教学上の姿勢
理論と実践を架橋した「食の循環」を学ぶ。
自然科学と社会科学を総合した
新しい農学教育を推進。

本学部では、教学上の姿勢として以下の取り組みをおこないます。

1. 持続可能な社会の実現に向けた取り組み

時代とともに変容する「食のあり方」や「農の役割」の変化を柔軟に捉え、既成概念にとらわれることなく本質を見極め、持続可能な社会の実現に資する次代の農業政策やアグリビジネス、農業技術、ならびに食育のあり方を考究します。

2. 科学的知見に基づく取り組み

時代とともに複雑化する作物育成上の諸課題の解決に向けて、確かな知識に基づき正しく判断・実行する力を養成するために、作物およびその育成技術の本質を生命科学(バイオサイエンス)と農業科学(アグリサイエンス)の両面から教授します。

3. 農場実習を通じた実践的な取り組み

農が直面している諸問題を理解するとともに、「食」や「農」が備える「喜び・感謝」を身近に実感するために、4学科すべての学生が、農場実習を基盤とした学科横断型の体験学習ならびに講義を履修し、実践と理論を架橋した「食の循環」の大切さを教授します。

4. 地域に根ざした取り組み
(CO-OP教育・地域貢献の取り組み)

関西における「食」を支え「農」を担う滋賀県および京都府に立地する龍谷大学の地域性を踏まえ、関西の農業が抱える諸課題の解決に向けて、農村や農業関係団体、自治体などと協働した取り組みを行い、地域の振興を図るとともに、「都市と農村の接点づくり」に努めます。

5. グローバル化への取り組み

地球規模で課題となりつつある「食」や「農」をめぐる問題に対して、これを複眼的な視点から捉え、「グローバル化時代」における農業政策や農業支援のあり方について、国内事情とともに世界の情勢を見据えた教育研究に取り組みます。

このページのトップへ戻る