slows Down Fruit Maturation and Ripening in Tomato キメラTGAリプレッサーはトマトの果実の成熟と成熟を遅らせる Plant and Cell Physiology 63巻1号 120-134 2022年1月24日
2022 古本 強(他11名) CFI 25 Subunit of Cleavage Factor I is Important for Maintaining the Diversity of 3ʹ UTR Lengths in Arabidopsis thaliana (L.) Heynh. 切断因子 I の CFI 25 サブユニットは、シロイヌナズナにおける 3' UTR 長の多様性を維持するために重要です(L.) Heynh。 Plant and Cell Physiology 63巻3号 369-383 2022年1月7日
2022 島 純 (他8名) Lentilactobacillus buchneri domination during the fermentation of Japanese traditional fermented fish (funazushi) 日本の伝統的な発酵魚(鮒ずし)の発酵中のLentilactobacillus buchneri優勢 Food Science and Nutrition 2022年
2022 永野 惇 (他10名) Effect of differences in light source environment on transcriptome of leaf lettuce (Lactuca sativa L.) to optimize cultivation conditions. 栽培条件を最適化するためのリーフレタス( Lactuca sativa L.)のトランスクリプトームに対する光源環境の違いの影響 PloS one 17巻3号 e0265994 2022年
2021 土岐 精一(他22名) Plant genome engineering from lab to field-a Keystone Symposia report. ラボからフィールドへの植物ゲノム工学—KeystoneSymposiaレポート Annals of the New York Academy of Sciences 1506巻1号 35-54 2021年12月
2022 永野 惇 (他10名) Genomic Basis of Transcriptome Dynamics in Rice under Field Conditions. 野外条件下でのイネのトランスクリプトームダイナミクスのゲノム基盤 Plant & cell physiology 62巻9号 1436-1445 2021年11月17日
2022 永野 惇 (他13名) Do colour-morphs of an amphidromous goby represent different species? Taxonomy of Lentipes (Gobiiformes) from Japan and Palawan, Philippines, with phylogenomic approaches 両生類のハゼのカラーモーフは異なる種を表していますか?日本とフィリピンのパラワンからのレンチペス(ハゼ目)の分類法、系統発生学的アプローチ SYSTEMATICS AND BIODIVERSITY 19巻8号 1080-1112 2021年11月
2022 永野 惇 (他11名) Phylogeography of the East Asian grassland plant, Viola orientalis (Violaceae), inferred from plastid and nuclear restriction site-associated DNA sequencing data. 色素体および核制限部位に関連するDNA配列データから推測される東アジアの草地植物Violaorientalis (スミレ科)の系統地理学 Journal of plant research 134巻6号 1181-1198 2021年11月
2021 永野 惇 (他7名) Gudgeon fish with and without genetically determined countershading coexist in heterogeneous littoral environments of an ancient lake 古代湖の不均一な沿岸環境では、遺伝的に決定されたカウンターシェーディングがある場合とない場合のガジョン魚が共存しています Ecology and Evolution 11巻19号 13283-13294 2021年10月
2022 永野 惇 (他7名) Author Correction: Mating system evolution and genetic structure of diploid sexual populations of Cyrtomium falcatum in Japan. 著者の訂正:日本のCyrtomiumfalcatumの二倍体性集団の交配システムの進化と遺伝的構造 Scientific reports 11巻1号 19132 2021年9月21日
2021 永野 惇 (他8名) Quantitative trait loci for growth-related traits in Japanese quail (Coturnix japonica) using restriction-site associated DNA sequencing. 制限部位関連DNA配列決定を用いたウズラ( Coturnix japonica )の成長関連形質の量的形質遺伝子座 Molecular genetics and genomics : MGG 296巻5号 1147-1159 2021年9月
2021 永野 惇 (他4名) Selection of transcripts related to low-temperature tolerance using RNA sequencing from F2 plants between japonica and indica rice (Oryza sativa L.) cultivars. ジャポニカとインディカ米(Oryza sativa L.)品種間のF2植物からのRNAシーケンシングを使用した低温耐性に関連する転写産物の選択 Functional plant biology : FPB 48巻10号 984-993 2021年9月
2021 永野 惇 (他5名) A recessive gene pepy-1 encoding Pelota confers resistance to begomovirus isolates of PepYLCIV and PepYLCAV in Capsicum annuum. ペロタをコードする劣性遺伝子pepy-1は、トウガラシ属のPepYLCIVおよびPepYLCAVのベゴモウイルス分離株に対する耐性を付与します TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik 134巻9号 2947-2964 2021年9月
2022 永野 惇 (他2名) Mapping of quantitative trait loci underlying a magic trait in ongoing ecological speciation. 進行中の生態学的種分化における魔法の形質の根底にある量的形質遺伝子座のマッピング BMC genomics 22巻1号 615 2021年8月12日
2021 永野 惇 (他7名) Artificial mimicry of seasonal transcriptome dynamics in Arabidopsis thaliana reveals short- and long-term responses to environmental conditions シロイヌナズナの季節的​​トランスクリプトームダイナミクスの人工的模倣は、環境条件に対する短期的および長期的な応答を明らかにします 2021年8月2日
2021 永野 惇 (他6名) Fillable and Unfillable Gaps in Rice Transcriptome under Field and Controlled Environments 野外および管理された環境下でのイネトランスクリプトームの充填可能および充填不可能なギャップ 2021年8月2日
2022 永野 惇 (他3名) Genetic structure of Pacific crown-of-thorns starfish (Acanthaster cf. solaris) in southern Japan based on genome-wide RADseq analysis ゲノムワイドなRADseq分析に基づく日本南部の太平洋オニヒトデ( Acanthaster cf. solaris )の遺伝的構造 CORAL REEFS 40巻4号 1379-1385 2021年8月
2021 永野 惇 (他9名) Genome-wide RAD-Seq analysis revealed subpopulation structures of the pecan (Carya illinoinensis) germplasm collection and their relationship to geographical distribution patterns ゲノムワイドなRAD-Seq分析により、ピーカンナッツ(Carya illinoinensis)の遺伝資源コレクションの亜集団構造と地理的分布パターンとの関係が明らかになりました。 Acta Horticulturae 1318巻 177-183 2021年8月
2021 小野木 章雄 (他4名) Genomic prediction with non-additive effects in beef cattle: stability of variance component and genetic effect estimates against population size. 肉用牛における非相加効果によるゲノム予測:分散成分の安定性と個体群サイズに対する遺伝的効果の推定 BMC genomics 22巻1号 512 2021年7月7日
2021 永野 惇 (他9名) Resource partitioning is not coupled with assortative mating in sympatrically divergent ricefish in a Wallacean ancient lake. 資源の分配は、ウォラシアの古代湖で同所的に発散するメダカの同類交配とは結びついていない Journal of evolutionary biology 34巻7号 1133-1143 2021年7月
2021 永野 惇 (他6名) A spinach genome assembly with remarkable completeness, and its use for rapid identification of candidate genes for agronomic traits. 驚くべき完全性を備えたホウレンソウゲノムアセンブリ、および農業形質の候補遺伝子の迅速な同定のためのその使用 DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes 28巻3号 2021年6月25日
2021 永野 惇 (他6名) Phylogeographic analysis of Saxifraga fortunei complex (Saxifragaceae) reveals multiple origins of morphological and ecological variations in the Japanese Archipelago. Saxifraga fortunei複合体(ユキノシタ科)の系統地理学的分析により、日本列島における形態学的および生態学的変動の複数の起源が明らかになりました Molecular phylogenetics and evolution 107230 2021年6月13日
2021 永野 惇 (他16名) H3K27me3 demethylases alter HSP22 and HSP17.6C expression in response to recurring heat in Arabidopsis. H3K27me3デメチラーゼは、シロイヌナズナの繰り返しの熱に応じてHSP22とHSP17.6Cの発現を変化させます Nature communications 12巻1号 3480 2021年6月9日
2021 永野 惇 (他11名) Combination of genetic analysis and ancient literature survey reveals the divergence of traditional Brassica rapa varieties from Kyoto, Japan. 遺伝子解析と古代文学調査の組み合わせは、日本の京都から の伝統的なアブラナ属の品種の相違を明らかにします Horticulture research 8巻1号 132 2021年6月1日
2021 永野 惇 (他4名) Relationship between gene regulation network structure and prediction accuracy in high dimensional regression. 高次元回帰における遺伝子調節ネットワーク構造と予測精度の関係 Scientific reports 11巻1号 11483 2021年6月1日
2021 永野 惇 (他11名) Speciation along a latitudinal gradient: The origin of the Neotropical cycad sister pair Dioon sonorense-D. vovidesii (Zamiaceae). 緯度勾配に沿った種分化:新熱帯区のソテツ姉妹ペアDioon sonorense – D. vovidesii(ザミア科)の起源 Ecology and evolution 11巻11号 6962-6976 2021年6月
2021 永野 惇 (他4名) Using a two-stage convolutional neural network to rapidly identify tiny herbivorous beetles in the field 2段階の畳み込みニューラルネットワークを使用して、野外で小さな草食性の甲虫を迅速に識別します 2021年5月29日
2021 永野 惇 (他14名) Geographic and subsequent biotic isolations led to a diversity anomaly of section Heterotropa (genus Asarum : Aristolochiaceae) in insular versus continental regions of the Sino‐Japanese Floristic Region 地理的およびその後の生物的分離により、日中植物区の島嶼地域と大陸地域で、セクションHeterotropa (カンアオイ属:ウマノスズクサ科)の多様性異常が生じました。 Journal of Biogeography 2021年5月18日
2021 永野 惇 (他8名) Mapping of Quantitative Trait Loci Controlling Egg-Quality and -Production Traits in Japanese Quail (Coturnix japonica) Using Restriction-Site Associated DNA Sequencing. 制限部位関連DNA配列決定を用いたウズラ( Coturnix japonica ) の卵質および産卵形質を制御する量的形質遺伝子座のマッピング Genes 12巻5号 2021年5月13日
2021 永野 惇 (他8名) Phylogeographic and demographic modeling analyses of the multiple origins of the rheophytic goldenrod Solidago yokusaiana Makino. レオフィティクスゴールデンロッド・ソリダゴヨクサイアナ・マキノの複数の起源の系統地理学的および人口統計学的モデリング分析 Heredity 126巻5号 831-845 2021年5月
2021 永野 惇 (他4名) Evolutionary effects of geographic and climatic isolation between Rhododendron tsusiophyllum populations on the Izu Islands and mainland Honshu of Japan 伊豆諸島と本州本土におけるシャクナゲツジオフィラム群の地理的・気候的分離の進化的影響 HEREDITY 126巻5号 859-868 2021年5月
2021 永野 惇 (他8名) Field multi-omics analysis reveals a close association between bacterial communities and mineral properties in the soybean rhizosphere. フィールドマルチオミクス分析は、大豆根球における細菌群集と鉱物特性との密接な関連を明らかにする Scientific reports 11巻1号 8878 2021年4月23日
