Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

中村 保幸

中村 保幸
教員氏名
中村 保幸(なかむら やすゆき) 教授
学位
医学博士
学歴
京都大・医学
専門分野
循環器内科学、疫学・予防医学
その他
医師

脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患にならないための予防方法

脳卒中や虚血性心疾患などの循環器疾患発症を減少させ、壮年期から老年期にかけての死亡や日常生活における自立機能低下の予防を効果的・効率的に行うことを目的として私達は多数の一般住民に検診と生活習慣調査を行い、長期間に亘って追跡調査を行うコホート研究を行っています。これまで発表した一部の研究結果をお示しします。

糖質制限食が有効に肥満解消することが知られていますが、2013年に発表された欧米のデータの総合解析(メタ解析)結果は糖質制限食が死亡リスクを増やす可能性を示唆しました。日本での糖質摂取のエネルギー比率は以前と比べて減って来ているものの55~60%で欧米の45%程度と比べてまだ高いのが現状であります。比較的軽度の糖質制限食が心血管疾患死亡および総死亡に及ぼす影響について検討しました。その結果女性では糖質摂取率を45~50%程度に軽度の糖質制限をしていた群での心血管疾患死亡および総死亡が糖質制限していなかった群に比べて有意に低いことが判明しました。したがって少なくとも女性においては適度の糖質制限は健康によいことが判明しました。

この他食物に含まれる種々の脂肪やコレステロールが循環器疾患発症にどのような影響を及ぼすかについても研究しています。

Request Information

資料請求