Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

宇山満 ゼミ

食料農業システム学科

宇山満 ゼミ 繭取引市場(バンガロール)

経済学の目を意識した食・農・環境へのアプローチ

食や農をめぐる社会の仕組みやその動きを考えるとともに、生産者としての農家や産地、川上や川下の農業関連産業、そして最終消費者の行動を探ったりすることをゼミの中心テーマにしています。学生1人ずつには、この大きな領域に関係しつつ、自分で興味を持つことから取り組みたいテーマを考えてもらっています。このテーマ設定がある意味一番難しく苦しむことになりますが、自分の興味があることなら粘れるのではないかと考えています。テーマ設定ができれば、研究の半分はできたといっても言い過ぎではありません。疑問を持つことの重要性とそれを出発点とする課題の発見、そして仮説の設定とフィールド(学外)でのヒヤリング調査やアンケート調査により得られるデータに基づく実証、というプロセスを少しずつ身につけていってもらいます。

所属学生研究テーマ・分野(例)

  • 生産者における農産物直売所の役割と課題
  • 消費者の食品購買行動の変化からみたネットスーパーの今後の可能性
  • イチゴの消費の現状と消費拡大の可能性
  • 焼酎原料用サツマイモ産地における生産と消費の現状と今後の展望
  • 日本農業の担い手不足問題と若者の新規就農者増加の可能性
  • 食品残渣飼料の現状と課題
  • 学校給食における地産地消の利用現状と展望
  • 消費者の評価を通して見たブランド農産物の課題と現状
  • 有機農業における有機JAS制度の役割と重要性
  • オレンジ果汁消費の特徴と消費拡大の可能性
  • カット野菜生産の現状と今後の方向性
  • 酪農ヘルパー事業の運営の現状と今後の課題
  • 消費者向け食品トレーサビリティの現状と課題
  • 米のインターネット通信販売の現状と課題
  • 中山間地域活性化に向けた農業第6次産業化取組の現状と課題
  • コンビニ廃棄食品の再利用方法と減量対策
  • 鶏卵生産農家における糞尿堆肥化問題の現状と今後の可能性
  • 農家の出荷先選択から見た農産物直売所の意義と役割
  • 国産ワイン産業の現状と将来展望

指導教員

宇山満 ゼミ
指導教員名
宇山 満(うやま みつる) 准教授
専門分野
農業経済学、農業政策学、環境経済学、蚕糸業経済学
専門分野
キーワード
政策目標と政策手段、意思決定、市場の失敗、費用と便益
主な担当講義
ミクロ経済学、農業政策論、環境経済学

Request Information

資料請求