2022 永野 惇 (他8名) Genetic basis for variation in the number of cephalic pores in a hybrid zone between closely related species of goby, Gymnogobius breunigii and Gymnogobius castaneus 密接に関連するハゼの種、GymnogobiusbreunigiiとGymnogobiuscastaneusの間のハイブリッドゾーンにおける頭の毛穴の数の変動の遺伝的根拠 Biological Journal of the Linnean Society 133巻1号 143-154 2021年4月19日
2021 永野 惇 (他8名) Maintaining higher leaf photosynthesis after heading stage could promote biomass accumulation in rice. ヘディングステージ後に高葉光合成を維持することは、米のバイオマス蓄積を促進する可能性がある Scientific reports 11巻1号 7579 2021年4月7日
2021 別役 重之(他4名) Correction to: CLE2 regulates light-dependent carbohydrate metabolism in Arabidopsis shoots. 訂正:CLE2はシロイヌナズナのシュートの光依存性炭水化物代謝を調節します Plant molecular biology 2021年4月2日
2021 永野 惇 (他9名) Inferring historical survivals of climate relicts: the effects of climate changes, geography, and population-specific factors on herbaceous hydrangeas. 気候遺物の歴史的生存を推測する:気候変動、地理、および草本アジサイに及ぼす人口固有の要因の影響 Heredity 126巻4号 615-629 2021年4月
2021 永野 惇 (他3名) Neighbor GWAS: incorporating neighbor genotypic identity into genome-wide association studies of field herbivory. ネイバーGWAS:隣接遺伝子性アイデンティティを、細胞草牙のゲノムワイド関連研究に組み込む Heredity 126巻4号 597-614 2021年4月
2021 土岐 精一(他2名) Plant genome editing: ever more precise and wide reaching. 植物ゲノム編集:これまで以上に正確で広範囲に及ぶ The Plant journal : for cell and molecular biology 2021年3月17日
2021 永野 惇 (他2名) Iron deficiency-inducible peptide-coding genes OsIMA1 and OsIMA2 positively regulate a major pathway of iron uptake and translocation in rice. 鉄欠乏誘導性ペプチドコード遺伝子OsIMA1およびOsIMA2は、米における鉄取り込みおよび転位の主要経路を積極的に調節する Journal of experimental botany 72巻6号 2196-2211 2021年3月17日
2021 小野木 章雄 (他19名) OryzaGenome2.1: Database of Diverse Genotypes in Wild Oryza Species. OryzaGenome2.1:野生のOryza種の多様な遺伝子型のデータベース Rice (New York, N.Y.) 14巻1号 24 2021年3月4日
2021 永野 惇 (他11名) Genome editing reveals fitness effects of a gene for sexual dichromatism in Sulawesian fishes. ゲノム編集は、スラウェシア魚の性的二色性の遺伝子のフィットネス効果を明らかにする Nature communications 12巻1号 1350 2021年3月1日
2021 打本 弘祐(他2名) 宗教系病院における死亡した非信者患者及びその家族への宗教者によるケア 天理医療大学紀要 9巻1号 13-23 2021年3月
2021 打本 弘祐 教団主導型ビハーラにみるビハーラ僧の宗教的ケアー聞き取り調査を通して (深川宣暢教授定年退職記念特集號 : 親鸞と浄土仏教) 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies 143.144号 29-50 2021年3月
2021 土岐 精一(他2名) Precision genome editing in plants via gene targeting and subsequent break-induced single-strand annealing. 遺伝子ターゲティングとそれに続く切断誘導一本鎖アニーリングによる植物の精密ゲノム編集 Plant biotechnology journal 19巻3号 563-574 2021年3月
2021 土岐 精一(他5名) Agrobacterium T-DNA integration in somatic cells does not require the activity of DNA polymerase θ. 体細胞へのアグロバクテリウムT-DNAの組み込みは、DNAポリメラーゼθの活性を必要としません The New phytologist 229巻5号 2859-2872 2021年3月
2020 永野 惇 (他2名) Characterization of citrus leaf blotch virus from Nandina domestica 'Otafukunanten' ナンテンドメスティカ「オタフクナンテン」からのカンキツ葉斑点ウイルスの特性化 JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY 87巻2号 113-116 2021年3月
2021 永野 惇 (他7名) Fluorescent protein-based imaging and tissue-specific RNA-seq analysis of Arabidopsis hydathodes シロイヌナプシス・ヒダトホスドの蛍光タンパク質ベースのイメージングと組織特異的RNA-seq分析 JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY 72巻4号 1260-1270 2021年2月24日
2021 永野 惇 (他2名) Neighbor QTL: an interval mapping method for quantitative trait loci underlying plant neighborhood effects. 近隣QTL: 植物近傍効果の基になる定量的な形質遺伝子座の間隔マッピング法 G3 (Bethesda, Md.) 11巻2号 2021年2月9日
2021 永野 惇 (他7名) Mating system evolution and genetic structure of diploid sexual populations of Cyrtomium falcatum in Japan. 日本におけるシルトミウム・ファルカタムのジプロイド性集団の交配系の進化と遺伝的構造 Scientific reports 11巻1号 3124 2021年2月4日
2021 土岐 精一(他1名) A piggyBac-mediated transgenesis system for the temporary expression of CRISPR/Cas9 in rice. イネにおけるCRISPR/Cas9の一時的な発現のためのpiggyBacを介した導入システム Plant biotechnology journal 2021年2月2日
2021 竹中 祥太朗(他9名) High sensitivity of roots to salt stress as revealed by novel tip bioassay in wheat seedlings 小麦苗の新しい先端バイオアッセイによって明らかにされた塩ストレスに対する根の高い感受性 BIOTECHNOLOGY & BIOTECHNOLOGICAL EQUIPMENT 35巻1号 246-254 2021年1月
2021 永野 惇 (他6名) Integrative genomic phylogeography reveals signs of mitonuclear incompatibility in a natural hybrid goby population. 統合的なゲノム系統地理学は、天然のハイブリッドヤギ集団における有核非適合性の徴候を明らかにする Evolution; international journal of organic evolution 75巻1号 176-194 2021年1月
2021 小野木 章雄 (他6名) A Method for Identifying Environmental Stimuli and Genes Responsible for Genotype-by-Environment Interactions From a Large-Scale Multi-Environment Data Set. 大規模な複数環境データセットから、遺伝子型ごとの相互作用の原因となる環境刺激と遺伝子を特定する方法 Frontiers in genetics 12巻 803636-803636 2021年
2021 土岐 精一(他7名) Real-Time Monitoring of Key Gene Products Involved in Rice Photoperiodic Flowering. イネの光周性開花に関与する主要な遺伝子産物のリアルタイムモニタリング Frontiers in plant science 12巻 766450 2021年
2021 土岐 精一(他3名) Editorial: Targeted Genome Editing in Crops. 社説:作物における標的ゲノム編集 Frontiers in genome editing 3巻 757916 2021年
2021 土岐 精一(他14名) In planta Genome Editing in Commercial Wheat Varieties. 市販のコムギ品種におけるプランタゲノム編集 Frontiers in plant science 12巻 648841 2021年
2020 永野 惇 (他9名) Mitochondrial introgression by ancient admixture between two distant lacustrine fishes in Sulawesi Island. スラウェシ島の2つの遠い湖沼魚の間の古代の混合によるミトコンドリアの遺伝子移入 PloS one 16巻6号 e0245316 2021年
2021 永野 惇 (他6名) Analysis of Genetic Diversity and Population Structure of Orobanche foetida Populations From Tunisia Using RADseq. ラデセクを用いたチュニジア産オロバンチ胎児集団の遺伝的多様性と集団構造の解析 Frontiers in plant science 12巻 618245 2021年
2021 別役 重之(他4名) An Evolutionarily Conserved Coreceptor Gene Is Essential for CLAVATA Signaling in Marchantia polymorpha. 進化的に保存された補助受容体遺伝子は、ゼニゴケのCLAVATAシグナル伝達に不可欠です Frontiers in plant science 12巻 657548 2021年
2020 土岐 精一(他2名) Potato Virus X Vector-Mediated DNA-Free Genome Editing in Plants. 植物におけるジャガイモウイルスXベクターを介したDNAフリーのゲノム編集 Plant & cell physiology 61巻11号 1946-1953 2020年12月23日
2020 土岐 精一(他3名) Enhanced FnCas12a-Mediated Targeted Mutagenesis Using crRNA With Altered Target Length in Rice イネの標的長が変化したcrRNAを使用したFnCas12aを介した標的突然変異誘発の強化 Frontiers in Genome Editing 2巻 2020年12月14日
2020 打本 弘祐 医療施設における宗教的背景と宗教家の活動形態:質問紙による実態調査 16号 2020年12月 
2020 永野 惇(他4名) Publisher Correction: Seasonal plasticity and diel stability of H3K27me3 in natural fluctuating environments. 出版社の訂正:自然変動環境におけるH3K27me3の季節的可塑性とディール安定性 Nature plants 6巻12号 1508 2020年12月
2020 永野 惇(他6名) Pepper vein yellows virus 9: a novel polerovirus isolated from chili pepper in Indonesia. ペッパー静脈黄色ウイルス9:インドネシアの唐辛子から分離された新しいポレロウイルス。 Archives of virology 165巻12号 3017-3021 2020年12月
2020 土岐 精一(他2名) A Universal System of CRISPR/Cas9-Mediated Gene Targeting Using All-in-One Vector in Plants 植物でオールインワンベクターを使用したCRISPR/Cas9を介した遺伝子ターゲティングのユニバーサルシステム Frontiers in Genome Editing 2巻 2020年11月25日
2020 永野 惇(他9名) 日本列島で波状に生じたイトヨ属魚類の淡水進出 日本魚類学会年会講演要旨 20巻1号 143 2020年11月3日
2020 永野 惇(他3名) Genetic Architecture of Innate Fear Behavior in Chickens. ニワトリにおける自然の恐怖行動の遺伝的アーキテクチャ Behavior genetics 50巻6号 411-422 2020年11月
2020 永野 惇 (他6名) Diurnal metabolic regulation of isoflavones and soyasaponins in soybean roots. 大豆根におけるイソフラボンおよび大豆サポニンの日次代謝調節 Plant direct 4巻11号 e00286 2020年11月
2020 永野 惇(他6名) Quantitative Trait Locus Analysis in Squash (Cucurbita moschata) Based on Simple Sequence Repeat Markers and Restriction Site-Associated DNA Sequencing Analysis 簡易配列反復マーカーと制限部位関連DNAシーケンシング解析に基づくスカッシュ(カボチャタ・モシャータ)の定量的形質遺伝子座解析 Horticulturae 6巻4号 71 2020年10月22日
2020 永野 惇(他6名) Genomic predictions and genome-wide association studies based on RAD-seq of quality-related metabolites for the genomics-assisted breeding of tea plants. 茶植物のゲノム補助繁殖のための品質関連代謝産物のRAD-seqに基づくゲノム予測とゲノムワイド関連研究。 Scientific reports 10巻1号 17480 2020年10月15日
2020 浅水 恵理香 (他8名) The conserved brassinosteroid-related transcription factor BIM1a negatively regulates fruit growth in tomato 植物に保存されたブラシノステロイド関連転写因子BIM1aはトマトにおいて果実成長を負に制御する Journal of Experimental Botany 2020年10月
2020 土岐 精一(他4名) Simultaneous TALEN-mediated knockout of chrysanthemum DMC1 genes confers male and female sterility. TALENを介したキクDMC1遺伝子の同時ノックアウトは、男性と女性の不妊をもたらします Scientific reports 10巻1号 16165 2020年9月30日
