Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

打本 弘祐(真宗学研究室)

打本 弘祐
教員氏名
打本 弘祐(うちもと こうゆう) 准教授
学位
文学修士、社会学博士
学歴
龍谷大学・院・文学、桃山学院大学・院・社会学
専門分野
仏教学(親鸞思想)、社会学
その他
浄土真宗本願寺派布教使、認定臨床宗教師、スピリチュアルケア師(指導)

取材のお問い合わせはこちらへ

病院や施設でお坊さんが働いている?

自己紹介の時に、「お坊さんとして病院や高齢者施設で働いていました」と言うと、多くの方が驚きます。僕は数年前までお寺以外の場所で活動するお坊さんというレアな経験を持っています。

欧米ではお坊さんは勿論、牧師さんなどが病院や、高齢者施設、刑務所、警察署、大学、軍隊などで働いています。彼らはチャプレン(Chaplain)と呼ばれ、農学部と近い領域では、食肉を扱うグローバル企業にも雇われるようになってきました。彼らは、施設の中で関わるすべての人へのこころのケア(Spiritual Care)を担当しています。

日本においても、1990年代頃から生活の質(Quality of Life)向上の為に、宗教者に関わって欲しいという医療関係者からのニーズが高まってきました。そして東日本大震災以降、臨床宗教師という認定資格が生まれ、病院や高齢者施設で雇用されるケースが増えています。

では、日本の臨床宗教師は一体何をしているのでしょうか。僕の研究は、文献調査やインタビュー調査などによって臨床宗教師の役割を明らかにすることです。そして、自分の経験も加えたケア理論の構築や、よりよい臨床宗教師の教育方法を模索しています。

(*龍谷大学大学院実践真宗学研究科では臨床宗教師研修が行われています。)

  • ©慶徳会常清の里
【可能な共同研究分野】
医療や高齢者施設における宗教者の役割、スタッフのケア

Request Information

資料請求