Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

宮崎 由子

宮崎 由子
教員氏名
宮崎 由子(みやざき よしこ) 教授
学位
博士(医学)
学歴
大阪市立大・院・医学
専門分野
食生活学、応用健康科学、予防医学、臨床心理学、実践栄養学
その他
管理栄養士、栄養教育論・臨床栄養学・応用栄養学・基礎栄養学等の著書多数、2014年度日本栄養改善学会近畿支部学術総会会頭を務める。

癒しの栄養学

“健康な食事”の普及活動

私達が暮らす現代社会では、“健康な生活:生きる力を育てる”というスローガンにも関わらず、朝食欠食などによる食生活の乱れが多く、直ぐにキレル子供・いじめ・ひきこもり・不登校・自殺など種々の問題行動が多発すると共に、若年女性ではやせの問題や貧血、高齢者では骨密度の低い人達の割合が増加しており、食と健康の関わりが充分に浸透しているとは言い難い現状です。そこで、「健全な食生活」を見直すための[栄養の指導]に取り組んでいます。

“癒しの栄養学”に取り組んでみませんか?

成人の約6割はストレスを感じた生活を余儀なくされています。ストレスは、低栄養状態や生活習慣病の原因となり、この状況に心理的・社会的なプレッシャーが加わると、うつ状態を招き、種々の問題行動へとつながり大きな社会問題の原因となっています。ストレスの発生には、免疫系、自律神経系及びホルモン系が深く関与していますが、心と身体を健全に保つには、抵抗力 (免疫力) を維持・増進するという予防手段が重要となります。ストレスによる免疫力低下が誘因となる疾病を、心と身体の両面からサポートしながら予防するという「癒しの栄養学」をテーマに研究を推し進め、栄養教育面から支援しています。

【可能な共同研究分野】
食育、子育て支援、食物アレルギー対策、若年者支援、高齢者支援、認知症予防、糖尿病予防

Request Information

資料請求