2020 別役 重之(他4名) CLE2 regulates light-dependent carbohydrate metabolism in Arabidopsis shoots.  CLE2は、シロイヌナズナズナの芽における光依存性炭水化物代謝を調節する。 Plant molecular biology 2020年9月27日
2020 土岐 精一(他6名) Protocol for Genome Editing to Produce Multiple Mutants in Wheat. コムギで複数の変異体を生成するためのゲノム編集のプロトコル STAR protocols 1巻2号 100053 2020年9月18日
2020 永野 惇(他4名) Seasonal plasticity and diel stability of H3K27me3 in natural fluctuating environments. 自然変動環境におけるH3K27me3の季節性可塑性とディール安定性 Nature plants 6巻9号 1091-1097 2020年9月
2020 永野 惇(他13名) ニッチ保護主義は,メキシコにおけるソテツ Dioon merolae (Zamiaceae)の生態学的種形成を促進する 日本植物分類学会大会研究発表要旨集 227巻6号 1872-1884 2020年9月
2020 永野 惇 (他8名) Gene regulatory network and its constituent transcription factors that control nitrogen-deficiency responses in rice. イネの窒素欠乏応答を制御する遺伝子制御ネットワークとその構成転写因子の研究 The New phytologist 227巻 5号 1434-1452 2020年9月
2020 古本 強  Mechanical characteristics of buckwheat noodles made with blue-green alga, ishi-kurage (Nostoc commune Vauch.) 青緑色の藻類、石倉(ノストックコミューン・ヴォウチ)で作られたそばの機械的特徴 Fagopyrum 37巻2号 29-36 2020年9月
2020 永野 惇 (他8名) Genome-wide patterns of divergence and introgression after secondary contact between Pungitius sticklebacks. トゲウオ科トミヨ属間の二次接触後のゲノムワイドな多様化と浸透のパターン Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences 375巻1806号 20190548 2020年8月31日
2020 土岐 精一(他6名) I-SceI Endonuclease-Mediated Plant Genome Editing by Protein Transport through a Bacterial Type III Secretion System. I- SceIエンドヌクレアーゼを介した細菌のIII型分泌システムを介したタンパク質輸送による植物ゲノム編集 Plants (Basel, Switzerland) 9巻9号 2020年8月20日
2020 永野 惇 (他6名) Characterization of rhizome transcriptome and identification of a rhizomatous ER body in the clonal plant Cardamine leucantha. 基根植物カルダミンロイカンタにおける根茎転写体の特徴と根茎ER体の同定 Scientific reports 10巻1号 13291 2020年8月6日
2020 浅水 恵理香・岩堀 英晶(他2名) Root-knot nematode genetic diversity associated with host compatibility to sweetpotato cultivars サツマイモ栽培品種への宿主適合性に関連するネコブセンチュウの遺伝的多様性 Molecular Plant Pathology 21巻 8号 1088-1098 2020年8月
2020 永野 惇(他12名) A ddRAD-based population genetics and phylogenetics of an endangered freshwater fish from Japan 絶滅の危機に瀕している淡水魚のddRADベースの集団遺伝学と系統学 CONSERVATION GENETICS 21巻4号 641-652 2020年8月
2020 永野 惇 (他9名) Radiation history of Asian Asarum (sect. Heterotropa, Aristolochiaceae) resolved using a phylogenomic approach based on double-digested RAD-seq data. アジアのカンアオイ属(ウマノスズクサ科、カンアオイ節)の適応放散の、ddRAD-seqデータに基づいた系統学的解析 Annals of botany 126巻 2号 245 - 260 2020年7月24日  
2020 別役 重之(他16名) An Artificial Conversion of Roots into Organs with Shoot Stem Characteristics by Inducing Two Transcription Factors. 2つの転写因子を誘導することによる、根から地上部茎の特性を有する器官への人工的な転換。 iScience  23巻7号 101332  2020年7月24日
2020 竹中 祥太朗 (他2名) Development of self-fertile deletion homozygous and ditelosomic lines for the long arm of chromosome 2A in common wheat 普通系コムギにおける自家和合性の2A染色体長腕欠失ホモ接合ダイテロソミック系統の開発 Genes & genetic systems 95巻 2号 95~99 2020年7月8日
2020 垣口 由香 <どこにもない場所>を生きるーー「あの薔薇を見てよ」における場所の狂い、ファンタジー、そして無 エリザベス・ボウエンーー二十世紀の深部をとらえる文学 彩流社 183-200  2020年7月
2020 永野 惇 (他5名) Genetic consequences of being a dwarf: do evolutionary changes in life-history traits influence gene flow patterns in populations of the world's smallest goldenrod? 矮小形であることの遺伝的帰結:生活史特性の進化的変化は、世界最小のアキノキリンソウの個体群における遺伝子流動パターンに影響を与えるか? Annals of botany  126巻 1号  163 - 177 2020年6月19日
2020 永野 惇 (他5名) Genetic analysis of body weight in wild populations of medaka fish from different latitudes. 緯度の異なるメダカの野生個体群における体重の遺伝学的解析 PloS one  15巻 6号 e0234803 2020年6月
2020 永野 惇 (他3名) Low-cost and Multiplexable Whole mRNA-Seq Library Preparation Method with Oligo-dT Magnetic Beads for Illumina Sequencing Platforms イルミナシーケンシングプラットフォーム用オリゴdT磁気ビーズを用いた低コストで多重化可能な全mRNA-Seqライブラリー調製法 Bio-protocol 10巻 12号  e3496 2020年6月
2020 別役 重之(他1名) 微生物・植物相互作用【特集 ERATO野村集団微生物制御プロジェクトについて~細菌の集団形成と社会性の創発~(前編)】  生物工学会誌 98巻6号 309 - 313 2020年6月
2020 塩尻 かおり(他8名) Evidence that ERF transcriptional regulators serve as possible key molecules for natural variation in defense against herbivores in tall goldenrod ERF転写調節因子が背の高いゴールデンロッドの草食動物に対する防御の自然な変化のための可能な重要な分子として機能するという証拠 SCIENTIFIC REPORTS 10巻1号 5352 2020年5月24日
2020 土岐 精一(他1名) Genome editing in rice. イネのゲノム編集 Rice (New York, N.Y.) 13巻1号 27 2020年5月14日
2020 永野 惇 (他14名) Niche conservatism promotes speciation in cycads: the case of Dioon merolae (Zamiaceae) in Mexico. ニッチ保存はソテツの種分化を促進する:メキシコのDioon merolae (Zamiaceae)の場合 The New phytologist  2020年5月11日
2020 永野 惇 (他5名) Repressive chromatin modification underpins the long-term expression trend of a perennial flowering gene in nature. 自然界における多年草開花遺伝子の長期的な発現傾向を支えるのは、抑制性のクロマチン修飾である Nature communications 11巻 1号  2065 - 2065 2020年5月1日
2020 小野木 章雄 (他8名) Dynamic effects of interacting genes underlying rice flowering-time phenotypic plasticity and global adaptation. イネ開花期の表現型可塑性と世界的な適応を支える遺伝子間の動的な効果 Genome research  30巻5号 673 - 683 2020年5月 
2020 土岐 精一(他10名) Allelic Mutations in the Ripening-Inhibitor Locus Generate Extensive Variation in Tomato Ripening. 成熟阻害剤遺伝子座 の対立遺伝子変異は、トマトの成熟に広範な変異を生じさせる Plant physiology 183巻1号 80-95 2020年5月
2020 永野 惇 (他2名) Neighbor QTL: an interval mapping method for quantitative trait loci underlying neighbor effects NeighborQTL: 隣接効果の基盤となる量的形質遺伝子座の間隔マッピング法 bioRxiv 2020年5月
2020 塩尻 かおり(他6名) Exposure to artificially damaged goldenrod volatiles increases saponins in seeds of field -grown soybean plants 人工的に損傷したゴールデンロッド揮発性への暴露は、フィールドの種子中のサポニンを増加させる - 成長大豆植物 PHYTOCHEMISTRY LETTERS 36巻  7-10 2020年4月
2020 土岐 精一(他5名) An In Vivo Targeted Deletion of the Calmodulin-Binding Domain from Rice Glutamate Decarboxylase 3 (OsGAD3) Increases γ-Aminobutyric Acid Content in Grains. イネのグルタミン酸デカルボキシラーゼ3( Os GAD3)からのカルモジュリン結合ドメインのinvivoでの標的欠失は穀粒のγ-アミノ酪酸含有量を増加させる Rice (New York, N.Y.) 13巻1号 20 2020年3月16日
2020 打本 弘祐 ビハーラ活動の現在 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies  141・142合併号 239-262 2020年3月
2020 島 純 (他2名) Lactobacillus curvatus Strains Specifically Show High Levels of Tolerance to Freeze-Thaw Stress Lactobacillus curvatusは高度な冷凍耐性を有する Journal of Applied Microbioogical Research 3巻 27-30 2020年3月 
2020 永野 惇 (他2名) Stacksbinder: online tool for visualizing and summarizing Stacks output to aid filtering of SNPs identified using RAD sequencing Stacksbinder: RADシーケンスを使用して特定されたSNPのフィルタリングを支援するためにStacksの出力を視覚化して要約するオンラインツール Conservation Genetics Resources 12巻1号 1-3 2020年3月
2020 竹中 祥太朗 (他2名) Variations in radioactive cesium accumulation in wheat germplasm from fields affected by the 2011 Fukushima nuclear power plant accident. 2011年福島原発事故の影響を受けた畑のコムギ種子における放射性セシウム蓄積のばらつき Scientific reports 10巻 1号 3744 2020年2月
2020 小野木 章雄 Connecting mathematical models to genomes: Joint estimation of model parameters and genome-wide marker effects on these parameters. 数理モデルをゲノムと結びつける:モデルパラメータとこれらパラメータに対するゲノムワイドマーカー効果の同時推定 Bioinformatics (Oxford, England)  36巻10号 3169-3176 2020年2月26日
2020 塩尻 かおり(他4名) Synchronous Occurrences of the Diamondback Moth (Lepidoptera: Plutellidae) and its Parasitoid Wasp Cotesia vestalis (Hymenoptera: Braconidae) in Greenhouses in a Satoyama Area ダイヤモンドバックモス(レピドプテラ:プルテリダエ)とその寄生虫ワスプコテシア・ヴェスタリス(ハイメノプテラ:ブラコニダ)の同期発生 ENVIRONMENTAL ENTOMOLOGY 49巻1号  10-14 2020年2月1日
2020 永野 惇 (他10名) Genet assignment and population structure analysis in a clonal forest-floor herb, Cardamine leucantha, using RAD-seq. RAD-seqを用いたクローン性林床草本コンロンソウの遺伝子配置と集団構造の解析 AoB PLANTS 12巻 1号 plz080  2020年2月
2020 永野 惇 (他6名) Seasonality of interactions between a plant virus and its host during persistent infection in a natural environment. 自然環境下での持続感染における植物ウイルスと宿主との相互作用の季節性 The ISME journal 14巻 2号 506-518 2020年2月
2020 別役 重之 The Rise of Evolutionary Molecular Plant-Microbe Interactions (EvoMPMI)  進化的分子植物-微生物相互作用(EvoMPMI)の台頭 Plant & cell physiology 61巻2号 223 - 224 2020年2月
2020 永野 惇 (他7名) Endoplasmic reticulum-derived bodies enable a single-cell chemical defense in Brassicaceae plants. アブラナ科植物ではER bodyが単細胞化学防御を可能にしている Communications biology 3巻 1号 21 - 21 2020年1月14日 
