Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

杉岡 孝紀

杉岡 孝紀
教員氏名
杉岡 孝紀(すぎおか たかのり) 教授
学位
文学博士
学歴
龍谷大・院・文学
専門分野
印度哲学、日本仏教、親鸞思想(真宗学)

親鸞の仏教思想の現代的な解釈

私の専門領域は「真宗学(しんしゅうがく)」と言います。真宗学は、学問・研究の世界では大きく「哲学・思想」に分類されます。哲学・思想といっても西洋と東洋のものとがありますが、真宗学は「親鸞の仏教思想」を研究する学問をいいます。2500年前にインドで誕生したブッダ(B.C.463-383)の教え(仏教)は、中国・チベット、そして日本とアジア各地に広がり、さらに今日では欧米にまで伝わっています。その伝播の過程で、仏教は各地域の在来の文化や宗教・思想を寛容的な態度をもって融合しながら、その場所に特徴的な思想を創りあげてきました。私の専門はこの仏教思想の中でも、特に龍谷大学の基盤となった浄土真宗の開祖、親鸞(1173-1262)の仏教思想を研究するものです。親鸞の思想は現代では歴史学・哲学・心理学などさまざまな領域からも研究が進み、国の内外において数多くの業績が積み上げられています。私はそうした学問からの研究成果を踏まえつつ、仏教思想の現代的な意義を探究しています。そして現代の私たちが直面する諸課題、食と環境、人権・差別、生命倫理などの倫理的課題を西洋の論理とは異なる東洋の智慧である仏教の立場から考え、さらに社会的実践のあり方を模索しています。

Request Information

資料請求