Need Help?

Graduate School of Agriculture

農学研究科

研究科概要

食と農による社会的イノベーション

食と農は近年大きな注目を集めています。人類の永続する幸福の中心になるのは食であり、それを支える食と農は身近で大切な学問分野になろうとしています。そこでは、理論を踏まえた実践が必要とされています。
社会の発展に伴い、食と農には社会との複雑な関わりが増加しました。現代は多くの分野にまたがる研究が待望されています。専門にとどまっては解決できない問題が増えてきているからです。新しい時代の要求に対応するために、本大学院では、農学部の4つの学科である植物生命科学科、資源生物科学科、食品栄養学科、食料農業システム学科を1つの専攻に再編した大学院組織を作り『食』と『農』を一体的にとらえた実践的な教育研究を進めます。「食と農による社会的イノベーション」が食農科学専攻の目ざす研究・教育の地平です。

農学研究科長 伏木 亨 教授 農学研究科長 伏木 亨 教授 (就任予定)

人材育成像

人類が直面する『食』と『農』に関する国内外の諸問題に対して真摯に向き合い、持続可能な社会の実現に貢献し、生命・資源・食料・経済に関わる諸問題に対して農学の立場から正しい判断ができる力を備えた人間を育成します。

  1. 「本質を知り、未来志向で考え、倫理的な価値判断ができる」
  2. 「ローカル・グローバル双方の視点を有し、国内外の問題解決に貢献できる」
  3. 「食と農の地域的なつながりを土台とした地域再生・活性化に貢献できる」
  4. 「食と農に関わる学問の発展に寄与できる」
  5. 「高度専門職業人、研究者として備えるべき知識・スキルを有する」

龍谷大学農学部と大学院農学研究科の関係

龍谷大学農学部と大学院農学研究科の関係

Request Information

資料請求