2020 塩尻 かおり(他1名) Within-plant signaling via volatiles in beech (Fagus crenata Blume) ブナの揮発性物質を介した植物内シグナリング(ファガスクレナタブルーム) JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS 15巻1号 50-53 2020年1月1日
2020 打本 弘祐 アメリカにおける臨床牧会教育と真宗僧侶 眞宗研究= The Shinshu kenkyu : Journal of Shinshu studies 64輯 103-112 2020年1月
2020 小野木 章雄 (他6名) Changes of sires in a breeding farm enables maintenance of DNA-level genetic variation in a produced herd of Hokkaido Native Horses. 北海道和種馬において繁殖牧場間での種牡馬の交換は生産牧場におけるDNAレベルでの遺伝的多様性の維持を可能にする Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho  91巻1号  e13318  2020年1月
2020 永野 惇 (他3名) Genomic and phenotypic consequences of two independent secondary contact zones between allopatric lineages of the anadromous ice goby Leucopsarion petersii. 溯河性シロウオ(Leucopsarion petersii)の同種系統間の2つの独立した二次接触帯のゲノムと表現型への影響 Heredity 124巻1号 223-235 2020年1月
2020 竹中 祥太朗(他9名) 8-1-2 圃場内における交換性カリ含量のばらつきの補正によるコムギの放射性セシウム蓄積性の品種間差異の解析(8-1 環境保全 2020年度岡山大会) 日本土壌肥料学会講演要旨集 66巻 120 2020年
2020 土岐 精一(他8名) Precise Genome Editing in miRNA Target Site via Gene Targeting and Subsequent Single-Strand-Annealing-Mediated Excision of the Marker Gene in Plants. 遺伝子ターゲティングを介したmiRNA標的部位での正確なゲノム編集とそれに続く植物におけるマーカー遺伝子の一本鎖アニーリングを介した切除 Frontiers in genome editing 2巻 617713 2020年
2020 永野 惇 (他10名) Genomic basis of transcriptome dynamics in rice under field conditions 野外条件下におけるイネのトランスクリプトーム動態のゲノム基盤 2020年
2019 永野 惇 (他5名) Identification of quantitative trait loci for increased α-tocopherol biosynthesis in wild soybean using a high-density genetic map. 高密度の遺伝子地図を用いた野生ダイズにおけるα-トコフェロール生合成増加の量的形質遺伝子座の同定 BMC plant biology 19巻 1号 510 2019年11月21日
2019 土岐 精一(他4名) A novel approach to carotenoid accumulation in rice callus by mimicking the cauliflower Orange mutation via genome editing. ゲノム編集を介してカリフラワーオレンジ突然変異を模倣することによるイネカルスにおけるカロテノイド蓄積への新しいアプローチ Rice (New York, N.Y.) 12巻1号 81 2019年11月12日
2019 永野 惇 (他7名) Construction of High-Resolution RAD-Seq Based Linkage Map, Anchoring Reference Genome, and QTL Mapping of the Sex Chromosome in the Marine Medaka Oryzias melastigma. インドメダカにおける、高分解能RAD-Seqに基づいた連鎖地図構築、参照ゲノムのアンカリング、性染色体のQTLマッピング G3 (Bethesda, Md.) 9巻 11号 3537 -3545 2019年11月5日
2019 永野 惇 (他3名) Neighbor GWAS: incorporating neighbor genotypic identity into genome-wide association studies of field herbivory on Arabidopsis thaliana Neighbor GWAS:シロイヌナズナの野外摂食に関するゲノムワイドな関連解析に隣接遺伝子型の同一性を組み込む bioRxiv 845735巻 2019年11月
2019 永野 惇 (他12名) High-yielding rice Takanari has superior photosynthetic response to a commercial rice Koshihikari under fluctuating light. 高収量イネ品種「タカナリ」は、変動光下で主要栽培品種「コシヒカリ」に比べて優れた光合成応答性を示す Journal of experimental botany 70巻 19号 5287-5297 2019年10月15日
2019 永野 惇 (他5名) New taxa of Rhododendron tschonoskii alliance (Ericaceae) from East Asia. 東アジアのコメツツジ(ツツジ科)近縁種の新しい分類群 PhytoKeys 134巻 97 - 114 2019年10月
2019 塩尻 かおり(他5名) Insect Herbivory Selects for Volatile-Mediated Plant-Plant Communication 揮発性媒介植物間通信用の昆虫用草食選択 CURRENT BIOLOGY  29巻18号 3128 2019年9月23日
2019 永野 惇 (他10名) Evidence for sympatric speciation in a Wallacean ancient lake. ウォレスの古代湖における同所的種分化の証拠 Evolution; international journal of organic evolution 73巻 9号 1898-1915 2019年9月
2019 古本 強 (他7名) In Vivo Phosphorylation: Development of Specific Antibodies to Detect the Phosphorylated PEPC Isoform for the C4 Photosynthesis in Zea mays トウモロコシC4光合成におけるリン酸化PEPCを特異的に認識する抗体を用いた生体内でのリン酸化程度の検出 Methods in Molecular Biology 217 - 240 2019年9月
2019 土岐 精一(他5名) An adenine base editor with expanded targeting scope using SpCas9-NGv1 in rice. イネにSpCas9-NGv1を使用してターゲティング範囲を拡大したアデニンベースエディター Plant biotechnology journal 17巻8号 1476-1478 2019年8月
2019 竹中 祥太朗・山本 涼平(他1名) パンコムギの冠水応答にみられるコムギ・エギロプス属細胞質の多様性 植物科学最前線 10巻 C号 203 -210 2019年7月16日
2019 別役 重之(他9名) Enrichment of Phosphatidylinositol 4,5-Bisphosphate in the Extra-Invasive Hyphal Membrane Promotes Colletotrichum Infection of Arabidopsis thaliana.  侵入菌糸嚢膜におけるホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸の濃縮は、シロイヌナズナへの炭疽病菌感染を促進する。 Plant & cell physiology 60巻7号 1514 - 1524  2019年7月1日
2019 永野 惇 (他3名) Genetic analysis of Taishu horses on and off Tsushima Island: Implications for conservation. 対馬島内外の対州馬の遺伝学的解析:保全への示唆 Journal of equine science 30巻 2号 33-40 2019年7月
2019 永野 惇 (他3名) A Survey on Plant Viruses in Natural Brassicaceae Communities Using RNA-Seq. 天然アブラナ科群集におけるRNA-Seqを用いた植物ウイルスに関する調査 Microbial ecology 78巻1号 113-121 2019年7月
2019 塩尻 かおり(他5名) Effects of trans-2-hexenal and cis-3-exenal on post-harvest strawberry 収穫後のイチゴに対するトランス2-ヘキセナルおよびシス-3-エクセクナルの影響 SCIENTIFIC REPORTS  9巻 10112号 2019年6月12日
2019 永野 惇 (他9名) Genomic reconstruction of 100 000-year grassland history in a forested country: population dynamics of specialist forbs. 森林に覆われた国における10万年草原史のゲノム再構成:スペシャリスト雑草の個体群動態 Biology letters 15巻 5号 20180577 2019年5月31日
2019 永野 惇 (他28名) A key metabolic gene for recurrent freshwater colonization and radiation in fishes. 魚類の回帰性淡水定着と放散の鍵を握る代謝遺伝子 Science (New York, N.Y.) 364巻 6443号 886-889 2019年5月31日
2019 永野 惇 (他3名) Lasy-Seq: a high-throughput library preparation method for RNA-Seq and its application in the analysis of plant responses to fluctuating temperatures. Lasy-Seq: RNA-Seqのためのハイスループットライブラリー調製法と植物の温度変動応答解析への応用 Scientific reports 9巻 1号 7091 2019年5月8日
2019 永野 惇 (他8名) Genetic Properties Responsible for the Transgressive Segregation of Days to Heading in Rice. イネの出穂までの日数の超越的な分離の原因となる遺伝的性質 G3 (Bethesda, Md.) 9巻 5号 1655 -1662 2019年5月7日
2019 小野木 章雄 (他5名) Development of a structural growth curve model that considers the causal effect of initial phenotypes. 初期の表現型の因果関係を考慮した構造成長曲線モデルの開発 Genetics, selection, evolution : GSE 51巻1号 19  2019年5月
2019 島 純 (他9名) Development of Novel Bread by Combining Seaweed Kappaphycus alvarezii from Sri Lanka and Saccharomyces cerevisiae Isolated from Nectarine 海藻と酵母の組み合わせよる新規パンの開発 ournal of Agricultural Science and Technology B 9巻5号 339−346 2019年5月
2019 辻村 真衣(他6名) Multichromosomal structure of the onion mitochondrial genome and a transcript analysis マルチクロモソーム構造を示すタマネギミトコンドリアゲノムと転写物解析 Mitochondrion 46巻  179 - 186 2019年5月
2019 辻村 真衣(他5名) Complete mitochondrial genome sequence of Brassica oxyrrhina and comparative analysis of the region containing orf108, a male sterility gene for mustard (Brassica juncea), among B. oxyrrhina, Diplotaxis erucoides and Sinapis species Brassica oxyrrhinaの全ミトコンドリアゲノム配列と、カラシナ(Brassica juncea)の雄性不稔遺伝子であるorf108を含む領域におけるB. oxyrrhinaとDiplotaxis erucoidesさらにSinapis種間における比較分析 Plant Breeding 138巻5号  614-623 2019年5月
2019 永野 惇 (他4名) Plant trichomes and a single gene GLABRA1 contribute to insect community composition on field-grown Arabidopsis thaliana. 野外で栽培されたシロイヌナズナの昆虫群集の構成には、植物トリコームと単一遺伝子GLABRA1が寄与する BMC plant biology 19巻 1号 163 2019年4月27日
2019 竹中 祥太朗 (他5名) Genetic dissection of grain morphology in hexaploid wheat by analysis of the NBRP-Wheat core collection. NBRP-コムギコアコレクション系統を対象とした6倍性コムギの種子形態を遺伝的に解剖する Genes & genetic systems 94巻 1号 35-49 2019年4月9日
2019 塩尻 かおり(他1名) Multifunctionality of herbivory-induced plant volatiles in chemical communication in tritrophic interactions 三栄養相互作用における化学通信における草牙誘発植物揮発性物質の多機能性 CURRENT OPINION IN INSECT SCIENCE 32巻 110-117 2019年4月
2019 島 純・吉山 洋子(他1名) Problem-Solving Exercise for Undergraduate Students Involving the Japanese Fermented Food Natto. 日本発酵食品納豆を含む学部生のための問題解決演習 Journal of microbiology & biology education 20巻1号 2019年4月
2019 土岐 精一(他3名) Targeted deletion of rice retrotransposon Tos17 via CRISPR/Cas9. CRISPR/Cas9を介したイネレトロトランスポゾンTos17の標的欠失 Plant cell reports 38巻4号 455-458 2019年4月
2019 打本 弘祐 親鸞における対象喪失(下)親鸞思想とグリーフケアとの接点を求めて 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies   139号  54 - 84 2019年3月
2019 島 純(他3名) 酵母を用いたバイオマスからの油脂生産 クリーンエネルギー 28巻3号 30-39 2019年3月
2019 土岐 精一(他11名) CYP 81A P450s are involved in concomitant cross‐resistance to acetolactate synthase and acetyl‐CoA carboxylase herbicides in Echinochloa phyllopogon CYP81A P450は、 Echinochloaphyllopogonのアセト乳酸シンターゼおよびアセチルCoAカルボキシラーゼ除草剤に対する同時交差耐性に関与しています。 New Phytologist 221巻4号 2112-2122 2019年3月
