Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

中村千春 研究室

植物生命科学科

中村千春 研究室 細胞質の効果(クロロシス)

細胞質ゲノムの多様性を農業に活かす

トウモロコシ、イネと並ぶ世界三大穀物の一つであるコムギは、パンやパスタの原料としてわたしたちの食生活を支えています。コムギ属は、異種ゲノムの統合による異質倍数性と呼ばれる進化を遂げた代表的植物で、これまでの研究から、細胞核に存在する染色体からなる核ゲノムと細胞質中の葉緑体とミトコンドリアに局在する細胞質ゲノムの進化上の系譜がともに明らかにされています。研究の目標は、冠水耐性や耐塩性など環境ストレス耐性に働く細胞質ゲノムの多様性と核細胞質ゲノム間相互作用の仕組みと役割を明らかにし、それがもたらす遺伝的なヘテロシス効果をパンコムギの育種に利用することです。具体的には、パンコムギの種々の核ゲノムと近縁野生種の細胞質ゲノムを組み合わせた核細胞質雑種コレクションを用いた生物検定とともに、ストレスが誘導・抑制する遺伝子発現の解析や関連酵素活性の測定などにより、環境ストレス耐性に働く核ゲノムと細胞質ゲノムの協調発現の仕組みを明らかにしようとつとめています。

  • 核細胞質ゲノム応答の解析材料
    核細胞質置換雑種(NC雑種)

所属学生研究テーマ・分野(例)

  • 耐塩性の生物検定による評価

指導教員

中村千春 研究室
指導教員名
中村 千春(なかむら ちはる) 教授
専門分野
植物遺伝育種学
専門分野
キーワード
細胞質ゲノム、核ゲノム、核細胞質雑種、水ストレス感受性、パンコムギ
主な担当講義
遺伝の考え方、遺伝学基礎、植物分子育種学
その他
井植文化賞(科学技術部門)(2005年)
ブルガリア農学アカデミー名誉博士(2009年)
ノルテ大学(パラグアイ)名誉教授(2011年)
神戸大学名誉教授(2013年)
兵庫県科学賞(2014年)

Request Information

資料請求