Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部
食を通して、健康と幸せに貢献する。

食の重要性を実感し、
管理栄養士をめざす。

食品栄養学科4年生
丸大食品株式会社 内定
澤井 佑果さん
大阪府立寝屋川高等学校出身
私は過去に何度か入院した経験があり、食べることが健康につながるということを身をもって学びました。また、入院中は食事が唯一の楽しみでもあることから、健康的でおいしい食事があれば…という思いもあり、将来は食を通して人を健やかに、幸せにする仕事がしたいと考えて、その第一歩として管理栄養士の資格取得をめざしました。
管理栄養士の資格取得をめざせる大学は龍谷大学以外にもあり、いくつかのオープンキャンパスに参加しましたが、私は龍谷大学が一番印象的でした。キレイなキャンパスにも惹かれましたが、何より農学部の先輩の姿に憧れました。先輩は学部の学びについて説明してくださったのですが、その内容がすごくおもしろくて、魅力的だったのです。「龍谷大学の農学部はまだ歴史はないけれど、その歴史を自分たちで作っていけるのが強み」とおっしゃっていて、私もここで学ぶことで、自分の意見を堂々と言える人間になりたいと思いました。実際に入学してみると、先生は学生のやる気に応えてくださる方ばかりで、この大学にして本当によかったと思いました。

人体の機能から栄養まで、幅広い知識を備えて、
健やかでおいしい食を届けたい。

管理栄養士をめざせる学科なので、調理実習など食に関することをメインに学ぶものと思っていたのですが、1年次は人体の機能など「からだの科学」を学ぶ授業も多くて意外でした。次第に食に直結する授業が増えたのですが、1年次で学んだこととつながる内容で、食について学ぶためには、まず人体を理解しておかなければならなかったのだと実感しました。
3年次には「給食経営管理実習」で大量調理を体験。メニューの作成から調理など、給食を提供するための一連の流れを学びました。グループで役割を決めて進めるのですが、私は品質管理を担当。食材の中心温度を測るなど衛生面を担うことで責任を感じるとともにやりがいも感じました。そんな経験もあって、食品メーカーで品質を支えるような仕事がしたいと考え、志望する中で、丸大食品株式会社の技術系総合職で内定をいただくことができました。
今は卒業研究として、卵のアレルギー性を低減させる方法を探っています。今後は管理栄養士の資格を取得して、栄養の面から多くの人の幸せに貢献したいです。

Request Information

資料請求