2019 永野 惇 (他5名) Publisher Correction: Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation. 出版社の訂正:自然環境における年周トランスクリプトーム動態から植物の季節適応を明らかにする Nature plants 5巻 3号 329 2019年3月
2019 永野 惇 (他6名) Quantitative trait loci mapping for the shear force value in breast muscle of F2 chickens. ニワトリのF2世代の胸筋における剪断力値の量的形質遺伝子座マッピング Poultry science 98巻 3号 1096-1101 2019年3月
2019 別役 重之(他5名) Automating measurements of fluorescent signals in freely moving plant leaf specimens  自由に動く植物葉サンプルの蛍光シグナルの測定を自動化する Plant Biotechnology 36巻1号 7 - 11 2019年3月
2019 島 純 (他4名) Characteristics of New Sourdough using Lactic Acid Bacteria and Wild Yeast 乳酸菌と野生酵母による新規サワー生地 Journal of Food Science and Nutrition Research 2巻 1号 001−012 2019年2月
2019 別役 重之(他2名) A Versatile Method for Mounting Arabidopsis Leaves for Intravital Time-lapse Imaging  生体タイムラプスイメージングのためのシロイヌナズナ葉の汎用的固定方法 Journal of visualized experiments : JoVE 144号 2019年2月  
2019 竹中 祥太朗 (他2名) Population structure and association analyses of the core collection of hexaploid accessions conserved ex situ in the Japanese gene bank NBRP-Wheat. 日本のジーンバンクNBRP-コムギで系統保存されている6倍性コムギコアコレクション系統の集団構造と関連解析 Genes & genetic systems 93巻 6号 237-254 2019年1月19日
2019 竹中 祥太朗 (他2名) Differential and interactive effects of cytoplasmic substitution and seed ageing on submergence stress response in wheat (Triticum aestivum L.) パンコムギ(Triticum aestivum L.)の冠水ストレス応答に対する細胞質置換と種子老化の影響の差異とその相互作用 Biotechnology & Biotechnological Equipment 33巻 1号 75-85 2019年1月1日
2019 島 純 (他6名) Effects of alkyl gallates, fatty acids, and acylglycerols on the growth of the psychrotolerant bacterium Sporosarcina sp. S92h アルキルガレートの効果, 脂肪酸, およびアシルグリセロールは、サイクロ耐性細菌の成長に, スポロスタルシナsp.S92h BIOCATALYSIS AND AGRICULTURAL BIOTECHNOLOGY 17号 294-298 2019年1月
2019 土岐 精一(他7名) Genome editing in plants by engineered CRISPR–Cas9 recognizing NG PAM NG PAMを認識する改変CRISPR–Cas9による植物のゲノム編集 Nature Plants 5巻1号 14-17 2019年1月
2019 永野 惇 (他6名) Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation. 自然環境における年周トランスクリプトーム動態から植物の季節適応を明らかにする Nature plants 5巻 1号   74 - 83  2019年1月  
2019 永野 惇 (他6名) Mutation in the putative ketoacyl-ACP reductase CaKR1 induces loss of pungency in Capsicum. putative ketoacyl-ACP reductase CaKR1の変異によりトウガラシは辛味を喪失する Theoretical and Applied Genetics   132巻 1号  65 - 80 2019年1月
2019 小野木 章雄 Comparison of F-tests for Univariate and Multivariate Mixed-Effect Models in Genome-Wide Association Mapping. ゲノムワイド関連マッピングにおける単変量及び多変量混合効果モデルのF検定の比較 Frontiers in genetics 10巻  30 2019年
2019 竹中 祥太朗 (他4名) Chromosome Arm Locations of Barley Sucrose Transporter Gene in Transgenic Winter Wheat Lines 遺伝子組換え冬コムギ系統におけるオオムギスクローストランスポーター遺伝子の染色体腕の位置 Frontiers in plant science 10号 548 2019年
2019 土岐 精一(他1名) Targeted Mutagenesis Using FnCpf1 in Tobacco. タバコでFnCpf1を使用した標的突然変異誘発 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1917巻 269-281 2019年
2019 永野 惇 (他7名) Transcriptional Variation in Glucosinolate Biosynthetic Genes and Inducible Responses to Aphid Herbivory on Field-Grown Arabidopsis thaliana. 屋外栽培のシロイヌナズナにおけるグルコシノレート生合成遺伝子の転写変異とアブラムシ食害に対する誘導性応答 Frontiers in genetics  10号  787  2019年
2019 永野 惇 (他10名) Characterization and quantitative trait locus mapping of late-flowering from a Thai soybean cultivar introduced into a photoperiod-insensitive genetic background. 日長非感受性の遺伝的背景に導入された、タイ産ダイズ品種の晩生化の特性評価と量的形質遺伝子座のマッピング PloS one  14巻 12号 e0226116 2019年  
2019 永野 惇 (他6名) Analyses of single nucleotide polymorphisms identified by ddRAD-seq reveal genetic structure of tea germplasm and Japanese landraces for tea breeding. ddRAD-seqにより同定された一塩基多型の解析はチャの遺伝的構造とチャの品種改良に関する日本の在来種を明らかにする PloS one 14巻 8号 e0220981 2019年
2019 古本 強・朝見 祐也・玉井 鉄宗(他5名) Mechanical characteristics of buckwheat noodles mixed with seaweed (fu-nori) 海藻(フノリ)添加蕎麦麺の物性解析 Fagopyrum 36巻1号 5 - 9  2019年
2019 別役 重之(他15名) A Novel Conversion of Roots into Organs with Shoot Stem Characteristics by Inducing Two Transcription Factors 2つの転写因子の誘導による根の茎特性を有する器官への新規変換 SSRN Electronic Journal 2019年
2018 別役 重之(他10名) A NIN-LIKE PROTEIN mediates nitrate-induced control of root nodule symbiosis in Lotus japonicus  NIN様タンパク質は、ミヤコグサにおける硝酸誘導性の根粒共生制御を媒介する Nature communications  9巻1号  499 2018年12月1日 
2018 竹中 祥太朗 (他2名) Genetic diversity of submergence stress response in cytoplasms of the Triticum-Aegilops complex. コムギ‐エギロプス属複合体の細胞質における冠水ストレス応答の遺伝的多様性 Scientific reports  8巻 1号 16267  2018年11月2日
2018 塩尻 かおり (他1名) Multifunctionality of herbivory-induced plant volatiles in chemical communication in tritrophic interactions 三栄養相互作用における化学通信における草牙誘発植物揮発性物質の多機能性 Current Opinion in Insect Science(accepted)  2018年11月
2018 小野木 章雄 (他5名) Genome-wide association mapping and examination of possible maternal effect for the pace trait of horses. ウマの側対歩に対するゲノムワイド関連マッピングと母性効果の可能性の検証 Animal genetics  49巻5号 461 - 463  2018年10月
2018 塩尻 かおり (他12名) Identification of a Hexenal Reductase That Modulates the Composition of Green Leaf Volatiles 緑葉揮発性物質の組成を調節するヘキセナル還元体の同定 Plant Physiology  178号 552 - 564 2018年10月
2018 土岐 精一(他4名) Production of high oleic/low linoleic rice by genome editing. ゲノム編集による高オレイン酸/低リノール酸米の生産 Plant physiology and biochemistry : PPB 131巻 58-62 2018年10月
2018 土岐 精一(他11名) CYP81A P450s are involved in concomitant cross-resistance to ALS and ACCase herbicides in Echinochloa phyllopogon CYP81A P450は、 Echinochloaphyllopogonのアセト乳酸シンターゼおよびアセチルCoAカルボキシラーゼ除草剤に対する同時交差耐性に関与しています。 The New phytologist 221巻4号 2112-2122 2018年10月
2018 永野 惇 (他8名) Prediction of environmental response in field-grown rice using expression-dynamics-QTL 発現動態QTLを用いた野外栽培イネの環境応答予測 bioRxiv 2018年10月
2018 島 純 (他7名) Lipid production via simultaneous conversion of glucose and xylose by a novel yeast, Cystobasidium iriomotense. 新規酵母であるシスタバシジウム・イリオモテンセによるグルコースとキシロースの同時変換による脂質産生。 PloS one 13巻 9号 e0202164  2018年9月
2018 永野 惇 (他5名) ddRAD-seq based phylogeographic study of Sargassum thunbergii (Phaeophyceae, Heterokonta) around Japanese coast. 日本沿岸周辺のウミトラノオ(褐藻綱、ストラメノパイル科)のddRAD-seqベースの系統地理学的研究 Marine Environmental Research  140 巻 104 - 113 2018年9月
2018 小野木 章雄 (他8名) Genome-wide association study and genomic prediction using parental and breeding populations of Japanese pear (Pyrus pyrifolia Nakai). 日本ナシにおける親集団と育種集団を用いたゲノムワイド関連解析とゲノミック予測 Scientific reports  8巻1号 11994 - 11994  2018年8月10日
2018 永野 惇 (他11名) Assessment of genetic diversity in Coho salmon (Oncorhynchus kisutch) populations with no family records using ddRAD-seq. ddRAD-seqを用いた家族記録のないコーホーサーモン(Oncorhynchus kisutch)集団における遺伝的多様性の評価 BMC research notes 11巻 1号  548 2018年8月2日
2018 塩尻 かおり (他4名) Pest management using mint volatiles to elicit resistance in soy: mechanism and application potential ミント揮発性物質を使用して大豆の抵抗性を引き出す害虫管理:メカニズムと応用可能性 The Plant Journal  2018年8月
2018 竹中 祥太朗 (他2名) Prospects for Utilization of Cytoplasmic Diversity and Nucleus-Cytoplasm Interaction in Agriculture: A Case Study of Submergence Stress Responses in Wheat. 農業における細胞質多様性と核細胞質相互作用の利用の展望:コムギにおける冠水ストレス応答の事例研究 In: Research Trends in Crop Plants  67 - 80 2018年8月
2018 永野 惇 (他5名) Auxin Contributes to the Intraorgan Regulation of Gene Expression in Response to Shade. オーキシンは日陰に対応した遺伝子発現の器官内制御に寄与している Plant Physiology 177巻 2号 847-862 2018年6月1日 
2018 塩尻 かおり (他4名) Occurrence of diamondback moths Plutella xylostella and their parasitoid wasps Cotesia vestalis in mizuna greenhouses and their surrounding areas ミズナ温室とその周辺地域におけるダイヤモンドバックガのプルテラ・キシロステラとその寄生虫スズメバチコペシア・ヴェスタリスの発生 Biological Control 2018年6月
2018 永野 惇 (他4名) Broad distribution spectrum from Gaussian to power law appears in stochastic variations in RNA-seq data. RNA-seqデータの確率的変動には、Gaussianからべき乗までの広い分布スペクトルが現れる。 Scientific Reports  8巻 1号  8339 2018年5月29日
2018 永野 惇 (他13名) Author Correction: Oxidative rearrangement of (+)-sesamin by CYP92B14 co-generates twin dietary lignans in sesame. 著者の訂正:CYP92B14による(+)-セサミンの酸化的再構成は、ゴマ中の双子の食物リグナンを共生成する Nature communications 9巻1号 2140 2018年5月25日
