Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

植野 洋志

植野 洋志
教員氏名
植野 洋志(うえの ひろし) 教授
学位
Ph.D. Biochemistry(博士(生化学))
学歴
アイオワ州立大学(米国)・院・生化学
専門分野
生化学・応用微生物学
その他
ロックフェラー大学助教授・大阪医科大学助教授・京都大学農学部助教授・奈良女子大学教授(附属中等教育学校長併任)を経て現職。WoodsHole MBL夏期研究員、ニューヨーク心臓協会奨励賞受賞、日本農芸化学会研究企画賞受賞、日本生物高分子学会会長

タンパク質って何をしているの?

まともな研究:タンパク質の形は仕事をしやすいように作られている。その秘密を眺めてみよう。

どの部分がどのような働きに参加しているのか、ポケットがたくさんあるんだが、ポケットの役割はなんだろう?使う技術は、遺伝子工学、アミノ酸分析、質量分析、表面プラズモン共鳴、各種クロマトグラフィ、結晶構造解析、コンピューターグラフィクスなど。

ひねくれた研究:タンパク質をだませないか?

だますことで、薬の開発につながる.味(甘味や塩味)を変えてしまう(低カロリーの甘味料の開発やおいしい減塩食品の開発)。動物の本能を逆手にとって、動物の嫌がるようにする(カラスやシカの忌避剤)。

  • ヒスタミン合成酵素の結晶構造解析から得られた活性
    中心のアミノ酸残基とビタミンB6補酵素と基質複合
    体形成の図
  • 遺伝子改変マウスの有郭乳頭の蛍光顕微鏡写真。
    緑色に光っている部分は、緑色蛍光タンパク質が
    発現している。
    緑色蛍光タンパク質は、GABA合成酵素が発現する
    部分に発現するように遺伝的に操作してある。
【可能な共同研究分野】
おいしさを保つ減塩食品の開発、低カロリー甘味料の開発、動物の忌避剤の開発

Request Information

資料請求