Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

野田 公夫

野田 公夫
教員氏名
野田 公夫(のだ きみお) 教授
学位
農学博士
学歴
京都大・院・農学
専門分野
日本農業史、比較農業史
その他
地域農林経済学会賞(1990)、日本農業経済学術賞(2013)

日本農業史 -歴史に学びつつ農の未来を考える

専門は日本農業の歴史です。

この数十年の間に、日本の農業も農村は大きく様変わりしました。しかし、にもかかわらず、アメリカ・オーストラリアなどの「新開地」とはむろん、日本同様古い歴史をもつヨーロッパとも、さらには同じ水田農業を営むアジア農村とも異なる、明瞭な「日本らしさ」があります。それは、農業・農村がそれぞれの国/地域の「自然と人」との長い関わりを刻みつけた「歴史的存在」だからです。私の最大の関心は、日本農業・農村がつくりあげてきた「個性」の「姿」と「意味」を明らかにすることです。

他方、国内をみると、昨年の東京都で農村地域への移住希望者が1万人を超えたというニュースに驚かされます。「刺激と生きがいに満ちた場」であるはずだった大都会が、今や「異常なストレス社会」にもなってきたことの反映なのでしょう。そのことが「生命と文化の基盤」である「農と食および自然に関わる生活」に大きな価値を見出しつつあるのであり、日本史上初めての動きです。地元住民に新規参入者が加わることにより「新しい農・農村の姿」が創り出されていけば素晴らしいことです。「地域の歴史」に共通の関心をもつことは、両者の協力関係をより実りあるものにするでしょう。

このように、歴史を学ぶことは「過去」を知るだけでなく「未来」を豊かに創りあげていくうえで大切なことなのです。

Request Information

資料請求