Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

奥野哲郎 研究室

植物生命科学科

植物病理学研究室(奥野 哲郎) レッドクローバーネクロティックモザイクウイルス粒子とタバコモザイクウイルス粒子の電子顕微鏡

植物に病気を起こすウイルスと糸状菌の感染・増殖機構

本研究室では、植物を病気から守るための基礎研究を行っている。総合演習ではそのような研究を行うための準備として、植物に病気を起こす様々な微生物やウイルスが植物に寄生して子孫を増やしていく機構を分子レベルで理解するために必要な知識を科学雑誌の講読や与えられた課題の発表を通して身につける。同時に、卒業課題研究を行うために必要な様々な実験の基本原理と技術を習得し、実際に予備的な研究実験を行い、実験科学とはどのようなものかを学ぶ。例えば、植物に病気を起こす菌類やウイルスの遺伝子変異体を作成し、植物に寄生し病気を起こすのに必要な遺伝子を決め、それらの機能を明らかにする。また、植物病原菌類に対して直接作用すると同時に、植物にも作用してウイルスや微生物の攻撃に対する抵抗性を誘導し植物を病気から守る植物防除薬剤の作用機構を分子レベルで解明する。これらの研究は、植物保護のための新たな手法の開発に結びつくことが期待される。

  • 植物病理学研究室のメンバー
  • イネいもち病菌の顕微鏡写真(上:無処理 下:薬剤処理)

所属学生研究テーマ・分野(例)

  • 植物病原糸状菌の病原性発現に関わる遺伝子の同定と機能解明
  • 植物病原糸状菌を静菌的に制御する防除薬剤の作用機構の解明
  • 植物にウイルス抵抗性を誘導する薬剤の作用機構の解析 

指導教員

植物病理学研究室(奥野 哲郎)
指導教員名
奥野 哲郎(おくの てつろう) 教授
専門分野
植物保護科学(植物病理学、植物ウイルス学)
専門分野
キーワード
植物ウイルス、植物病原糸状菌、病原性、抵抗性誘導、農薬、タンパク質翻訳、RNA複製
主な担当講義
植物病理学Ⅰ、植物病理学Ⅱ
その他
日本植物病理学会賞(2008年)、日本植物病理学会会長(2012年)

Request Information

資料請求