2018 別役 重之(他3名) AlgU contributes to the virulence of Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000 by regulating production of the phytotoxin coronatine AlgUは、植物毒素コロナチンの生産を調節することによりトマト斑葉細菌病菌DC3000の病原性に寄与する。 Journal of General Plant Pathology 84巻3号   189 - 201 2018年5月1日
2018 塩尻 かおり (他4名) Uninfested plants and honey enhance the attractiveness of a volatile blend to a parasitoid Cotesia vestalis 不含む植物と蜂蜜は、寄生コテシアの前庭に揮発性ブレンドの魅力を高めます Journal of Applied Entomology   2018年5月
2018 別役 重之(他8名) A small peptide modulates stomatal control via abscisic acid in long-distance signalling.  ある小さなペプチドが、アブシジン酸を介した遠距離シグナル伝達における気孔制御を調節する。 Nature 556巻7700号 235 - 238 2018年4月 
2018 土岐 精一(他2名) Rice genome editing イネゲノム編集 Rice Genomics, Genetics and Breeding 523-539 2018年3月15日
2018 永野 惇 (他13名) Phylogeographic analysis of the East Asian goldenrod (Solidago virgaurea complex, Asteraceae) reveals hidden ecological diversification with recurrent formation of ecotypes. 東アジアのアキノキリンソウ(Solidago virgaurea complex, キク科)の系統地理学的解析は再帰的な生態型形成を伴う隠れた生態的多様化を明らかにする Annals of botany 121巻 3号 489 - 500 2018年3月5日
2018 永野 惇 (他4名) Does genomic variation in a foundation species predict arthropod community structure in a riparian forest? 基礎種のゲノム変異は河岸林における節足動物群集構造を予測するのか? Molecular Ecology 27巻 5号 1284 - 1295 2018年3月1日
2018 打本 弘祐 親鸞と対象喪失(上)グリーフケアとの接点を求めて (川添泰信教授定年退職記念特集號 : 浄土仏教と親鸞教義) 眞宗學 = Journal of Shin Buddhist Studies   137号 325 - 344 2018年3月
2018 土岐 精一(他11名) Simultaneous site-directed mutagenesis of duplicated loci in soybean using a single guide RNA. 単一のガイドRNAを使用したダイズの重複遺伝子座の同時部位特異的変異誘発 Plant cell reports 37巻3号 553-563 2018年3月
2018 永野 惇 (他7名) Functional divergence of duplicate genes several million years after gene duplication in Arabidopsis. シロイヌナズナ における遺伝子重複から数百万年後の重複遺伝子の機能的分岐 DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes 25巻3号 327-339 2018年2月21日
2018 小野木 章雄 (他7名) Effects of selection index coefficients that ignore reliability on economic weights and selection responses during practical selection 実践的な選抜における経済的重みつけや選択応答に対する信頼性を無視した選択指数係数の影響 Asian-Australasian Journal of Animal Sciences 31巻1号 19 - 25  2018年1月1日
2018 小野木 章雄 (他7名) Identification of qtls for rice grain size using a novel set of chromosomal segment substitution lines derived from yamadanishiki in the genetic background of koshihikari  コシヒカリ背景に山田錦を組み込んだ新たな染色体断片置換系統セットを用いたイネ粒大のQTL同定 Breeding Science 68巻2号  210 - 218  2018年 
2018 打本 弘祐 群馬県仏教保護会 (「矯正・保護課程」開設40周年記念号(2)) -- (矯正施設参観記 2018年度「矯正・保護課程」共同研究・施設参観報告) 矯正講座  38号 150 - 154  2018年
2018 島 純 (他1名) Selection and Development of Stress-tolerant Yeasts for Bioethanol Production バイオエタノール生産のためのストレス耐性酵母の選択と開発 Japan Agricultural Research Quarterly 52巻 2号 137 - 142  2018年
2018 島 純 (他4名) Lactic Acid Bacteria Isolated from Japanese Fermented Fish (Funa-Sushi) Inhibit Mesangial Proliferative Glomerulonephritis by Alcohol Intake with Stress. 日本の発酵魚(フナ寿司)から分離された乳酸菌は、ストレスを伴うアルコール摂取によるメサンジュル増殖性糸球体腎炎を阻害する。 Journal of nutrition and metabolism 2018 巻 6491907  2018年
2018 土岐 精一(他1名) FnCpf1-Mediated Targeted Mutagenesis in Plants. 植物におけるFnCpf1を介した標的突然変異誘発 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1795巻 223-239 2018年
2018 永野 惇 (他7名) Selection of Transcripts Affecting Initial Growth Rate of Rice Backcrossed Inbred Lines Using RNA Sequencing Data. RNAシークエンシングデータを用いたイネ戻し交配近交系の初期成長率に影響を与えるトランスクリプトの選択 Frontiers in plant science  9巻 1880 2018年
2018 別役 重之(他1名) The effects of Lepidopteran oral secretion on plant wounds: A case study on the interaction between Spodoptera litura and Arabidopsis thaliana 植物創傷に対する鱗翅目口腔分泌物の影響:ハスモンヨトウとシロイヌナズナの相互作用に関する事例研究 Plant Biotechnology  35巻3号  237 - 242 2018年
2018 別役 重之(他10名) Involvement of S-type anion channels in disease resistance against an oomycete pathogen in Arabidopsis seedlings.  シロイヌナズナ幼苗の卵菌病原体に対する抵抗性におけるS型アニオンチャネルの関与 Communicative & integrative biology 11巻3号 1 - 6 2018年
2017 小野木 章雄(他2名) Investigation of genetic diversity and inbreeding in a Japanese native horse breed for suggestions on its conservation 保全のための提言に向けた日本の在来馬における遺伝的多様性と近親交配の調査 ANIMAL SCIENCE JOURNAL 88巻12号 1902 - 1910  2017年12月1日
2017 永野 惇 (他13名) Oxidative rearrangement of (+)-sesamin by CYP92B14 co-generates twin dietary lignans in sesame CYP92B14による(+)-セサミンの酸化的転位により、二つの食物リグナンが共生成される Nature Communications  8巻 1巻  2155 2017年12月1日
2017 小野木 章雄(他6名) Genetic dissection of grain traits in Yamadanishiki, an excellent sake-brewing rice cultivar 優れた酒米品種「山田錦」における粒関連形質の遺伝的解析 THEORETICAL AND APPLIED GENETICS 130巻12号  2567 - 2585 2017年12月
2017 島 純 (他9名) Metabolic engineering of oleaginous fungus Mortierella alpina for high production of oleic and linoleic acids オレイン酸とリノール酸の高生産のための油性真菌モルティエラアルピナの代謝工学 BIORESOURCE TECHNOLOGY  245巻 Pt B号 1610 - 1615 2017年12月 
2017 永野 惇 (他6名) Simultaneous evaluation of the effects of geographic, environmental and temporal isolation in ecotypic populations of Solidago virgaurea アキノキリンソウの生態型個体群における地理的・環境的・時間的分離の影響の同時評価 NEW PHYTOLOGIST   216巻 4号 1268 - 1280  2017年12月 
2017 土岐 精一(他2名) In Planta Processing of the SpCas9-gRNA Complex. SpCas9–gRNA複合体のPlantaプロセッシング Plant & cell physiology 58巻11号 1857-1867 2017年11月1日
2017 土岐 精一(他8名) Re-evaluation of the rin mutation and the role of RIN in the induction of tomato ripening. トマトの成熟の誘導におけるrin突然変異とRINの役割の再評価 Nature plants 3巻11号 866-874 2017年11月
2017 別役 重之(他5名) Salicylic Acid and Jasmonic Acid Pathways are Activated in Spatially Different Domains around the Infection Site during Effector-Triggered Immunity in Arabidopsis thaliana シロイヌナズナのエフェクター誘発免疫において、サリチル酸とジャスモン酸経路は、感染部位周辺の空間的に異なるドメインで活性化される Plant & cell physiology 59巻1号 8 - 16 2017年11月
2017 小野木 章雄(他8名) A genetic analysis of meat compositions in Japanese Black cattle: Genetic parameters and sex influence 黒毛和種における食肉成分形質の遺伝子解析:遺伝的パラメータと性の影響 JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS 134巻5号 373 - 382 2017年10月
2017 辻村 真衣(他31名) Genome sequencing of the staple food crop white Guinea yam enables the development of a molecular marker for sex determination 主食作物ホワイトギニアヤムのゲノム配列決定により性決定分子マーカーの開発を可能にする BMC Biology 15巻1号  86 2017年9月19日
2017 打本 弘祐(他5名) 医療現場における臨床宗教師の役割と課題 死の臨床 Vol.40,No2 369 - 369 2017年9月
2017 辻村 真衣(他4名) Complete mitochondrial genome sequences of Brassica rapa (Chinese cabbage and mizuna), and intraspecific differentiation of cytoplasm in B. rapa and Brassica juncea Brassica rapa(ハクサイとミズナ)の全ミトコンドリアゲノム配列と、B. rapaとBrassica junceaにおける細胞質の種内分化 Breeding science  67巻4号  357 - 362 2017年9月
2017 永野 惇 (他6名) Unfolded protein response transducer IRE1-mediated signaling independent of XBP1 mRNA splicing is not required for growth and development of medaka fish. XBP1 mRNAスプライシングの小胞体ストレス応答変換器 自立シグナル介在型のIRE1は、ミナミメダカの成長・発育には必要とされない。 ELIFE 6 巻 2017年9月
2017 永野 惇 (他4名) Gauss-power mixing distributions comprehensively describe stochastic variations in RNA-seq data Gauss-power混合分布は、RNA-seqデータの確率的変動を包括的に説明する 2017年9月
2017 土岐 精一(他5名) CRISPR/Cas9によるアサガオDFR-B遺伝子座の改変 Scientific Reports 7巻1号 10028 2017年8月30日
2017 土岐 精一(他5名) A removable virus vector suitable for plant genome editing. 植物ゲノム編集に適した除去可能なウイルスベクター The Plant journal : for cell and molecular biology 91巻3号 558-561 2017年8月
2017 永野 惇 (他12名) Heap: a highly sensitive and accurate SNP detection tool for low-coverage high-throughput sequencing data Heap: ローカバレッジ・ハイスループット・シーケンスデータのための高感度・高精度SNP検出ツール DNA RESEARCH 24巻 4号 397 - 405  2017年8月  
2017 小野木 章雄 (他16名) Genome-wide association study and genomic prediction in citrus: Potential of genomics-assisted breeding for fruit quality traits. カンキツにおけるゲノムワイド関連解析とゲノミック予測:果実品質に対するゲノミックアシステッド育種の可能性。 Scientific reports 7巻1号 4721 - 4721 2017年7月5日
2017 永野 惇 (他3名) 野生植物とウイルスの見えない相互作用をRNA-Seqで観る  植物科学の最前線(BSJ-Review) 8巻  12 - 21  2017年7月  
2017 島 純 (他4名) Modulation of fatty acid composition and growth in Sporosarcina species in response to temperatures and exogenous branched-chain amino acids 温度および外因性分岐鎖アミノ酸に応答したスポロサルシナ種における脂肪酸組成と成長の調節 APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY 101巻 12号  5071 - 5080   2017年6月  
