農学研究科 食農科学専攻
「食」と「農」の新しいカタチを探究する

食と農による社会的イノベーション

食と農は近年大きな注目を集めています。人類の永続する幸福の中心になるのは食であり、それを支える食と農は身近で大切な学問分野になろうとしています。そこでは、理論を踏まえた実践が必要とされています。
社会の発展に伴い、食と農には社会との複雑な関わりが増加しました。現代は多くの分野にまたがる研究が待望されています。専門にとどまっては解決できない問題が増えてきているからです。新しい時代の要求に対応するために、本大学院では、農学部の4つの学科である植物生命科学科、資源生物科学科、食品栄養学科、食料農業システム学科を1つの専攻に再編した大学院組織を作り『食』と『農』を一体的にとらえた実践的な教育研究を進めます。「食と農による社会的イノベーション」が食農科学専攻の目ざす研究・教育の地平です。

農学研究科長 伏木 亨 教授

農学研究科長 伏木 亨 教授
(就任予定)


2017年10月8日(日)に農学研究科開設記念シンポジウムを開催します。

※シンポジウムの詳細および申込みはこちらから
農学研究科 開設記念シンポジウム >


このページのトップへ戻る