Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

山形 裕士

山形 裕士
教員氏名
山形 裕士(やまがた ひろし) 教授
学位
農学博士
学歴
京都大・院・農学
専門分野
応用生物化学、植物分子生物学
その他
神戸大学名誉教授

植物遺伝子のスイッチ機構を探る

植物遺伝子のスイッチ機構を探る

植物の遺伝子が働く時期や場所はどのようにして決まっているのでしょうか?植物のタンパク質や酵素には多くの種類がありますが、それぞれのタンパク質・酵素は特定の時期に特定の器官・組織・細胞で作られ働いています。このときおもに植物ホルモンの指令を受けてそれぞれのタンパク質の遺伝子のスイッチがオンになりオフになったりします。一方、光合成に必要な多くのタンパク質は植物が光を受けて初めて作られます。乾燥や高塩濃度に曝されるとそれらに対抗するタンパク質が作られ、病原菌の感染や昆虫や鳥による食害など様々なストレスに出会ったときは防御タンパク質などが合成されます。このようなことができるのは植物が環境の変化を感じて遺伝子のスイッチをオンオフする高度な仕組みを持っているからです。私は果実だけで発現するメロンの遺伝子や紫外線によって発現が強く誘導されるダイズの遺伝子についてスイッチ機構を調べています。

バイオテクノロジーへの応用

これらの複雑なメカニズムを解明できればバイオテクノロジーに応用できます。例えば果実に医薬品ペプチドなど有用なタンパク質を生産させたり、食べて効くワクチンを蓄積させ食べるだけで疾病を予防できるトマトを作り出すことも夢ではありません。

  • 実験材料のミニトマト(マイクロトム)
  • 光合成を行う緑色のダイズ培養細胞
【可能な共同研究分野】
有用タンパク質を発現・蓄積する果実の開発、光独立栄養培養細胞を用いる物質生産

Request Information

資料請求