2017 永野 惇 (他3名) FIT: statistical modeling tool for transcriptome dynamics under fluctuating field conditions FIT:変動するフィールド条件下でのトランスクリプトーム動態の統計モデリングツール BIOINFORMATICS 33巻 11号 1672 - 1680  2017年6月
2017 小野木 章雄 (他9名) Genetic analysis of semen production traits of Japanese Black and Holstein bulls: genome-wide marker-based estimation of genetic parameters and environmental effect trends 黒毛和種とホルスタイン種の種雄牛における精液産生関連形質の遺伝子解析:ゲノムワイドマーカーに基づく遺伝的パラメータの推定と環境影響の傾向 JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE 95巻5号 1900 - 1912 2017年5月
2017 土岐 精一(他11名) Overexpression of TIFY genes promotes plant growth in rice through jasmonate signaling TIFY遺伝子の過剰発現は、ジャスモン酸シグナル伝達を介してイネの植物成長を促進します BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 81巻5号 906-913 2017年5月
2017 永野 惇 (他9名) A GLABRA1 ortholog on LG A9 controls trichome number in the Japanese leafy vegetables Mizuna and Mibuna (Brassica rapa L. subsp nipposinica L. H. Bailey): evidence from QTL analysis LG A9上のオーソログGLABRA1がミズナとミブナ(Brassica rapa L. subsp nipposinica L. H. Bailey)のトリコームの数を制御している:QTL解析からの証拠 JOURNAL OF PLANT RESEARCH 130巻 3号  539 - 550 2017年5月
2017 土岐 精一(他2名) A Split Staphylococcus aureus Cas9 as a Compact Genome-Editing Tool in Plants. 植物のコンパクトなゲノム編集ツールとして の分割黄色ブドウ球菌Cas9 Plant & cell physiology 58巻4号 643-649 2017年4月1日
2017 打本 弘祐 仏教はキリスト教から何を学ぶべきかーバプテスト病院牧師室研修を通してー 慈光法喜  135 - 161 2017年4月
2017 打本 弘祐 研究室の落涙 慈光法喜 2017年4月 
2017 打本 弘祐 ビハーラの展開と〈ビハーラ僧〉 世界仏教文化研究センター応用部門〈2016年度研究活動報告書〉 198 - 211  2017年3月
2017 打本 弘祐 医療における宗教的ケアとニーズをめぐって 龍谷大学論集 489巻 9 - 21 2017年3月
2017 垣口 由香 The House in Parisにおける旅――Elizabeth Bowenのフィクション・メイキング 言語文化研究   16号  41 - 52  2017年3月
2017 土岐 精一(他4名) DNA Methylation Affects the Efficiency of Transcription Activator-Like Effector Nucleases-Mediated Genome Editing in Rice DNAメチル化はイネの転写活性化因子様エフェクターヌクレアーゼ媒介ゲノム編集の効率に影響を与える FRONTIERS IN PLANT SCIENCE 8巻 302 2017年3月
2017 永野 惇 (他10名) The population genomic signature of environmental association and gene flow in an ecologically divergent tree species Metrosideros polymorpha (Myrtaceae) 生態学的に分岐した樹木種ハワイフトモモ(フトモモ科)における環境関連の集団ゲノムの特徴と遺伝子流動 MOLECULAR ECOLOGY 26巻 6号 1515 - 1532  2017年3月
2017 小野木 章雄 (他8名) Efficiency of genomic selection for breeding population design and phenotype prediction in tomato トマトにおける育種集団デザインと表現型予測のためのゲノミックセレクションの効率 HEREDITY 118巻2号 202 - 209  2017年2月
2017 別役 重之(他6名) AefR transcription factor negatively regulates the virulence of Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000 AefR転写因子は、シュードモナスシリンゲpvの毒性を否定的に調節する。トマトDC3000 PHYTOPATHOLOGY 107巻 83 2017年2月
2017 浅水 恵理香 (他6名) Plant Genomics Databases: Methods and Protocols (Methods in Molecular Biology) "Plant Genome DataBase Japan (PGDBj)" 植物ゲノミクスデータベース:方法とプロトコル(分子生物学における方法)「植物ゲノム情報統合データベース(PGDBj)」 Springer 45-77 2017年1月 
2017 小野木 章雄 (他8名) Genetic Nature of Elemental Contents in Wheat Grains and Its Genomic Prediction: Toward the Effective Use of Wheat Landraces from Afghanistan 小麦粒に含まれるイオン元素の遺伝的性質とそのゲノミック予測:アフガニスタン由来の小麦在来種の有効利用に向けて PLOS ONE 12巻1号  e0169416  2017年1月
2017 塩尻 かおり (他7名) .Weeding volatiles reduce leaf and seed damage to field-grown soybeans and increase seed isoflavones  .除草揮発性物質は、畑で栽培された大豆に対する葉と種子の損傷を減らし、種子イソフラボンを増加させる Scientific Reports 7巻 2017年1月
2017 島 純 (他5名) Draft Genome Sequences of the Xylose-Fermenting Yeast Scheffersomyces shehatae NBRC 1983T and a Thermotolerant Isolate of S. shehatae ATY839 (JCM 18690). キシロース発酵酵母シェッフェルソミセスシェハタエNBRC 1983Tのドラフトゲノム配列およびS.シェハタエATY839(JCM 18690)の耐熱性単離物。 Genome announcements 5巻 20号 2017年
2017 土岐 精一(他7名) CRISPR/Cas9-mediated targeted mutagenesis in grape. ブドウにおけるCRISPR/Cas9を介した標的突然変異誘発 PloS one 12巻5号 e0177966 2017年
2016 塩尻 かおり (他2名) Oviposition of diamondback moth Plutella xylostella females is affected by herbivore-induced plant volatiles that attract the larval parasitoid Cotesia vestalis  ダイヤモンドバックガのプルテラキシロステラメスの卵位は、幼虫寄生コテシア前庭を引き付ける草食動物誘発性植物揮発性物質の影響を受ける Arthropod Plant Interaction.DOI: 10.1007/s11829-016-9484-2 2016年12月
2016 竹中 祥太朗 (他2名) Cytoplasmic diversity affecting submergence stress responses in wheat コムギの冠水ストレス応答に影響を及ぼす細胞質多様性 GENES & GENETIC SYSTEMS  91巻 6号 378 - 378 2016年12月
2016 土岐 精一(他3名) Efficient targeted mutagenesis of rice and tobacco genomes using Cpf1 from Francisella novicida FrancisellanovicidaのCpf1を使用したイネとタバコのゲノムの効率的な標的突然変異誘発 SCIENTIFIC REPORTS 6巻 38169 2016年12月
2016 永野 惇 (他8名) RAD-Seq analysis of typical and minor Citrus accessions, including Bhutanese varieties ブータン産品種を含む代表的なシトラス属とマイナーなシトラス属のRAD-Seq解析 BREEDING SCIENCE 66巻 5号   797 - 807  2016年12月
2016 浅水 恵理香 (他33名) Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory Ipomoea nil アサガオのゲノム解読と解析 Nature Communications 7巻 13295  2016年11月
2016 塩尻 かおり (他4名) Geographic dialects in volatile communication between Sagebrush individuals セージブラシ個人間の揮発性通信における地理的方言 Ecology.  97巻 2917 - 2924 2016年11月
2016 永野 惇 (他34名) Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory Ipomoea nil 日本のアサガオ(Ipomoea nil)のゲノム配列と解析 NATURE COMMUNICATIONS 7巻 13295 2016年11月
2016 永野 惇 (他4名) RNA-Seq reveals virus-virus and virus-plant interactions in nature RNA-Seqは自然界におけるウイルス-ウイルス間とウイルス-植物間の相互作用を明らかにする FEMS MICROBIOLOGY ECOLOGY 92巻11号 2016年11月
2016 辻村 真衣(他4名) Mitochondrial genome sequences from wild and cultivated barley (Hordeum vulgare) オオムギ(Hordeum vulgare)の野生種と栽培種のミトコンドリアゲノム配列 BMC genomics 17巻824号 824 2016年10月24日
2016 竹中 祥太朗 (他6名) Variation in abscisic acid responsiveness at the early seedling stage is related to line differences in seed dormancy and in expression of genes involved in abscisic acid responses in common wheat 普通系コムギの苗初期におけるアブシシン酸応答性の多様性は,種子休眠およびアブシシン酸応答性に関与する遺伝子発現の系統間差異に関連している JOURNAL OF CEREAL SCIENCE 71 巻 167 - 176  2016年9月1日
2016 別役 重之(他10名) Modulation of Plant RAB GTPase-Mediated Membrane Trafficking Pathway at the Interface Between Plants and Obligate Biotrophic Pathogens  植物と絶対寄生性病原体とのインターフェースにおける植物RAB GTPase媒介膜輸送経路の操作 PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 57巻9号 1854 - 1864 2016年9月  
2016 島 純 (他9名) Characterization of starch-accumulating duckweeds, Wolffia globosa, as renewable carbon source for bioethanol production デンプン蓄積型ダックウィードの特徴化、ウルフフィア・グロボサ、バイオエタノール製造のための再生可能な炭素源としての Biocatalysis and Agricultural Biotechnology  6巻 123 - 127  2016年8月
2016 島 純 (他7名) Lipid production through simultaneous utilization of glucose, xylose, and l-arabinose by Pseudozyma hubeiensis: a comparative screening study シュードジマ・フバイエンシスによるグルコース、キシロース、l-アラビノースの同時利用による脂質産生:比較スクリーニング研究 AMB EXPRESS 6巻1号 2016年8月
2016 永野 惇 (他7名) Northern glacial refugia and altitudinal niche divergence shape genome-wide differentiation in the emerging plant model Arabidopsis arenosa 新興植物モデルであるArabidopsis arenosaにおける北部氷期の退避地と高緯度ニッチの発散がゲノムワイドな分化を形成する MOLECULAR ECOLOGY  25巻 16号  3929 - 3949 2016年8月
2016 永野 惇(他4名) Circadian Oscillation of the Lettuce Transcriptome under Constant Light and Light-Dark Conditions  連続明と明暗条件下におけるレタスのトランスクリプトームの日周振動 FRONTIERS IN PLANT SCIENCE  7巻 1114- 2016年7月
2016 古本 強 Pyruvate transport systems in organelles: future directions in C-4 biology research オルガネラにおけるピルビン酸輸送系:C-4生物学研究における今後の方向性 CURRENT OPINION IN PLANT BIOLOGY  31巻 143 - 148 2016年6月
2016 土岐 精一(他2名) Precision Targeted Mutagenesis via Cas9 Paired Nickases in Rice イネのCas9ペアニッカーゼによる精密標的突然変異誘発 PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 57巻5号 1058-1068 2016年5月
2016 土岐 精一(他4名) Highly specific targeted mutagenesis in plants using Staphylococcus aureus Cas9 黄色ブドウ球菌Cas9を使用した植物における非常に特異的な標的突然変異誘発 SCIENTIFIC REPORTS 6巻2号 26871 2016年5月
2016 小野木 章雄(他1名) VIGoR: variational Bayesian inference for genome-wide regression VIGoR:ゲノムワイド回帰に対する変分ベイズ推定 Journal of Open Research Software  4巻1号  e11  2016年4月4日
2016 小野木 章雄(他6名) Toward integration of genomic selection with crop modelling: the development of an integrated approach to predicting rice heading dates 作物モデリングとゲノミックセレクションの統合に向けて:イネ出穂期を予測するための統合的アプローチの開発 THEORETICAL AND APPLIED GENETICS 129巻4号 805 - 817 2016年4月1日
