Need Help?

Faculty of Agriculture

農学部

岩川裕美 研究室

食品栄養学科

岩川研究室

臨床栄養管理を探求する

1)診療所の栄養指導の患者さんの栄養食事内容をFFQGを用い調査する。指示栄養量の他、ビタミン・ミネラルなどの充足についてその過不足を疾患別に調査し、その特徴を考察する。また、服薬していない、高血圧患者において、尿中の塩分濃度を計測し、栄養指導開始前と開始後において、栄養摂取量の変化と、血圧の変化を調査する。また、地域によって、塩分に着目し、食品の種類や、料理方法、食事内容特徴など、その違いにも焦点をあわせて特徴を観察する。

2)地域の高齢者介護施設施設等に入所・通所されている方を対象とし、食事摂取量と介護度、体組成、咀嚼能力などの関係を調査し、健康寿命延伸のための栄養因子を模索する。

3)在宅におけるがん治療中の患者さんにおける食生活における問題点などを系統的に調査する。

所属学生研究テーマ・分野(例)

  • 診療所において、尿中の塩分量を指標とし、食事摂取量(ビタミンミネラル含む)の変化および、血圧の変化を調査する。

指導教員

岩川研究室
指導教員名
岩川 裕美(いわかわ ひろみ)准教授
専門分野
臨床栄養
専門分野
キーワード
臨床栄養、栄養相談、在宅栄養管理、多職種協働
主な担当講義
臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ、臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ、臨地校外実習
その他
2006年 第7回味の素ファルマAward受賞

Request Information

資料請求