Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

山形裕士 研究室

植物生命科学科

山形裕士 研究室 実験材料のミニトマト(マイクロトム)

植物遺伝子発現調節機構の解明

多くの植物遺伝子は、ホルモンや代謝物などによる調節を受けて、決まった場所(器官、組織、細胞)で決まった時期(ライフステージ)に発現します。また植物は、光、温度、湿度などの物理的環境変化や、病原菌の感染、動物による食害などの生物的な刺激を感知して、それらの刺激に応答したり対抗するために、さまざまな遺伝子の発現を変化させます。このように、遺伝子の発現は各遺伝子毎に異なる機構で調節されています。私たちはこのような遺伝子発現の調節機構の一端をシグナル伝達や転写のレベルで探っています。具体的には、果実だけに発現する遺伝子、青色光/UV-A照射により発現が誘導される遺伝子、サイクリックGMPや一酸化窒素により発現が調節される遺伝子などについて、それらの調節機構を解析しています。また、得られた知見をもとに有用タンパク質を蓄積する遺伝子組換え植物の開発など、バイオテクノロジーに応用する道も探っています。3年生後期からの総合演習では、タンパク質・酵素の取扱、分子生物学の基本操作、植物の遺伝子組換え技術、などの基本的実験手法を習得しながら、各人が独自の研究課題のもとに研究と学習を進めます。

  • 光合成を行う緑色のダイズ培養細胞

所属学生研究テーマ・分野(例)

  • ダイズELIP遺伝子の光誘導におけるGT-1とbZIP36の機能
  • CmbZIP1/2の機能解析とトマトの形質転換
  • ダイズSB-P細胞における細胞内シグナル伝達機構の解析

指導教員

山形裕士 研究室
指導教員名
山形 裕士(やまがた ひろし) 教授
専門分野
生化学、植物分子生物学
専門分野
キーワード
遺伝子発現調節、果実、転写因子、シグナル伝達、cGMP、一酸化窒素、紫外線
主な担当講義
植物分子生物学、農業を支える植物細胞の力
Webサイト
https://www.facebook.com/hiroshi.yamagata.71

Request Information

資料請求