2016 永野 惇 (他9名) Genetic distance of inbred lines of Chinese cabbage and its relationship to heterosis ハクサイの近交系統の遺伝的距離と雑種強勢との関係 Plant Gene 5巻 1 - 7 2016年3月1日 
2016 打本 弘祐 特別養護老人ホームの利用者における宗教的ペイン 真宗学 134号 20 - 40   2016年3月
2016 永野 惇(他5名) Transcriptome Analysis of Plant Hormone-Related Tomato (Solanum lycopersicum) Genes in a Sunlight-Type Plant Factory (vol 10, e0143412, 2015) 太陽光型植物工場におけるトマトの植物ホルモン関連遺伝子のトランスクリプトーム解析 PLOS ONE 11巻 3号  e0150788 2016年3月
2016 小野木 章雄(他5名) Uncovering a Nuisance Influence of a Phenological Trait of Plants Using a Nonlinear Structural Equation: Application to Days to Heading and Culm Length in Asian Cultivated Rice (Oryza Sativa L.) 非線形構造方程式を用いて植物のフェノロジー形質の厄介な影響を取り除く:アジアの栽培米における出穂期と稈長への適用 PLOS ONE 11巻2号 e0148609 2016年2月
2016 土岐 精一(他11名) A Defect in DNA Ligase4 Enhances the Frequency of TALEN-Mediated Targeted Mutagenesis in Rice DNA Ligase4の欠陥は、イネにおけるTALENを介した標的突然変異誘発の頻度を高める PLANT PHYSIOLOGY 170巻2号 653-666 2016年2月
2016 土岐 精一(他2名) Biallelic Gene Targeting in Rice イネにおけるバイアレリック遺伝子ターゲティング Plant Physiology 170巻2号 667-677 2016年2月
2016 永野 惇 (他11名) Truncated yet functional viral protein produced via RNA polymerase slippage implies underestimated coding capacity of RNA viruses RNAポリメラーゼのずれによって産生された、機能的でありながら切断されたウイルスタンパク質は、RNAウイルスのコーディング能力が過小評価されていることを示唆している。 SCIENTIFIC REPORTS 6巻 21411- 2016年2月
2016 永野 惇 (他5名) Detection of Diurnal Variation of Tomato Transcriptome through the Molecular Timetable Method in a Sunlight-Type Plant Factory 太陽光型植物工場におけるトマトのトランスクリプトームの日周変動の分子時刻法による検出 FRONTIERS IN PLANT SCIENCE 2016年2月
2016 永野 惇 (他7名) From the laboratory to the field: assaying histone methylation at FLOWERING LOCUS C in naturally growing Arabidopsis halleri 実験室から野外へ:自然栽培シロイヌナズナのFLOWERING LOCUS Cにおけるヒストンメチル化の測分析 GENES & GENETIC SYSTEMS 91巻 1号 15 - 26   2016年2月
2016 浅水 恵理香 (他13名) Pleurochrysome: A web database of Pleurochrysis transcripts and orthologs among heterogeneous algae 円石藻の転写産物とオルソログデータベース: Pleurochrysome Plant and Cell Physiology 57巻 1号  e6 2016年1月
2016 小野木 章雄(他13名) A simulation-based breeding design that uses whole-genome prediction in tomato トマトの全ゲノム予測を用いたシミュレーションベースの育種デザイン SCIENTIFIC REPORTS 6 号 19454  2016年1月
2016 塩尻 かおり (他3名) Seasonal variation of responses to herbivory and volatile communication in sagebrush (Artemisia tridentata) (Asteracease) セージブラシにおける草食および揮発性コミュニケーションに対する反応の季節変動(アルテミシア・トリデンタータ)(アステラテム) J. Plant Res. DOI 10. 2016年1月
2016 島 純 (他8名) Fermentation characteristics of yeast suitable for high-sugar dough 高ショ糖生地に最適な酵母 Journal for the Integrated Study of Dietary Habits 27巻1号 15−21 2016年1月
2016 島 純 (他4名) Lactobacillus Paracasei NFRI 7415 Reduces Liver Lipid Contents in C57BL/6J Mice Fed a High-fat Diet Lactobacillus Paracaseiは血漿中の脂質を低下させる。 International Journal of Clinical Nutrition & Dietetics 1巻 108 2016年1月
2016 土岐 精一(他10名) The elicitor-responsive gene for a GRAS family protein, CIGR2, suppresses cell death in rice inoculated with rice blast fungus via activation of a heat shock transcription factor, OsHsf23 GRASファミリータンパク質のエリシター応答性遺伝子であるCIGR2は、熱ショック転写因子OsHsf23の活性化を介して、イネいもち菌を接種したイネの細胞死を抑制します。 BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 80巻1号 145-151 2016年1月
2016 打本 弘祐 (他7名) 龍谷大学図書館所蔵の真宗古文献の翻刻・研究 龍谷大学仏教文化研究所紀要 55 巻 95 - 210 2016年 
2016 土岐 精一(他2名) Targeted Mutagenesis in Rice Using TALENs and the CRISPR/Cas9 System. TALENとCRISPR / Cas9システムを使用したイネの標的突然変異誘発 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1469巻 123-135 2016年
2016 土岐 精一(他2名) Seamless Genome Editing in Rice via Gene Targeting and Precise Marker Elimination. 遺伝子ターゲティングと正確なマーカー除去によるイネのシームレスなゲノム編集 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1469巻 137-146 2016年
2015 永野 惇 (他5名) Transcriptome Analysis of Plant Hormone-Related Tomato (Solanum lycopersicum) Genes in a Sunlight-Type Plant Factory. 太陽光型植物工場におけるトマトの植物ホルモン関連遺伝子のトランスクリプトーム解析 PLOS ONE 10巻 12号 e0143412 2015年12月
2015 塩尻 かおり (他3名) Intermittent exposure to traces of green leaf volatiles triggers the production of (Z)-3-hexen-1-yl acetate and (Z)-3-hexen-1-ol in exposed plants  緑色の葉揮発性物質の痕跡への断続的な暴露は、露出した植物における(Z)-3-ヘクセン-1-イル酢酸塩および(Z)-3-ヘクセン-1-olの産生を引き起こす Plant Signaling & Behavior  2015年12月
2015 永野 惇 (他 2名) Noise-plasticity correlations of gene expression in the multicellular organism Arabidopsis thaliana 多細胞生物シロイヌナズナにおける遺伝子発現の騒音-可塑性相関 JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY 387巻 13-22 2015年12月
2015 永野 惇 (他12名) High-throughput linkage mapping of Australian white cypress pine (Callitris glaucophylla) and map transferability to related species オーストラリア産オーストラリアヒノキ(Callitris glaucophylla)のハイスループット連鎖マッピングと近縁種への地図の移植性 TREE GENETICS & GENOMES 11巻 6号  2015年12月
2015 塩尻 かおり (他3名) Airborne sgnals of communication in sagebrush: Apharmacological approach  セージブラシにおける通信の空中スニャル:薬理学的アプローチ Plant signal  2015年11月
2015 塩尻 かおり (他2名) Oviposition preference of cabbage white butterflies in the framwork of costs and benefits of interspecific herbivore association コストのフランワークにおけるキャベツ白蝶のオビポジション好みと、特異性草食動物関連の利点 Royal society open science2: 150524.  2015年11月
2015 小野木 章雄(他8名) Whole-genome prediction of fatty acid composition in meat of Japanese Black cattle 黒毛和種の食肉中における脂肪酸組成の全ゲノム予測 ANIMAL GENETICS 46巻5号 557 - 559 2015年10月
2015 塩尻 かおり (他5名) Cry-wolf signals emerging from coevolutionary feedbacks in a tritrophic system  コストのフランワークにおけるキャベツ白蝶のオビポジション好みと、特異性草食動物関連の利点 Proc. R. Soc. 2015年9月
2015 島 純・吉山 洋子(他4名) Saccharomyces cerevisiaeの酢酸ストレス耐性に対するトレハロース蓄積の影響 日本生物工学会大会講演要旨集 284 2015年9月
2015 永野 惇 (他 9名) An 'omics' based approach to the pathogenic mechanism of pine wilt disease. 松枯れ病の発症メカニズムへのオミクスベースのアプローチ Journal of Nematology 47巻3号 271 2015年9月
2015 永野 惇 (他 10名) A Genome Scan for Genes Underlying Microgeographic-Scale Local Adaptation in a Wild Arabidopsis Species シロイヌナズナ野生種の微小な地理学的規模の局所適応を支える遺伝子のゲノムスキャン PLoS Genetics 11巻7号 e1005361 2015年7月
2015 小野木 章雄(他3名) A Ranking Approach to Genomic Selection ゲノミックセレクションへのランキングアプローチ PLOS ONE 10巻6号  e0128570 2015年6月
2015 島 純 (他4名) Isolation and characterization of psychrotolerant endospore-forming Sporosarcina species associated with minced fish meat (surimi). 魚肉のひき肉(surimi)に関連する精神耐性エンドスポア形成のスポロサルシナ種の単離および特徴付け。 INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY 199巻 15 - 22  2015年4月
2015 島 純 (他5名) Direct ethanol production from starch using a natural isolate, Scheffersomyces shehatae: Toward consolidated bioprocessing. 天然単離を用いたデンプンからの直接エタノール生産、シェッフェルソミセスシェハタエ:統合バイオプロセシングに向けて。 SCIENTIFIC REPORTS  5 巻  9593 2015年4月
2015 竹中 祥太朗 (他5名) Allelic diversity of puroindoline genes at the Ha locus in the core-collection of hexaploid wheat accessions conserved by NBRP-Wheat NBRP-コムギで系統保存されている6倍性コムギコアコレクション系統のHa遺伝子座におけるピュロインドリン遺伝子のアレル多様性 JOURNAL OF CEREAL SCIENCE 71巻  167 - 176  2015年3月
2015 永野 惇 (他8名) Microbial communities on flower surfaces act as signatures of pollinator visitation. 花の表面上の微生物群集は、送粉者の訪花の痕跡として機能する SCIENTIFIC REPORTS  5 巻 8695  2015年3月
2015 島 純・吉山 洋子(他4名) Trehalose accumulation enhances tolerance of Saccharomyces cerevisiae to acetic acid サッカロミセスセレビシエの細胞内トレハロース集積による酢酸耐性の増強効果 JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING 119巻 2号  172 - 175  2015年2月
2015 小野木 章雄(他6名) Exploring the areas of applicability of whole-genome prediction methods for Asian rice (Oryza sativa L.) アジア栽培米に対する全ゲノム予測手法の適用可能性領域を探る THEORETICAL AND APPLIED GENETICS 128巻1号 41 - 53 2015年1月
2015 島 純 (他1名) Stress Tolerance of Baker’s Yeast During Bread-Making Processes 製パンプロセスにおける環境ストレス Stress Biology of Yeasts and Fungi 23−42 2015年1月
2015 島 純 (他1名) Environmental Stresses to Which Yeast Cells Are Exposed During Bioethanol Production from Biomass バイオエタノール製造プロセスにおける環境ストレス Stress Biology of Yeasts and Fungi 93−106 2015年1月
2015 永野 惇 (他4名) Detection of plant viruses in natural environments by using RNA-Seq. RNA-Seqを用いた自然環境中の植物ウイルスの検出 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1236巻  89 - 98 2015年

Request Information

資料請求